就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳の飛行機デビュー!当日までの準備や機内での過ごし方について

5歳の飛行機デビュー!当日までの準備や機内での過ごし方について

子どもが5歳になり乗り物にも慣れてきたので、そろそろ飛行機に乗って遠くへ旅行に行こうかと思っているママもいることでしょう。そこで今回は、5歳の飛行機デビュー、フライトの選び方と事前にしておきたい準備、子どもへの対応などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

飛行機利用のルールとフライトの選び方

子ども料金は3歳からかかる

子ども料金は何歳からかかるか疑問に思っているママもいるかもしれません。JALやANAなどの一般航空会社では3歳から子ども料金を払わなければなりません。

5歳の子どもと国内線に乗る場合、一般航空会社では普通大人料金の50%、LCCでは大人料金を払わなければなりません。国際線の場合、一般航空会社では普通大人料金の75%、LCCでは大人料金を払うようになっています。

子ども料金の航空券を手配するとき、季節によっては大人向け割引航空券の方が子ども料金よりもお得な場合があるので、ネットで値段比較してから購入するとよいですよ。航空券はできるだけ早い時期に購入すると安いことが多いので、旅行の予定が決まったら早めに手配したいですね。

座席は事前に予約しておこう

子連れで初めて飛行機に乗る場合は、座席選びにも注意したいですね。できるだけ希望の座席を指定するためにも、事前に座席予約しておくとよいでしょう。

5歳の子どもと飛行機に乗る場合、おすすめなのができるだけ後方の座席です。ほかの乗客はできるだけ早く飛行機から降りられる席を選ぶため、前方の座席から埋まっていきます。飛行機の座席が5~7割程度しか埋まっていない場合、必然的に後方の座席には少しゆとりが出てきます。

万が一子どもが騒いだりぐずったりしたときのことを考えると、できるだけゆとりのある座席のほうが周りの乗客に迷惑をかけないですみます。後方だと、到着してから飛行機を降りるまでに多少待つことになるので、余裕のある計画を立てるようにしましょう。

1人で飛行機に乗れるのは6歳から

子どもを1人で飛行機に乗せて地方に住んでいる祖父母の家へ遊びに行かせてみたいと考えているママもいることでしょう。子どもにとってもよい経験になりそうですよね。

大手の一般航空会社では6歳になると保護者が同伴しなくとも、子どものみで飛行機に乗ることが可能です。LCCでは12歳以上からとなっているので気をつけてくださいね。

一般航空会社を使って、満6歳以上7歳以下の子どもが保護者なしで搭乗の場合は、それぞれの会社が用意している子ども向けサービスに登録する必要があります。このサービスに登録すると、ママもしくはパパが搭乗口まで子どもにつき添い、見送りすることができるので安心です。目的地に到着した後は空港のスタッフが到着ロビーまで子どもを案内してくれますよ。

飛行機に乗る前にできる準備と対策

機内で快適に過ごすために準備しておくもの

機内で子どもが大人しく乗っていられるか、ママは不安ですよね。ここでは、機内で子どもが快適に過ごせるよう事前に準備しておいた方がよいものをご紹介します。

・塗り絵やワークブック
新しいものを買い揃えて持ち込みましょう。目新しさにつられて機内で集中してくれるかもしれません。

・子ども用ヘッドフォン
機内でも無料のものが配られますが、子どもの頭には大きすぎてすぐにずり落ちてきてしまいます。子どもサイズのものを用意するとよいでしょう。

・カーディガンや薄いジャケット
夏であっても機内は肌寒く感じることが多いです。カーディガンや薄いジャケットなどがあるとよいですね。

このように事前に準備しておけば、機内でも安心ですね。

搭乗前のトイレやご飯、睡眠への対策

搭乗前には子どものトイレを済ませておくようにしたいですね。機内にもトイレはありますが、離陸時にはシートベルト必須のためトイレに立つことはできません。搭乗前に済ませておくと安心です。

フライト時間によっては機内で食事や軽食が出ることもありますが、その時間まで子どもが待ちきれないとぐずってしまうので、乗る前にご飯も食べさせておきましょう。もしくは保安検査所を抜けてから搭乗口に行くまでの間になにか簡単に食べられるものを購入して機内に持ち込んでもよいですね。

飛行機に乗る前に空港内のキッズスペースで思い切り遊ばせておくと、機内では疲れて眠ってくれるかもしれません。機内で眠ったとき用に、薄いタオルケットなどがあると便利ですよ。

事前に飛行機のルールを伝えておこう

初めて乗る飛行機に、子どもはわくわくして興奮してしまうかもしれません。しかし狭い機内で騒いでしまうと周りの乗客への迷惑になってしまうので、事前に飛行機のルールを伝えておくようにしましょう。

・飛行機の中では大声をださない
・機内の通路は走らない
・シートベルト着用のマークがついたら、着席しシートベルトを装着する
・前の座席に座っている人の迷惑になるので、前のシート背もたれを足で蹴らない
・離着陸時には背もたれを元の位置に戻し、前のテーブルも片づけなければならない

など、機内にはいくつかルールがあることを説明してあげましょう。5歳になると理解力もあるので、ママがちゃんと理由を説明すれば理解してくれますよ。

飛行機に乗ってからの子どもへの対応方法

上手にできる耳抜きの方法

離着陸時の気圧の変化で耳が痛くなることがあります。上手に耳抜きできる方法をご紹介します。

・ゼリータイプの飲料やジュースを飲ませる
ゼリータイプの飲料やジュースを飲ませて上手に空気抜きするようにしたいですね。機内でも飲み物はもらえますが、客室乗務員とのタイミングが合わないこともあるので用意しておきましょう。保安検査所を抜けてから、空港内のお店で買えば、制限なく液体類を持ち込むことができますよ。

・耳栓をする
気圧対策用の耳栓があるので、購入しておくと安心です。空港のコンビニや薬局でも見つけることができますよ。子どもの耳穴にも入るサイズのものを選ぶようにしましょう。

・あくびをさせる
子どもが耳を痛がったら、わざとあくびさせてみるのも効果的です。

5歳の子どものぐずり対策

5歳になると、塗り絵やおもちゃで子どもの気を紛らわせるだけでなく、何時間飛行機に乗るのか、どうして行儀よくしなければならないのかなど説明することが大切です。子どもも理解できれば、意外とおとなしくしてくれるものですよ。

何時間ぐらいじっとしていなければならないのかを事前にわかっていると、座っているのも苦痛ではなくなります。離陸前に「今から〇時間ぐらい飛行機に乗るからおとなしくしようね」と時計を見せながら説明してみてもよいですね。時計が読めるようになっていると、おとなしく待てるかもしれません。

座席背もたれを蹴ってしまう場合「前の人が寝ているとびっくりしてしまうから、蹴るのはやめようね」というように「なぜか」ということを説明するように心がけましょう。

機内でのトイレやおむつの利用について

機内にはトイレがありますが、搭乗してから離陸が終わるまではシートベルト着用が必須のため、トイレに立つことはできません。この時間に子どもがトイレに行きたがると困ってしまうので、このときだけおむつを履かせておくのも安心ですよ。

おむつを嫌がる場合は、搭乗直前にトイレをきちんと済ませておくようにしたいですね。ちなみに機内のトイレには数カ所、おむつ台のついているトイレがあります。

搭乗したら、どこのトイレにおむつ台がついているのかを搭乗直後に客室用務員に聞いておくと安心です。なお、機内のおむつ台は5歳児が乗るにはやや小さめの作りになっていることが多いので、寝かさずともさっと交換できるパンツタイプのものを使うことをおすすめします。

まとめ

今回は5歳になった子どもと一緒に飛行機に乗るときのフライトの選び方や事前に準備しておきたいこと、その対策などについてお話ししましたが、いかがでしたか?初めて子どもと一緒に乗る飛行機の旅、子どもが喜ぶ顔を想像するとわくわくする反面、心配がつのるママも多いかもしれません。

しかし5歳になればだいぶ周囲の状態なども理解することができますし、ママが子どもにもわかりやすい言葉でちゃんと説明してあげれば大丈夫ですよ。子どもが快適に初めての空の旅を楽しめるよう、上手にサポートしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018