就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋産まれの新生児。秋ならではの必要な洋服とオシャレショップリスト

秋産まれの新生児。秋ならではの必要な洋服とオシャレショップリスト

秋に出産を控えているママは、これから生まれてくる赤ちゃんにどのような服を準備すればよいのか悩みますよね。今回は、秋生まれの赤ちゃんに必要なベビー服や、お出かけの際にあると便利な防寒アイテムをご紹介します。可愛いベビー服を購入できる通販サイトなどもお伝えしますので、参考にしてくださいね。

秋生まれの赤ちゃんに必要な洋服リスト

肌着はコンビ肌着を準備しよう

これから赤ちゃんの誕生を迎えるママやパパは、ベビーグッズを準備しますね。赤ちゃんの成長はとても早いので、ベビー服は買い過ぎるとすぐにサイズアウトしてしまいます。「せっかく買ったのに、一度も着なかった」とならないように、赤ちゃんの生まれる季節に合ったベビー服を準備しましょう。

赤ちゃんは、基本的に生後1カ月を過ぎるまでは健診以外のお出かけをしません。ですから、お家の中では肌着で過ごすことが多いでしょう。赤ちゃんの肌着にはいくつか種類がありますが、秋生まれの赤ちゃんにはコンビ肌着があるとよいですよ。

コンビ肌着は丈が長くて、股の部分をスナップでとめることができるものです。枚数は4~5枚くらいあれば十分でしょう。

ツーウェイオールと肌着のセットが便利

健診に行くときや家に来客があるときなどは、赤ちゃんも肌着の上に服を着るとよいでしょう。ツーウェイオールは、新生児からでも着られるベビー服です。秋生まれの赤ちゃんも着やすいので、あると便利ですよ。

ツーウェイオールはスナップボタンが付け替えられるので、ドレスオールとカバーオールのように2通りの着方があるのが特徴です。枚数は4~5枚ほどあれば十分足りるでしょう。

ツーウェイオールに使われている生地は様々ありますが、秋生まれの赤ちゃんには肌寒いときにも着られる少し厚手のタイプや、季節は関係なく着られるスムースニットの生地のものを選ぶとよいですよ。

ツーウェイオールの下には、肌着を着てすごしましょう。

体温調節のためのアイテムも用意しよう

赤ちゃんは、身体機能が未熟なので自分で体温調節をすることができません。ですから、肌着やベビー服などで、ママが赤ちゃんの体温調節をすることが大切です。

秋は、暖かい日もあれば肌寒い日もありますよね。肌寒い日は、赤ちゃんも風邪を引きやすいので、脱ぎ着のしやすい体温調節できるアイテムを購入しておくとよいでしょう。

たとえば、少し肌寒い日にはツーウェイオールの上にカーディガンやベストを重ねてもよいですね。お家の中で、肌着の上にベストを着て過ごすのも体温調節をする一つの方法です。

カーディガンやベストは健診など、ちょっとしたときにも着てお出かけできるので、あると便利ですよ。赤ちゃんが気温の変化で体調を崩さないためにも、色々な準備が必要ですね。

便利な肌着とツーウェイオール

秋生まれの赤ちゃんが快適な肌着とは

肌着は、赤ちゃんを出産したときからすぐに使い始めるものです。月齢や季節によっても肌着の種類や素材の選び方は違うので、使いやすいものを選びましょう。

たとえば、コットン素材の肌着は赤ちゃんの肌への刺激が少ないメリットがあります。伸縮性があり赤ちゃんのお着替えもしやすく、ママも扱いやすい素材ですよ。手ごろな価格で揃えられることも嬉しいですね。

また、コットンの中でも有機栽培で育てられたオーガニックコットンを使った肌着は、柔らかな肌触りや風合いが特徴です。デリケートな赤ちゃんの肌を傷つける心配がなく、優しく包み込んでくれるでしょう。

オーガニックコットンは乾燥肌や敏感肌のママにも優しい素材です。赤ちゃんのお着替えで肌触りのよさを実感してみましょう。

ツーウェイオールで快適に過ごそう

秋生まれの赤ちゃんには、ツーウェイオールが活躍します。デザインも豊富なので選ぶ楽しみがありますよ。

ツーウェイオールは、コットン素材を選ぶと赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。コットン素材にも様々な種類があるので、肌触りや機能性で選ぶとよいですよ。

たとえば、肌に優しいWガーゼ素材のツーウェイオールがあると便利です。秋の暖かい日は、赤ちゃんが汗をかくこともあります。Wガーゼは吸湿性に優れているので、赤ちゃんが汗をかいても快適に過ごせるでしょう。

また、オーガニックコットン100%のニット生地で作られているツーウェイオールは、柔らかく優しい肌触りが人気です。少し厚手で保温性に優れているので、秋の肌寒い日にぴったりですよ。

寒さ対策もしておくと安心

秋は暖かい日もあれば、肌寒い日もあり、日中と夜の寒暖差も大きいですよね。赤ちゃんは、体温調節が上手にできないので、室内の温度を調節したり着る服を工夫したりする必要があります。

しかし、寒いからといって重ね着のし過ぎは避けましょう。赤ちゃんの体に熱がこもってしまい、赤ちゃんが体調を崩す可能性があります。赤ちゃんは、あまり重ね着をするのではなく、必要に応じてカーディガンやベストなどの防寒アイテムをプラスするようにしましょう。

カーディガンやベストは、室内でも着ることができますし、お出かけするときにも着やすいですよね。室内や外の温度を確認しながら、寒い日は肌着の上やツーウェイオールの上に羽織るとよいでしょう。

用意しておきたい防寒アイテムを紹介

室内で便利なベストやスリーパー

秋の肌寒さを感じる日のために、防寒アイテムを用意しましょう。寒い時期のお出かけが必要な際にも役立ちますよ。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんどの時間を室内で寝て過ごしますよね。日々、成長する赤ちゃんは、手足をバタバタするようになり次第に動きが活発になります。赤ちゃんがバタバタした足で、掛けていた布団がずれてしまうことも少なくありません。

室内では、ベストやスリーパーがあると、活発に動く赤ちゃんも暖かい状態で心地よく過ごすことができますよ。赤ちゃんが、手足をバタバタしても布団のようにずれる心配がありません。

また、ベストやスリーパーは、袖がないので赤ちゃんの腕の動きを妨げません。自由に動かすことができ、赤ちゃんにとってもノンストレスですよ。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事