就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

非常識な子連れママの行動とは?正しい対応について認識しよう

非常識な子連れママの行動とは?正しい対応について認識しよう

子ども連れで買物やランチにでかけたとき、子どもが店内を走り回ったり大きい声で騒いでしまうことはありませんか?どんな行動がマナー違反で、どの程度なら「子どもだから仕方ない」と許されるのでしょうか。非常識なママにならないための、子連れのマナーや万が一周囲から注意されたときの対応について紹介します。

スーパーやコンビニでの非常識な行動

店内で騒ぐ子どもを放置

子育て中は、子どもとお散歩ついでにスーパーやコンビニで買い物をするという人も多いのではないでしょうか?初めは親子で店内を回っていても、子どもは買い物に飽きてくると店内を走り回り、大きな声で「これ買って!買って!」とお菓子やジュースをおねだりすることもありますよね。

子どもが店内を走り回っていても、注意もせず買い物を続けるママを見かけますが、子どもが買物中の人やカートにぶつかるとお互いに危険です。そのため騒いでいる子どもを放置するのは、非常識なママと見られてしまいます。

お店では走ったり騒いだりしてはいけない、と子どもに根気強く教えることが大切です。また、子どもと「お店で守ること」を約束してからお出かけするのも大切かもしれません。

会計前の商品の開封・飲食を容認

スーパーに行くと、お昼はお弁当を買いに来た人や夕方は仕事帰りの人で混み合っていて、レジも長蛇の列ができていることもあるでしょう。子どもがおなかをすかせていて、会計前にお菓子を食べたがって、見ていない間に開けてしまった経験はありませんか?

小さい子どもは常識がわからず、お金をはらっていないお菓子を食べてしまうこともあります。気を付けたいのは、ママがそれを注意せず容認してしまうことです。万が一、目を離したすきに子供がお菓子やジュースを開けて食べたり飲んだりしてしまったら、「購入すれば問題ないでしょう」と開き直るのはやめましょう。

店員さんに「子どもが誤って開けてしまった」と状況を説明し謝ってから会計を済ませるようにしましょう。

エスカレーターでベビーカーを使用

大型のショッピングセンターでは、子ども連れで階を移動するのも一苦労です。特にベビーカーを使っているときはエレベーターしか利用できないため、探すのも大変で歩き回るのに疲れてしまいます。

目の前ににエスカレーターがあれば「しっかり支えていれば大丈夫かな」とつい乗ってしまいたくなりますが、自動運転のエスカレーターにベビーカーは危険です。挟まったり倒れたりすると周りを巻き込んだ事故にもなりかねません。

子どもを乗せたベビーカーをエスカレータに乗せることは非常識と思われるだけでなく命にかかわることです。時間がかかって面倒ですが、子どもの安全と周囲に迷惑をかけないためにも、常識あるママとしてエレベーターを使うようにしたいですね。

飲食店やフードコートの非常識な行動

飲食店への確認を取らない持ち込み

レストランやレジャーパークのフードコートでの食事は、いつもと違う雰囲気でワクワクしてしまいますよね。ママ友Aさんの話ですが、幼稚園のランチ会で「このお菓子おいしいんだよ!」と、周りを気にせず、平気で持ち込みするママ友がいて戸惑ってしまったそうです。

友人は、せっかくの非日常を楽しもうと思っていたのにがっかりして残念だったそうです。周りで食事をしている人もきっと非常識と感じていたに違いないと話してくれました。

離乳食やアレルギー対応の特別な食事をどうしても持込みたい場合は、飲食店に問い合わせてみることをおすすめします。しかし、周りのことを考えない確認を取っていない持ち込みは控えるようにしたいですね。

サラダ・ドリンクバーを荒らす

レストランなどのサラダバーやドリンクバーは、子どもだけでなく大人も楽しみにしている食事スタイルの一つですよね。カラフルなサラダが並んでいると、「自分で好きなものを取りたい!」と子供が自分でやりたがることもあるでしょう。

でも、取りづらい料理だったり、お皿が高い場所にあったりすると上手く取れず、こぼしたり、料理をぐちゃぐちゃにかき混ぜてしまったりすることもありますよね。こうなると、次の人を不愉快な思いにさせてしまい非常識な行為と思われてしまいます。

子どもが「自分で取りたい!」と言いだしたら、取り分けのマナーを教えられる絶好のチャンスととらえましょう。ママが付き添って見守りながらできないことは手伝うようにしましょう。

店内を走り回る子どもを放置

子どもは食事が終わってお腹がいっぱいになると、飽きて遊びだしてしまいますよね。時々見かけるママ友の集まりでも、子供たちが大声を出して店内を走り回る、お店に置いているものを触るなど迷惑なことをしている場合があります。ママはおしゃべりに夢中で注意しないことも多く、気づかないうちに非常識と見られているのです。

子どもとの生活はママにかかる負担も大きくストレスがたまります。たまには、おしゃべりをして発散させたいときもあるでしょう。だからといって、店内を走り回る子供を放置し、注意もしないのは非常識です。食後は静かに待つよう子どもに注意しつつ、子どもが遊べる公園などに移動して、ママ友とのおしゃべりを楽しむように気を付けたいですね。

周囲から注意された時はどうする?

開き直りは厳禁。素直に謝ろう

子ども連れのお出かけにトラブルは付きものです。注意していても気づかない間に周囲に迷惑をかけていることもあるでしょう。子どもだからと大目に見て理解してくれる人もいれば、子どもの騒ぐ声がどうしても苦手という人だっているのです。

万が一非常識な行動として注意されたら、子どもだから仕方ない、と開き直るのはよくありません。まずは不快な思いをさせてしまったことを素直に謝ることが大切です。

そして、子どもにも、お出かけのときに守らなければいけないことを「走り回ると、他の人とぶつかって危ないよ」など、分かりやすい言葉で伝えるようにしましょう。何度も根気強く伝えていれば、少しずつ理解して外出のマナーも守れるようになるでしょう。


26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND