就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児が大好きなシャボン玉遊び!遊びを盛り上げるための方法を紹介

幼児が大好きなシャボン玉遊び!遊びを盛り上げるための方法を紹介

時代を問わず子どもの心を魅了するのが、シャボン玉遊びです。特別むずかしい遊びではないので、小さな子どもから大人まで楽しめます。この記事では、さらにシャボン玉遊びが楽しくなるような、シャボン玉液の作り方や遊び方、シャボン玉のおもちゃなどを紹介していきます。

シャボン玉遊びって?遊び方や注意点

シャボン玉遊びで子どもが育つ!

シャボン玉遊びは性別や年齢問わず、子どもをワクワクした楽しい気持ちにさせる遊びであるだけでなく、子どもを育てる要素もたくさんあります。

シャボン玉は息を吹くとふくらんで、虹色にキラキラと光輝きます。風に乗って浮かんでいく様子が子どもにとっては不思議な体験となり、驚きと疑問が生まれて科学的な考え方の基礎や、好奇心を養ってくれるのです。

また、シャボン玉を捕まえようと追いかけたり飛び跳ねたりすることで、体力をつけ運動神経を養うことにもつながります。少し成長すると、子どもはもっと大きなシャボン玉を作ろうと考えたり、いろいろな形のシャボン玉をつくる工夫をしたりするようになります。

シャボン玉は、子どもの創造力も育ててくれるのです。

幼児が喜ぶシャボン玉の遊び方

まずは親がシャボン玉を吹いて、シャボンの液体が大きく膨らむ不思議な現象を見せてあげましょう。できたシャボン玉が風に乗って飛んでいくのを追いかけることを楽しませてあげてください。

シャボン玉を追いかけても安全な場所か確認し、子どもがシャボン玉に触りやすいように風の向きや強さにも気を配りましょう。子ども自身にシャボン玉を作らせてみるときは、子どもがシャボンの液を飲み込まないように注意してくださいね。

親子でシャボン玉の大きさや、どこまで高く飛ばせるかを競うなどもおもしろいですよ。子どもが自分で上手にシャボン玉が作れなくても、親が吹いたものを追いかけて遊ぶだけでも十分楽しめるので、シャボン玉遊びは子どもの年齢問わず楽しめます。

シャボン玉で遊ぶときに気をつけること

シャボン玉遊びでは、シャボンの液体の誤飲に気をつけてください。子どもがシャボン玉遊びをする場合には直接口に入ってしまう危険性があるので、市販品を購入するなら、安全基準をクリアしているSTマークがついたものを選びましょう。

シャボン玉のストローを口にくわえたまま歩かせるのも危険です。そのまま誤って転倒してしまうと、ストローが喉に刺さるなどの大きなケガをしてしまうかもしれません。

また、よそのお宅の洗濯物や車にシャボン玉がつかないように気をつけたり、風向きによって人にシャボン玉がかかってしまわないようにしたりと、周囲への配慮も必要ですね。シャボン玉遊びをするときは、子どもから目を離さないようにしましょう。

いろいろなシャボン玉を作って遊ぼう!

シャボン玉液を手作りしてみよう!

ストロー式のシャボン玉液は誤飲した場合を考えて、一つの容器の容量が30ml以内と定められています。そのため、思いのほかすぐに消費してしまいます。

そこで、たっぷり遊ぶためにシャボン玉液を手作りしてみましょう。必要なものはこれだけです。

・台所用洗剤or石けん
・水orぬるま湯

まずは、洗剤と水をプラスチックなど割れにくい容器に入れて、割りばしなどでゆっくりと混ぜます。石けんを使う場合は、ぬるま湯を使う方が石けんが溶けやすくなりますよ。

混ぜ合わせるときには、シャボン玉液が泡立ってしまわないように気をつけてくださいね。洗剤が少なすぎると、シャボン玉がうまくふくらまないので加減してください。

いろいろな形のシャボン玉を作ってみよう!

シャボン玉は専用のストローでなければ作れない、ということはありません。意外にも身近にあるいろいろな形の道具で、シャボン玉を作ることができますよ。

たとえば、100円均一などで手に入るモールは自由に曲げられるので、ハートの形や逆三角形の形の輪を作れば、それでもシャボン玉を作ることができるのです。

夏に活躍するうちわでもシャボン玉を作って遊べますよ。うちわの紙の部分をすべて剥がしてしまって骨のみにしてください。骨と骨の間にたくさんの隙間があるので、シャボン玉液に浸して振ってみると、簡単にたくさんのシャボン玉ができておもしろいですよ。

ほかにもどんなものでシャボン玉ができるか、いろいろアレンジして試してみてくださいね。

巨大シャボン玉を作ってみよう!

先ほど、シャボン玉液の作り方をご紹介しましたが、実はある材料を加えるだけで格段に大きなシャボン玉が作れるようになるのですよ。

その材料とは…

・ガムシロップ
・粉末ゼラチン
・グリセリン
・洗濯のり

これらを入れるとシャボン玉の膜が蒸発しにくくなるため、割れにくいシャボン玉ができるようになります。割れにくいので、大きくふくらませることができるのです。

ちなみに、シャボン玉がうまくふくらまないときは、次のことが原因かもしれません。

・シャボン玉液がストローや輪の部分にしっかりとついていない
・シャボン玉液の表面が泡だらけ
・風上に向かって息を吹いている

以上のことに注意して、巨大シャボン玉にチャレンジしてみましょう。

シャボン玉遊びをさらに楽しもう!

シャボン玉で絵を描いてみよう!

シャボン玉はそれだけでも虹色に輝いてとてもきれいですが、シャボン玉を使って幻想的な絵を描くこともできます。やり方は簡単で、シャボン玉液に好きな色の絵の具を混ぜるだけです。混ぜる割合は、シャボン玉液が3に対して絵の具が1の割合です。

絵の具を混ぜたシャボン玉液を画用紙に向かって吹いてみましょう。ふくらんだシャボン玉が、画用紙の面に触れたとたんに、パッとはじけてアートな雰囲気のある作品の完成です。

いろいろな色のシャボン玉液を作ると、カラフルに仕上がります。できあがった作品に、クレヨンなどで絵を描き足して遊ぶのも楽しいですよ。絵の具を使うので、新聞紙やビニールを敷いて、汚れてもよい服装で遊んでくださいね。

シャボン玉遊びを盛り上げる玩具

普通のシャボン玉遊びに慣れてきたら、おもちゃを使ったシャボン玉遊びを楽しむのはいかがですか?

シャボン玉を楽しむおもちゃには、鉄砲のような形をしたトリガー式の製品があります。引き金の部分を引けば、簡単にたくさんのシャボン玉が出てきます。中には、音や光が出るものもあるので、さらに盛り上がりますよ。

男の子のいるご家庭におすすめなのが、新幹線の形をしたシャボン玉です。新幹線がそのままシャボン玉液の容器になっているので、シャボン玉として遊び終わったあとも楽しめますね。

大きなシャボン玉の中に小さなシャボン玉を作れる電動タイプのおもちゃもあります。これは、普通ではなかなかできないので、子どもが喜ぶこと間違いなしです。

食べられるシャボン玉?!

本来、シャボン玉液は口に入れるようなものではありません。ですが、食べられるシャボン玉液というものが存在します。それが、「BubbleLick(バブルリック)」です。テレビ番組で取り上げられたことで、一気に注目されたようですね。

このシャボン玉液に、ジュースなど好きなドリンクを混ぜるだけで味のついたシャボン玉ができます。混ぜるドリンクはアルコールでもOKだそうですよ。

バブルリックはイギリスの会社が販売元であるため、現在、日本で購入するにはAmazonを利用するしかないようです。輸入品なので、シャボン玉液として考えると多少の割高感は否めませんが、子どもの誕生日やクリスマスなど、特別なパーティーで使うと盛り上がりそうですね。

まとめ

シャボン玉遊びはとてもシンプルですが、遊びをとおして、子どもの心身の成長を促してくれます。遊び方が簡単なので、年齢や性別問わず、小さな子どもでも楽しめるところがよいですよね。

シャボン玉液も手軽に作れるので、いろいろな材料で実験しながら、ぜひ親子で割れにくいシャボン玉作りに挑戦してみてください。

おもちゃタイプのシャボン玉なら、さらに遊びの幅が広がりそうです。さっそく、親子でシャボン玉遊びを楽しんでみませんか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018