就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんができたと感じる兆候は?検査の注意点や報告のタイミング

赤ちゃんができたと感じる兆候は?検査の注意点や報告のタイミング

赤ちゃんができたかも?と感じたら妊娠検査薬を試したり、妊娠が分かれば病院探しをしたりと、やることがたくさんあります。いざそうなったときには、一つ一つ落ち着いて行動したいですよね。そこで妊娠したことをできるだけ早く知るためにも、妊娠初期の兆候から、その後にやらなければならないことなどをまとめました。

赤ちゃんができたかもしれない兆候とは?

体調不良のような症状がでることが多い

それでは、赤ちゃんができたときに起こる症状はどのようなものがあるのでしょうか。一般的には微熱が続くなど、風邪のような症状がきっかけとなることが多いようですが、それ以外にも症状があるようなので、まとめてみました。

・下腹部痛
・吐き気
・体のだるさ
・頭痛
・めまい
・お腹の重さ、痛み
・胃もたれが続く
・便秘や下痢
・肌荒れ

鼻水や咳のような風邪の症状がないのに、上記のような症状が続けば妊娠の兆候があると考えてもよいかもしれません。症状にも個人差があるため一概にはいえませんが、もし赤ちゃんができる心当たりがあれば、妊娠検査薬を使って確認してみましょう。

赤ちゃんからの小さなサインを見逃さないようにしたいですね。

嗅覚や味覚などいつもと違う変化が現れる

妊娠初期症状は体調不良のほかにも、様々な変化を感じることが多いです。

よく聞かれるのが、嗅覚や味覚の変化です。妊娠するとエストロゲンというホルモンの分泌が増えます。このエストロゲンは嗅覚を敏感にする働きがあるので、今まで何ともなかったご飯や揚げ物の匂いが苦手になることがあるようです。

また、味覚については、すっぱいものが食べたくなったり、逆に苦手になったり、甘いお菓子で気分が悪くなったりすることがあります。またお酒が好きなママは、急にお酒をまずく感じるようになることもあるようですよ。

そのほかにも、胸の張りや痛みやおりものの変化が挙げられます。おりものについては色や臭いが何かいつもと違うという変化を感じることがあるようです。

子どもにいわれて気づく場合も

上の子どもがママの股くぐりや股のぞきをすると、ママのおなかに赤ちゃんがいる…というジンクスは古くからよく知られていると聞きますが、実際に「ママ、赤ちゃんできたよ」といわれたら本当に妊娠していた、という体験をしているママも多いようです。

中には性別や日付をいい当てるというようなこともあるようですよ。偶然かもしれませんが、「確かに(子どもが)小さい頃は不思議な力をもっていた」というママもいるようです。

子どもが気付くという根拠はまったくありませんが、実際にそういう体験をしているママのエピソードが数多くあるのも事実なので、本当に何かあるのかもしれません。

ただ、体型で妊娠を間違えられているという場合もあるので、ショックを受けないように気を付けましょう。

赤ちゃんができたか検査薬を使う時期は?

妊娠検査薬を使用する時期について

「もしかして赤ちゃんができたかな?」と思ったら、まず行うのが妊娠検査薬ですよね。しかし、できたと思ってすぐに試しても、正確な判定をしないことをご存知でしたか?

市販の妊娠検査薬が使えるのはいつからなのかというと、「生理開始予定日の1週間後以降」が判定可能な時期とされています。

また、一般的に生理不順といわれている方の場合は、生理の時期がはっきりせず妊娠検査薬が使える時期が分からなくて困りますよね。そんな方は「前回の生理開始日+(前回の生理開始日−前々回の生理開始日)+1週間後」と記されている妊娠検査薬もあるので参考にしてみてください。

勇み足で妊娠検査薬を試しても正確に分からず、妊娠を見逃すおそれもあるので気を付けましょうね。

妊娠検査薬を使用するときの注意点

妊娠検査薬を使用するにしても、説明書をきちんと読まず間違った方法で実施してしまうと、誤った判定が出ることもあります。

まず、妊娠検査薬は「製品によって尿をかけたあと水平なところに置いてから1~2分待つ」という指示があります。これは、検査窓に尿をかけて少しずつ浮き上がってくるケースもあるためです。

また、検査薬の説明書きには「尿を◯秒間かける」または「紙コップなどで◯秒間浸す」とあります。しかし、かけすぎても判定結果に影響する可能性があるので気を付けましょう。朝の時間帯の尿がもっともホルモン量が濃くなるため、正しく判定するためには朝いちばんの尿で検査することをおすすめします。

正確な判定を得るためには、説明書をよく読んでから使用しましょう。

フライングで検査をするときの時期と注意点

ママによっては、妊娠の兆候を少しでも感じたら、すぐにでも検査薬を試したくなるでしょう。フライングがよくないと分かっていてもやってしまうものです。

そこでフライングで検査するときの注意点です。まず、最短で生理予定日の1週間前から可能です。さらに具体的な日にちをいうなら、最短コースだと1週間で受精卵が着床するので、その3日後、つまり、「生理予定日の4日前からフライング検査でも陽性反応が出る可能性がある」わけです。

しかしこれはあくまで、運よく最短で進んだ場合です。排卵日や着床するまでの時間は個人差があるので、全員が生理予定日4日前から反応が出るわけではありません。また、フライングで「陽性」が出ても妊娠確定というわけではないので注意しましょうね。

赤ちゃんができたときは病院を受診しよう

病院を受診する時期について

生理が来なくて妊娠検査薬で陽性が出ている、という状況ならすぐに受診しましょう。病院で受診するベストなタイミングは生理予定日1週間後から2週間後です。

まず、最終生理の開始日が妊娠週を数える起点になります。通常、28日周期の場合、妊娠していなければ4週目に生理が来ることになりますよね。予定日を過ぎても生理がなければ、検査薬で妊娠検査をすることが可能です。

先ほども述べたように、検査薬は、国内の商品だと生理予定日から1週間後から使用できるのが一般的で、これが陽性になれば妊娠と判断します。ただ、まれに生理予定日付近でも陽性となる方もいるようですが、受精は起こっても着床ができない「化学流産」でも陽性になる場合があるため、この時期の検査はおすすめしません。

病院を選ぶときのポイント

それでは、病院を選ぶときのポイントは何でしょうか。

ママが気にするポイントとして「距離」や「交通手段」という点があるようです。たとえば、車がないママでも、電車で通いやすい場所にあるかなどがポイントです。とにかく長期間通うことになるので、ママの負担にならない場所を選びたいですね。

また、一番大切な「先生との相性」というのも挙げられます。質問しやすい先生であるか、女性医師を希望できるかというのはママにとって気になりますよね。個室を希望するママは、個室が充実しているかも大事なポイントです。慎重派のママは「大きな病院と連携しているか」ということも重要視するようですよ。

いずれにせよ、途中で病院を変えることがないよう注意深く決めましょうね。

子どもと受診するときは待ち時間の対策を

子どもが2、3人目となると受診するのも大変ですよね。産婦人科の受診は特に、1人当たりの受診時間が長いので待ち時間も長くなります。そんな、子どもが飽きてぐずり始めたときの対策です。

産婦人科病院では、絵本やおもちゃを置いてあるところも多いので、それだけでもだいぶ助かっているママもいると思いますが、子どもは飽きっぽいですよね。すぐにまたぐずり始めてしまいます。そんなときは、病院の近くにあるお店やカフェで思い切って気分転換をしてみましょう。

また、時間を決めてポータブルDVDやゲームなどで退屈しのぎをさせるママもいるようです。実は子どもが一番大人しくしてくれる方法だったりするので活用するのも一つの手です。ただし音量には気を付けましょうね。

赤ちゃんができたことを報告するタイミング

【パパ編】早めに伝えよう

さて、妊娠が分かってうれしいママ。誰よりも一番にパパへ伝えたいですよね。ママによっては、「病院で心拍を確認してからにしよう」とか「今、仕事が忙しい時期で大変そうだから少し落ち着いてからにしよう」と考えることもあるかと思いますが、パパへは早めに伝えることをおすすめします。

その理由は、妊娠初期はママの体にとって、とても大切な時期だからです。ですから、パパのサポートや協力が必要な場面が多く出てきます。

早い方だとつわりが始まって、ご飯を作るのも辛かったり、上の子どもの保育園や幼稚園の送迎も体調次第ではパパに行ってもらうこともあるでしょう。

タイミングを推し量るママの気持ちも分かりますが、パパへは早めに伝えることをおすすめしますよ。

【両親編】パパと相談してきめよう

それでは、両親への報告のタイミングはいつ頃がベストでしょうか。

ある調査によると、ママの両親への報告は妊娠2カ月のタイミングが多くの割合を占めているようです。実母の場合だと、一先輩としてアドバイスやサポートが欲しいので、妊娠判明直後に報告する方もいるようですよ。

いっぽう、相手がパパの両親になると、妊娠2カ月で報告する割合は半数近くにまで減少し、妊娠3カ月や4カ月、安定期に入ってからという方が増えるようです。

妊娠初期は流産の心配が大きい時期なので、報告が慎重になる時期でもあります。流産歴があったり、親が遠方に住んでいて疎遠といった状況も一人一人違いますよね。

両親への報告のタイミングはパパとよく話し合ったうえで決めていきましょう。

【子ども編】ママや子どもの状況で判断を

では上の子どもへの報告はいつがよいでしょうか。実は一番難しいのが上の子どもへの報告のタイミングかもしれません。

子どもにも早く報告してあげたいいっぽう、外で喋ってしまうリスクがあるのも事実です。特に安定期までは周囲に内緒にしたいママは、子どもへの報告を遅らせる場合もあるようですよ。

また、子どもにとって、下の子どもができることは一大事であることにまちがいなく、動揺はもちろん、言動の変化も多く見られるようです。甘えやわがままがひどくなる場合もありますし、逆に具合悪そうなママを一生懸命サポートしようとする姿もあるようです。

子どもよって年齢や性格も違いますので、そこはパパとママでよく話し合い、ママと子どもにとって、ベストな時期を判断しましょう。

働くママは職場への妊娠報告も忘れずに!

職場に報告するタイミングについて

働いているママは、職場への報告のタイミングも大切です。多くは、6カ月過ぎた安定期に入る頃に報告をするようですが、仕事内容によっては早めに報告した方がよい職種があります。それは、主にママの体に負担がかかる仕事内容です。たとえば、

・車を運転する仕事(トラックや営業など)
・長時間立ちっ放しの仕事(接客、工場など)
・薄着で体を冷やす仕事(スイミングスクールのインストラクターなど)
・重い物を持ち運ばなくてはならない仕事(配送業など)
・深夜までの残業や夜勤がある仕事(医療系、介護職など)
・長期プロジェクトに参加している場合

などです。妊娠初期は特に体を大事にしなくてはならない時期なので、代理の人を探してもらうなどしましょう。

職場に妊娠を報告するときの伝え方

では実際に職場へ報告する際、どのように伝えればよいでしょうか。

まずは、上司に「プライベートなことでご報告とご相談がありますので、お時間をいただけますか?」といって、できるだけ個室で報告するようにしましょう。

主に上司へ伝えるべき内容をまとめてみました。

・妊娠したことの事実
・体調が悪いこと
・出産予定日と産休に入る見込みの時期
・業務調整
・仕事に復帰する見込みの時期
・(状況によっては)お詫びの言葉

特に伝えるべきなのは、体調不良で急な早退や休みを取るかもしれないことの前もってのお詫びと、業務調整についてです。また、育休に入る希望日(退職する場合は退職希望日)や復帰時期の目安などを具体的に伝えると、上司の方も色々と動きやすいでしょう。

職場に妊娠を報告するときに気をつけること

職場に報告する際には、注意すべき点があります。それは報告時に「幸せオーラを出しすぎない」ことです。

ママにとっては喜ばしいことですが、職場の中には不妊治療中であったり、病気などで子どもが授かれない人もいるかもしれません。表向きは祝福してくれることが多いと思いますが、デリケートな問題でもあるので、快く思わない人がいるのも事実でしょう。

また、職場は友だち関係でつながっている仲間ではないので、ママが思ったとおりの反応が得られず傷つくことがあるかもしれないことを、心に留めておきましょうね。

実際に報告する際には、できるだけ淡々と報告し、ママが抜けた場合の仕事の穴をどうやって埋めるかなどの業務調整のお願いをメインに話すとよいかもしれません。

まとめ

妊娠が分かってからのママは、定期健診や、つわりによる体調不良などでとにかく毎日が目まぐるしく過ぎていくことが多いと思います。妊娠報告についてもタイミングを考えたりなど、体力的にも精神的にも疲れてしまうこともあるでしょう。

ですから、子どもを授かる準備をしているママは、妊娠が分かる前から、病院などについて下調べなどをして、希望する病院を決めておくとよいかもしれませんね。

妊娠期間は大変ですが、ママにとって人生の特別な期間でもあるので、できるだけ明るく楽しく過ごせるよう心がけましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR