就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

親子なのに相性が合わない。子どもとの距離が近づく接し方と対処法

親子なのに相性が合わない。子どもとの距離が近づく接し方と対処法

子どもにイライラすることが多くて、親子の相性が悪いのかと感じたことはありませんか。子どもを大切にしたいのにうまくいかなくて自分を責める方もいるかもしれません。ここでは、相性に不安を感じたときに子どもにどう接したらよいかや、親子の距離を縮める接し方について対処法をご提案します。

親子の相性が合わないと感じる原因

子どもの性格は親の接し方の影響が大きい

例えば、上の子とは楽しく相性もよいけど、口ごたえばかりの下の子にはイライラしてよく怒ってしまうので相性が合わないというママの声が子育てをしていると多々あります。果たして本当に相性が合わないのでしょうか。

確かにもともとの子どもの性格や性質というのはありますが、それをよい方向にもっていくのも悪い方向にもっていくのもママの接し方が大きく影響しているといわれています。

子どもを支配したり否定ばかりしていませんか。反対になんでも子どものいうことに従っていませんか。

本来、子どもはママが大好きなはずです。そのママに相性が合わないとまで感じさせるのは、性格というよりはなにかしら子どもの心に不満があるのかもしれませんね。

合わないという感覚に過剰に反応してしまう

ママが子どもと相性が合わないと感じてしまうことが問題である場合があります。合わないと感じるとどうしてもそのように子どもに接してしまうからです。

すると、過剰に反応してしまいどんどん子どもの欠点ばかりに目が行きます。失敗や親の意向にそぐわない態度などを見つけるとすかさず怒るので、やがて子どもも反発するようになるのです。

また、ママは無意識に子どものきょうだいを比べてしまうことがあります。比べる態度によって、子どもの性格や育ち方までもが影響されてしまいます。

相性が合わないと感じているのなら、今までその子に対してどのように接してきたか、振り返ってみる必要があります。そして、優しく接することができなかったのならどうしてそうなったのか考えてみましょう。

ママが合わせようと意識することが大事

親子でない場合でも、自分の意向とは違う行動をしたり考え方が異なったりすると、その人とは合わないと感じることがありませんか。さらに生活をともにしている関係であれば、相手の行動が常に見えるので自分にとって不都合であるとイライラしてしまいがちになります。

しかし人は誰でも違って当然です。そのため自分の子どもであっても個人を尊重することは大切ですよね。

意見が食い違ったりイライラしたりする場合は、大人であるママが少し冷静になって合わせるとうまくいきます。これは子どものいうとおりにするというわけではなく、一度子どもの気持ちを受けとめてから、落ち着いてお互いの意見を話して理解し合うということです。

お互いが尊重し合える関係を築くことが大切です。

接し方に迷ったらコミュニケーションの基本

表情やしぐさをまねて心の距離を近づける

子どもと接するとどうしてもぶつかってしまう場合は、少し意識したコミュニケーションの取り方をしてみましょう。

会話のときなどに相手の表情やしぐさをまねることをミラーリングといいます。例えば、普段の生活において相手が会話の途中に飲み物を口にしたら同じように口にしたり、相手がうなずいたらうなずいたりするといったことが無意識に行われていることがありませんか。

このような相手をまねる行動は、相手に親しみや好意があるように伝わります。似た行動をしている人は味方であると感じるので、これを繰り返すことで心の距離を近づけることができます。

子どもとうまくコミュニケーションを取ることができれば、関係もよくなります。まずはさりげなくミラーリングから始めてみましょう。

ことばを繰り返して深く理解する

子どもが話をしてきたら、そのことばをママが繰り返しいうことできちんと聴いていることを伝えられます。子どもの気持ちや内容の要点のことばを繰り返すとより伝わりやすくなります。

ママは子どもの話に対して、アドバイスや意見をすぐにいってしまいがちですが、まずは子どもの話を受け入れることが大切です。ことばを繰り返すことで、子どもは自分の存在を受けとめてくれる安心感や自己肯定感を得ることができます。

また、子どもの話の内容を間違えて理解していないかの確認にもなります。そしてママにとっても子どもの話の内容を繰り返すことで、一度聴いただけよりも子どもの立場になり気持ちを深く理解することができるのです。お互いが落ち着いて話ができるという効果もありますよ。

テンションを合わせて信頼関係をつくる

感情的になっている子どもに合わせて共感し、子どもが落ち着いてからゆっくりと対応するという方法があります。

例えば、子どもが友だちと喧嘩をして帰ってきたときに怒った状態でそのことを話しているとします。その場合、ママは子どもにテンションを合わせ話を聴いたり相づちをうったりします。

子どものペースに合わせることで、ママは自分を理解してくれていると信頼し、ひととおり話して発散したら落ち着くことができるのです。そして落ち着いたら今度はママがゆっくりとした話し方をすると子どももそのペースになります。

やはり楽しいときも悲しいときもお互いが同じテンションであると、分かり合っていると感じますよね。分かり合うことは信頼関係をつくります。

相性が合わないと感じるときの対処法

知る努力を。行動を観察して接し方を変えて

子どもと相性が合わないと思うのはなぜでしょうか。どういったところが合わないと感じる理由になっているか把握していますか。

ただなんとなく過ごしていると親子関係も曖昧になってしまいます。まずは理由を知るところから始めてみましょう。

子どもの行動や考えにもっと関心を持って観察すると、今まで子どものことをきちんと理解していなかったことに気付きます。合わないと思うような行動や考えも見方を変えれば、子どもなりに一生懸命で頑張っていることもあります。

またママに気を遣って取っている行動が見えてくる場合もあるのです。それが分かるととても愛おしく感じてきます。

そしてその子に合った接し方を見つけると、関係もよい方向に変わってきますよ。

子どもの性格をポジティブにとらえる

ママが子どもと合わないと感じるのは、やはり自分と違う行動や意見が多いから衝突してしまい、そう感じるのですよね。

そんなとき自分を正当化するために、子どもの性格を悪く思ってしまいがちです。しかし、それではママの視点だけで子どもを見ていることになります。

人はそれぞれ異なっているのは当たり前で、考え方に正解などありません。ママの考えが必ずよいともいえません。それで、子どもの行動や考えをもっとポジティブにとらえてみる必要があります。

意識的にポジティブに子どもを見ましょう。そうすることで、子どもの可能性を引き出すことができますし、子どもの自信にもなります。また、子どもに優しくできるようになり、ママとしての役割も充実したものになるのではないでしょうか。

ママの気持ちをリセットする時間を

子どもを理解しようとしても、子どもが反発してくるとカッとなってしまうことはあるでしょう。そんなときは、その場を少し離れて気持ちを落ち着かせるのも一つの方法です。

ママは子どもにカッとなってしまう自分を責める必要はありません。なぜならイライラしたり悩んだりするのは、ママが子どもを大切にしたいからこそなのです。

どんなに仲がよくても、いつも一緒にいたら意見は衝突するし疲れます。ママは怒りっぽくなって心が疲れてきたなと感じたら、自分の気持ちをリセットするために子どもから離れる時間を作りましょう。

パパや祖父母にお願いしたり、一時保育に預けてみてはどうでしょうか。ママは自分に優しくすることで、子どもにも優しくなれますよ。

まとめ

子どもと合わないと感じるのは親の接し方に影響され、自分と考え方が違うときに生じます。しかし、親子であってもそれぞれ違う人間なので考え方も違って当然です。

ママは子どもの行動をよく観察し、子どもを知ることから始めましょう。またコミュニケーションを取りやすくするために、子どものペースに合わせた会話の工夫をすることも大切です。

子どもにはたくさんの可能性があります。ママは子どもをポジティブに捉えましょう。どうしても優しくなれないときは、ママ自身も休憩を取るなどして心をリセットしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018