就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

パン作りに適したオーブンを買おう!選び方、焼き方、おすすめを紹介

パン作りに適したオーブンを買おう!選び方、焼き方、おすすめを紹介

パンが好きな人なら、一度は自分でパンを作ってみたいと思いませんか?ママの手作りパンなら、きっと子どももパクパク食べてくれますね。今回はパン作りにおすすめのオーブンをご紹介します。オーブンの機能や焼き方を知って、パン屋さんのようなおいしいパンをおうちで作りましょう。

美味しいパンを焼きたい!オーブンについて

ガスや電気オーブンどちらがよい?

まずはガスオーブンと電気オーブンの違いをみていきましょう。

ガスオーブンの最大の魅力は火力の強さで、パンがふっくらパリッと焼きあがるほか、予熱時間も早いので予熱時にかかるコストも比較的低いといえます。また、卓上タイプとビルトインタイプがありますが、卓上タイプは電気式に比べてサイズが大きく、広いスペースが必要となります。

一方、電気オーブンはガスのものに比べて火力が弱まるので、予熱時間は少々長くかかりますが、熱の伝わりが緩やかで庫内を一定の温度に保つことができます。また、サイズもコンパクトなので家庭用キッチンでも設置しやすい点がメリットといえるでしょう。

オーブンを初めて購入するなら、コンパクトで扱いやすい電気式がおすすめです。

パン作り向けオーブンレンジを選ぶポイント

じつは、パンを作るときは、どんなオーブンでもよいというわけではありません。パン作りに適したオーブン選びのポイントをご紹介します。

まずは、庫内の容量・大きさですが、あまり小さいものだと一度に焼きあげる量が限られてしまいます。パン作りはやればやるほどハマってしまう人も多いので、先を見据えて26~30L、2段調理のできるものがおすすめです。

また、パワーも重要です。250~350℃まであがるハイパワーのオーブンなら、予熱温度に到達するまでの時間も早く、一気に焼きあげるのでパンが膨らみやすくなります。

また、スチームオーブンならハード系のパンを焼くのに適していますし、焼きムラなく仕上げたいならコンべクションオーブンがおすすめです。

最新のオーブンを買ったほうがよい?

「最新のオーブン」と聞くとなんだか魅力的に感じますよね。もちろん、最新型なのでさまざまな機能がついていて、品質も優れています。

しかし、仮にパン作り初心者の人が最新型を購入しても、完璧に使いこなすことは難しいでしょう。また、どのような種類のパンをどのくらいの頻度で作るのかという点でも、オーブンの選び方が変わってくるのではないでしょうか。

さらに、最新型なので価格も高いという点は否めません。最新のオーブンを購入したのに使いこなせず、かえってパン作りを敬遠してしまってはもったいないですよね。

オーブンを選ぶときには、パン作りにおいて「自分の譲れない部分」の機能が備わっていれば、それで十分なのです。

パン作りにおすすめのオーブンレンジ3選

コスパよし「シャープ過熱水蒸気オーブン」

「シャープ過熱水蒸気オーブン」は、熱風コンベクション機能を搭載していて、庫内全体に熱風が効率よく循環します。また、最高温度が250℃なのでムラなく焼きあげることができ、スチームで加熱するため生地もしっとり仕上がります。

さらに、容量も31Lと大きく、食パンなどの背の高いパンやフランスパンなどの長いパンを焼くのにも適しているだけでなく、2段調理が可能なので小さなパンを一度にたくさん焼くこともできます。

このような嬉しい機能がたくさん備わっていて、お値段はなんと3万円前後。コストパフォーマンスにも大変優れているので、これからパン作りに挑戦する人や、初めてオーブンを購入する人でも安心して手が出せますね。

最高温度350℃「東芝 石窯ドーム」

パン生地を焼くときによく使う予熱ですが、意外と予熱に時間がかかってしまい、その間にパン生地がしぼんでしまうこともあります。その点「東芝 石窯ドーム」なら、最高温度が350℃ということで、200℃の予熱もおよそ5分で完了するため、作ったパン生地をすぐに焼くことができます。

また、上下から熱風が出るため、2段でパン生地を焼いてもムラを抑えてきれいに仕上がります。そのほか、高い温度、しかも短時間で焼きあげるピザ作りにも、このオーブンはもってこいです。

さらに「らくらくベーカリー」コースを使えば、こねる作業を省けるほか、長時間発酵を待つこともなく1時間でふんわりパンができあがるのだとか。価格は10万円前後と高いですが、料理の幅はグンと広がりそうですね。

焼きムラ少ない「日立ヘルシーシェフ」

「容量が大きくて2段調理のできるオーブンがいいけど、サイズが大きいと設置スペースに困る…」などといった悩みを持つ方もいるのではないでしょうか?そのようなときは「日立ヘルシーシェフ」がおすすめです。

こちらのオーブンは、庫内容量が30Lで2段調理対応ながら、高さが36.5cmととってもコンパクト。さらに、最高温度が300℃という高火力も魅力的ですね。

そのうえ、重量と温度をセンサーで検知し、自動で火加減を調整する「Wスキャン調理」が可能なので、一度にたくさんのパンを焼いても焼きムラを防ぐことができ、全体的にきれいな焼きあがりを実現できます。このような機能がついているのに、お値段も4~5万円と良心的です。

オーブンでパンを上手に焼く方法

オーブンの予熱が終わる時間を把握する

パンを焼くとき、冷えたままのオーブンで焼こうとすると、生地が十分に膨らまなかったり焼きムラになったりと、失敗の原因になります。そのため、パンを焼く前には予熱が必要です。

パン作りは、2次発酵終了後に焼く工程に入ります。しかし、2次発酵後もパン生地は室温で発酵し続けるため、素早く焼きあげる必要があるのです。

5分で予熱完了するものもあれば20分かかるものなど、機種によってもさまざまです。ご自身のオーブンが予熱完了までにどの位の時間を要するか把握しておきましょう。クープや霧吹き、卵をぬる作業などは早すぎると生地がだれるので、オーブンに入れる直前に行いましょう。

子どもと一緒に作る場合は、予熱時間を使って一緒に片付けをするのもよいですね。

オーブンの癖を知っておく

「癖ってよくわからない!」というママも多いですよね。例えば、いつも奥(手前)の方がよく焼けたり、左右のどちらかが焦げてしまう…などといったことはありませんか?

それが「オーブンの癖」なのです。火の通りがよい部分と悪い部分の癖を知れば、焼成中に前後左右入れ替えることで、このような焼きムラも解消できます。

また、レシピ通りに温度を設定したのに、焼きが甘かったり反対に焼けすぎてしまう場合は、実際の庫内が設定温度よりも高い(低い)状態であるということなのです。このようなときは、オーブン専用の温度計を使って適温に保ちましょう。

パン作りの一番の鍵は焼成です。子どもやパパにおいしいパンを食べてもらうためにも、ご自身のオーブンの癖を把握しておきましょう。

ハード系、ふわふわパンの焼成ポイント

バゲットなどのハード系パンを作る場合、高温かつ短時間で一気に焼きあげましょう。温度の目安は250℃で15~18分ほどです。

一方、ロールパンなどのふわふわパンを作るときは190~210℃で15分ほど。さらにやわらかい白パンなら150~160℃で15分ほどといったように、パンの種類によって適した温度が大きく異なります。

パン生地に含まれている水分は、オーブンに入れた瞬間からどんどん蒸発していきます。庫内に長く置くほど、水分が抜けてパサパサしたパンになってしまうので、焼き時間には注意が必要です。

このようなことを念頭に置いておけば、子どもには口当たりのよいふわふわパンを、パパやママには食事にあうハード系のパンを上手につくり分けることもできますね。

まとめ

パン作りに欠かせないオーブンですが、機種によっても焼きあがり方は異なるようですね。まずは、オーブンの温度や容量、さらには価格やサイズ感など、ご自身のこだわりや譲れない部分を把握してみましょう。

それらの条件に見合ったオーブンを購入すれば、きっとパン作りが楽しくなりますよ。ママが作った手作りパンなら、パパにも子どもにも安心して食べてもらえますね。

大切な家族のために、そしてママ自身がパン作りを楽しむために、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018