就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママも行政書士の資格を取って活躍しよう!メリットや勉強方法の紹介

ママも行政書士の資格を取って活躍しよう!メリットや勉強方法の紹介

忙しいママには通信講座がぴったり

行政書士の試験に合格するためには、どのような勉強が必要でしょうか。小さい子どもがいるママは、通学というのはあまり現実的ではありませんね。

大型の書店などにいくと、行政書士になるためのテキストなどが多数販売されています。きっとその分厚さと内容の複雑さに驚くはずです。

独学で勉強し、試験に合格することももちろんできますが、それには膨大な時間と根気が必要になります。その点、通信教育はポイントを押さえた問題で、効率よく試験対策ができます。通信教育は自宅で行え、自分のペースで勉強できます。

分厚い市販のテキストは一度開いたら二度と開かないこともありますが、通信教育であれば毎月添削なども行われるため続けやすいのがポイントです。

育児中の勉強にはスケジュール管理が大切

資格取得を目指して勉強すると決めたら、なるべく1回で合格することを目標に頑張りましょう。そのためには、試験を受ける前の準備期間でしっかり勉強のスケジュールを立てておくことが大事です。

行政書士の試験に合格するために必要な勉強時間は、400時間から800時間といわれています。最終的には個人の学習能力によるものが大きいですが、細切れ時間で勉強するママの場合は、最低でも600時間は試験前の勉強時間を確保することをおすすめします。

試験日から逆算して1日の勉強時間を割り出すこともできますし、1日に確保できる勉強時間から試験に向けてスタートする日を決めてもよいでしょう。計画的に勉強を進めていくことが、合格への近道です。

まとめ

行政書士の資格を取得するメリットや勉強方法がわかると、今まで漠然としていた国家資格の取得が遠いものではないと実感できるのではないでしょうか。育児中でも行政書士の資格を取得できると、多くのママが実証しています。

こうした資格は、子どもが大きくなって手がかからなくなってから実際に活用できることもあります。子育てをしながらも、将来なにかやりたいと思っているママは、行政書士にかかわらず資格取得を目指してみると、毎日のよい刺激になるかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC