就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児のことばの教室について知ろう。ママにもできる言語発達の手助け

幼児のことばの教室について知ろう。ママにもできる言語発達の手助け

各地の生徒が通う渡辺言語障害ことばの教室

顎関節の動きを訓練することで、ことばの発達を促す渡辺言語障害ことばの教室をご紹介します。民間のことばの教室になりますが、代表の渡辺紋子さんは、遊び感覚でできることばの改善のための訓練方法を考案し指導されている方です。

渡辺言語障害ことばの教室には、1歳4カ月から25歳くらいまでの、ダウン症や精神発達遅滞などの障害がある子どもが通っています。この教室の特徴は、ことばの発達が遅れている原因を「脳の仕組みの問題」と決めつけず、「機能的な問題」にも着目しているところです。

実際に、ダウン症の子どもも、ことばの遅れが改善した実績があり、日本各地から改善を目指す子どもたちが教室を訪れます。遠方からなので年に2回だけ通っているという子どももいるそうですよ。

各自治体で運営されていることばの教室

民間でも「ことばの教室」という名前の教室はたくさんありますが、本来の「ことばの教室」は言語障害特別支援学級や通級教室の呼称になり、小中学校や幼稚園に設置されている教室を指します。

各自治体が運営しているので、その自治体によって運営方法や支援内容、指導内容に違いがありますが、子ども一人一人に合わせた個別指導が基本という点や、ママの相談を受けてくれるという点は、どの地域のことばの教室でも同じになります。幼児のことばの教室なので、子どもの集中力にも配慮し、遊びながら無理なく進めるという点も安心ですよね。

また、自治体が運営することばの教室は、幼稚園や小学校と連携しているので、小学校入学後の相談もできるというのも助かりますね。

まとめ

ことばの遅れには、ことばの発達が遅れている場合と発達に問題がある場合があります。どちらの場合でも、ことばの教室は相談から指導まで丁寧に対応してくれます。

ことばの教室に通うほどではないけれど、少し気になるというママも、相談だけをしに行ってみるという方法もありますし、ご紹介したDVD教材のような方法もあります。家庭での関わり方を少し変えて、これまでよりも少し意識して話しかけたり、絵本を読んだりするだけでも改善するかもしれませんよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事