就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の年長の面談ではなにを話すの?事前準備をして面談に臨もう

保育園の年長の面談ではなにを話すの?事前準備をして面談に臨もう

保育園の面談は、ママやパパにとっては緊張しますよね。ましてや年長の面談ではどのようなことを聞かれるのか心配になる人も多いことでしょう。そこで、今回は面談を控えたママやパパの不安を取り除くために、個人面談の一般的な内容や先生から聞かれやすいことなどについて解説します。

保育園の一般的な面談の内容を確認しよう

個人面談を行う目的を理解しておこう

保育園で実施される個人面談は、我が子の園での様子を知る大切な機会になります。仕事で忙しいのにわざわざ個人面談を行うのは、はっきりとした目的があるからです。

個人面談を行う目的の一つが、ママやパパと先生との間で子どもの様子や成長などを共有して、家庭や園での子育てに役立てることです。また、園での生活で心配なことや不安なこと、さらには園への要望などを聞いて、よりよい環境作りに役立てるのも個人面談を行う目的の一つでしょう。

さらに、年長の面談であれば卒園や小学校入学について情報交換をして共通理解を図ることも大切な目的です。

これらの内容は登降園のときにも先生に伝えることは可能ですが、個人面談の方がお互いの共通理解は得やすいですよね。

一般的に行われる面談の流れを確認

個人面談の流れは園や担任の先生により異なりますが、一般的には次のように行います。

○保育園の先生より、園での子どもの様子を教えてくれます。
保育園での遊びの様子や、夢中になっていることなどを話してくれます。また、最近できるようになったことなど、子どもの成長の様子も教えてくれます。

○家庭での子どもの様子を聞かれます。
家族構成や家での生活の様子を聞かれることがあるようです。家での遊びの様子や、食べ物の好き嫌いについても質問されたりします。

○園に対して質問や要望があれば、伝えます。
電話や登降園のときに質問できないようなことでも、個人面談ではていねいに教えてくれます。質問や要望があれば、しっかりと伝えた方がよいでしょう。

面談までに把握しておくと答えやすいこと

個人面談は、保育園の先生にとっては子どもの世話をするために必要な情報を得る大切な場です。また、ママやパパにとっては我が子を安心して保育園に預けられるようにするために必要な機会でもあります。

しかし、実際は個人面談の時間は限られています。それでなくても個人面談はママにとって緊張する場であるのに、どのようなことを質問されるのかわからないと不安な気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

面談で保育園の先生に家での様子を聞かれたときに、うまく答えられなくて恥ずかしい思いをしたというママの声をよく耳にします。ですから、先生が質問してくることをある程度予想して答えられるようにしておきましょう。また、ママが知りたいことをまとめておくことも大切です。

年長の面談で先生から聞かれやすいことは

自宅での子どもの過ごし方や好きな遊び

年長の面談で先生から聞かれやすいことの一つに、自宅での子どもの過ごし方や好きな遊びがあります。保育園から自宅に戻ってからの生活の様子について、先生から質問されることが多いようです。

たとえば、何時に起きて何時に寝るのか聞かれたりします。また、食事の時間やお風呂に入る時間も質問されることが多いようです。食事については、食べる量や好き嫌いなどについても答えられるように準備をしておきましょう。

家での遊びについては、今夢中になっているテレビ番組や大好きなおもちゃなど、家での遊びの様子を伝えられるようにしておくことが大切です。兄弟姉妹がいれば、戦いごっこなどの遊びの様子も話ができるようにしておくとよいでしょう。

親から見た子どもの性格や発達状況

親から見た子どもの性格や発達状況も、面談で先生から聞かれやすいことの一つです。

たとえば、家ではおとなしいのか活発なのか、聞き分けがよいのか悪いのか、泣き虫や怖がりなところがあれば、伝えた方がよいでしょう。兄弟の面倒見がよいことやお手伝いをよくするようであれば、ぜひ先生に話してください。

子どもの発達状況については、遅れているのではないかと心配になることや、最近できるようになったことなどをメモしておくとよいでしょう。アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどがあれば、現在の家での様子や対処方法を伝えてください。

また、予防接種の実施状況について質問されることがあるので、個人面談には母子手帳を持っていくことをおすすめします。

ママが小学校入学で心配に思っていること

年長の面談では、小学校入学でママが心配に思っていることなどを聞かれることも多いようです。心配に思っていることといっても、人それぞれでしょう。

小学校入学で特に多いママの心配事は、学習面です。我が子が小学校で勉強する内容についていけるのか、心配ですよね。保育園の先生であれば、アドバイスしてもらえるかもしれません。

また、友だち関係も心配ですよね。子どもにとっては、小学校での生活は大きな環境の変化です。小学校生活が楽しくなるかどうかは、友だち関係がうまくいくかどうかで決まるといっても過言ではありません。

保育園の先生は、それぞれの子どもの性格をよく理解してくれています。もし心配なことがあれば、ぜひ気軽に相談してみてください。

よい機会なので子どもの園での様子を聞こう

普段ママやパパが心配に思っていること

保育園でせっかく個人面談を用意してくれたので、普段ママやパパが心配に思っていることをぜひ聞いてみましょう。面談は、先生の話を聞くだけの場ではありません。ママやパパの考えなども伝えて、共通理解を図ることも大切です。

保育園で友だちと仲良く遊べているのか、心配になることはありませんか?保育園で先生に口答えをして困らせていませんか?園での食事の様子はどうでしょうか?どれだけ小さな悩みであっても、快く教えてくれるはずです。

保育園の先生から「心配なことはありませんか?」などと突然聞かれると、つい「特にありません」と答えてしまいますよね。このようなことにならないためには、面談前には心配に思っていることをまとめておきましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事