就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

大きめの赤ちゃんの出産はどうなる?リスクを理解しておこう

大きめの赤ちゃんの出産はどうなる?リスクを理解しておこう

出産は十人十色!心配しすぎないで

大きい赤ちゃんイコール難産ではない!

赤ちゃんが大きいと「難産になるのではないか」と心配するママも多いのではないでしょうか。実は赤ちゃんが大きいからといって必ずしも難産になるわけではありません。

というのも、経腟分娩で赤ちゃんがスムーズに出てこられるかどうかは、赤ちゃんの大きさだけではなくママの産道も大きく関係しているからです。

たとえば、赤ちゃんが大きくなくてもママの骨盤が狭ければ、頭や肩が引っかかってしまい難産になってしまうことがあります。逆に赤ちゃんが大きくても骨盤が広かったり産道が柔らかかったりすれば、産道をスムーズに通り抜けることができる可能性があるのです。

出産は人それぞれなので、赤ちゃんが大きいといわれたからといって心配しすぎないようにしましょう。

健康的な生活を送ることが大切

ママの体重が増えすぎてしまうと脂肪で産道が狭くなってしまったり、微弱陣痛になってしまったり、難産になる可能性が高くなってしまいます。難産にならないように「体重のコントロール」と「適度な運動」を心がけましょう。

体重をコントロールするために、まずは食事の内容を見直してみましょう。妊娠中に必要なカロリーは妊娠初期で1,800kcal、妊娠中期で2,200kcal、妊娠後期で2,250kcalです。1日の摂取カロリーがこの範囲内に収まるようにすることが大切ですよ。

また、適度な運動はカロリーを消費するだけでなく、出産に必要な体力がつき、産道が柔らかくなるといった効果もあります。運動に慣れていない方にはウォーキングがおすすめです。

疑問や不安なことは医師に相談を

赤ちゃんが大きいと医師からいわれてしまうと、難産や帝王切開になってしまうのではないかと不安な気持ちになってしまいますよね。しかし、医師から難産や帝王切開に関する具体的な説明がないのであれば、過度に心配する必要はありません。

赤ちゃんの大きさにかかわらず、妊娠中は「赤ちゃんは元気に育っているのだろうか」「出産の痛みに耐えられるだろうか」など、不安に思うことが多いですよね。ストレスはママにとっても赤ちゃんにとってもよいものではありません。

「こんなことで…」とためらってしまうママも多いかもしれませんが、どんな些細なことであっても医師に相談をしてみましょう。疑問や不安を解消し、安心して出産を迎えられるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんが大きいといわれたからといって、必ずしも難産になるのではないことがわかり、少し安心したママも多いのではないでしょうか。

推定体重はあくまで目安ですから、妊婦健診の度に一喜一憂していては疲れてしまいます。ストレスは赤ちゃんにとってあまりよいものではありませんので、心配しすぎずリラックスすることが大切です。

不安を少しでも取り除いて、あっという間に過ぎ去ってしまうマタニティライフを楽しく過ごしてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND