就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の家庭訪問ってどんなもの?目的や準備をまとめて紹介

保育園の家庭訪問ってどんなもの?目的や準備をまとめて紹介

保育園でも小学校や中学校同様、家庭訪問が実施される場合があるのをご存知でしたか?保育園で家庭訪問がある理由や目的、保護者が準備しておくべきこと、どんなことを話すのかなど保育園の家庭訪問について詳しくご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育園の家庭訪問はなぜあるの?

住んでいる地域や家庭環境を確認するため

保育園は小学校とは違い、特定エリアのみの子どもが通園するわけではありません。保育園の位置が自宅の近くだったり、仕事通勤の途中、実家の近くなど家庭の事情によって通園する保育園を選択できます。

ですから、先生は家庭訪問を通して園児の自宅がどの地域なのか周辺の様子を把握したり、保護者の様子や兄弟姉妹の有無なども確認したりします。家庭訪問は普段の保育園生活では見えない部分まで把握することができるよい機会になります。

子どもは保育園で過ごす姿と自宅での姿は違うことも珍しくありません。保育園ではおとなしいと思うような子でも、自宅だと活発だったりするのでそのギャップにビックリされる先生も多いようですよ。

親との信頼関係をつくるため

保育園に通園している場合、ママは仕事をしていることがほとんどです。朝は出勤ラッシュに巻き込まれ、帰りは買い物や食事の支度をしなくてはいけないなど単なる送迎も十分な時間を確保することが難しい場合も多く、先生達と最低限のあいさつを交わしてすぐに行かなくてはいけないということも珍しくありません。

ですから、先生と保護者の関係性は近いような遠いような、なんとも微妙な距離感のまま過ごすこともあります。とはいっても、普段はとにかく時間がないのでゆっくり話す機会を設けるのも難しいです。

家庭訪問では、短時間ではあるものの保護者としっかり向き合って話す時間があるので、信頼関係をつくるためのチャンスになります。

住所確認だけの保育園もある

家庭訪問は、すべての保育園で実施されているわけではありません。園児の自宅での様子や生活環境を把握することも大切なことではありますが、ママの仕事の都合や家庭の事情でどうしても時間が作れないこともありますよね。

また、プライバシー保護のこともあり家庭訪問の有無について保護者と話し合った結果、実施しないという方針になった保育園もあるようです。そういった場合には定期的に個人面談の機会を設けたり、住所から自宅の位置を確認したりするだけの場合もあります。

家庭訪問が実施される保育園であっても必要に応じて先生に相談すれば実施されない、または自宅や通園経路の確認だけでよい場合もありますので一度確認してみてくださいね。

家庭訪問ではなにを準備すればいい

最低限の掃除はしておこう

家庭訪問をする先生は、1日に数軒まわることが多いと思います。ですので、一軒ずつリビングまでお邪魔して話をしたり、園児の部屋を見たりということまではしないとは思いますが、念のために最低限の掃除はしておくと安心です。

部屋の中まで入ることは少ないですが、玄関で立ち話をする場合はあります。自宅の間取りによっては玄関に立てばリビングやほかの部屋が見渡せることもあります。

外で話すだけだろうと思い込んでいて、まったく掃除をしていない状態だと、万が一先生が自宅に上がって来られたときに恥ずかしい思いをするかもしれません。子どもがよかれと思って先生を自宅内に招くなんてこともありますからね。

特に初めての家庭訪問の際には、注意が必要です。

お茶やお菓子は必須ではない

家庭訪問のときに、多くのママがまず思うのは、先生をどうお迎えしたらよいのか?という点です。わざわざ自宅まで訪問してくれる先生にお茶やお菓子の準備をするべきか?それとも、話をするだけのほうが時間も短くなるので先生の負担も減るのだろうか?

これについては、保育園によってルールが異なります。1人の園児の家庭訪問にじっくりと時間をかけてまわる方針をとっている保育園では、お話する時間が長くなることを想定してお茶やお菓子を準備してもよいかもしれません。

その反面、じっくりと話す時間を作っているものの、玄関から自宅内には上らない、お茶やお菓子もお断りするという決まりの保育園もあります。ですので、必ず準備しなくてはよいという決まりはありません。

時間はだいたい15分から30分くらい

保育園での様子や、育児相談などを話すことができる機会は、送り迎えの時間帯が多くなると思います。しかし、先生もほかの園児のお世話や保護者の対応もしなくてはいけないので1人のママにつきっきりでじっくり話をするのもなかなか難しいです。

家庭訪問では先生に子どもの状態を詳しく聞くチャンスです。あれもこれもと話を聞きたいママも多くいるとは思いますが、あまりにも長時間にならないように気をつけなくてはいけません。

先生はほかにも数件家庭訪問の予定があると思います。ですので、15分から30分ほどの時間で話が終わるようにするとよいですね。

どうしても話が長くなると分かっていれば、家庭訪問のお便りを貰った時点で保育園に相談してみるのもよいかもしれません。

家庭訪問ではどんなことを話すの?

家庭での様子についての質問

初めての家庭訪問では、どんなことを話せばよいのかわからずドキドキしてしまいますよね。このドキドキが苦手で家庭訪問自体が億劫だと思うママも多いようです。先生が話す内容は、子どもの保育園生活の様子についてが多くなります。

一方、先生からママに尋ねたいのは家庭での子どもの様子についてです。パパやママへの接し方や兄弟姉妹との付き合い方、保育園から帰宅してからや休日の過ごし方など、保育園では見えない様子を質問されることが多いようです。

日常生活での様子を知ることがメインになりますので、それほど難しいこと質問されるわけではありません。ママも子どもも、あまり構えすぎずにリラックスして家庭訪問をうけてくださいね。

生活環境のことや親の考え

家庭訪問では子どもがどんな生活環境で過ごしているのか、子どもや保育園に対する親の考え方などを把握することも目的としています。生活環境というのは、例えば自宅の周辺や子どもがよくいく遊び場などについてです。

自宅が住宅街なのかそうでないかによって同年代のお友達との付き合いも異なりますし、公園などの遊び場の有無も子どもにとっては重要です。

また、育児や保育園に対する親の考え方も自由ではありますが、どんな考えをもっているのか、心配や悩みごとがないかも質問される場合があります。こんなことまで話してもいいのかなと遠慮がちになってしまうかもしれませんが、ママの考えを先生に伝えることが子どもにとって大きなメリットになります。

先生にもどんどん質問しよう

先生からママに対して色々なことを質問するだけが家庭訪問ではありません。子どもは日中の長い時間を保育園で過ごしているため、気になること、聞いておきたいことはたくさんあるはずです。

どんな小さなことでもよいです。気になる点はどんどん質問してみましょう。

小さな子どもとはいえども、集団生活の中で毎日過ごすのは容易ではありません。保育園に行くのが嫌だと泣いたり、悩んでいる姿を目にすることもあるでしょう。

そんな子どもの姿をみるママとしては不安で仕方ありませんよね。先生とさまざまな情報を共有することで解決策や対策法を見出すことができるかもしれませんので、遠慮せずにどんどん聞いてみてくださいね。

まとめ

毎年多くの保育園で行われる家庭訪問は子どもだけでなくママにとってもドキドキする行事ですよね。どんな準備をしておけばよいのか、先生になにを話せばよいのか、どのくらい時間かけてもよいものなのかなど、気になる点はたくさんあると思います。

ただ、家庭訪問の最大の目的は子どもについてより深く知ることです。構えてしまう気持ちも分かりますが、できるだけリラックスした普段通りの生活を意識するようにするとよいですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018