就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

もう尻込みしない!初対面のママと気軽に会話をするために

もう尻込みしない!初対面のママと気軽に会話をするために

自分や夫、子どもの自慢話や他人の噂話

次に避けたいのが自慢話。小学生がするような「私のパパ社長なの」といったあからさまな自慢はしなくとも、「自慢と受け取られかねない話」にも要注意です。

こちらにそのつもりが毛頭なくとも、人によっては自慢話だととらえることもあります。例えば兄弟がいるので送迎が大変、というような話をしたつもりでも、相手が2人目不妊で悩んでいたとしたら「2人もいていいでしょうって自慢?」ととる可能性もゼロとはいえません。

関係が深まっていれば「そんなつもりじゃない」というのは伝わりますが、初対面では難しいものです。

さらにその場にいない人の噂話も避けましょう。悪口でなければよいというものでもありません。自分のいないところで話題にされることを嫌う人は、意外と多いものです。

たまりにたまった家族の不満や愚痴

つい出てしまう家族の不満や愚痴も、初対面で聞かされる側からすると反応に困ってしまうもの。まだお互いの状況も性格もわからないのですから、同調するのも否定するのも違う気がして、曖昧に笑ってやりすごしたくなります。

昨夜のパパとのケンカ。朝っぱらからの義母の嫌味。たとえ心の内に積もるものがあったとしても、初対面の人に生々しく吐露するのだけはやめておきましょう。

「文句の多い人」「性格がきつい人」そんなレッテルをはられてしまうのは残念ですよね。いずれ距離が縮まっていけば、自然とお互いに愚痴もいい合えるようになるものです。

それでもうっかり愚痴をこぼしてしまったら、すかさず笑いに変えてしまいましょう。

まとめ

ママ友なんて面倒。そう考えるママが最近増えてきたように感じます。

せまいコミュニティでマウンティングがあったり、嫉妬があったり、どろどろした足の引っ張り合いをしているイメージが強いのでしょうか。

でも必要以上に警戒する必要はありません。同じ年代の子どもを育てる仲間として、ときに助け合い、支え合える関係は、いつか「いてくれてよかった」と感謝する日がきます。

人としてのマナーと気遣いを忘れずにいれば、よい関係を築ける相手とめぐりあえるはずです。会話は仲よくなるきっかけ。楽しみながら仲間を増やしていきたいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版