就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが大声を出すのはなぜ?理由や対応と発達障害の可能性について

子どもが大声を出すのはなぜ?理由や対応と発達障害の可能性について

子どもの大声はかん高くて響くので、外で出されると周囲への迷惑を考えて焦ることがありますよね。子どもがかんしゃくを起こして泣きわめくとママの方が泣きたくなって、つい叱りつけてしまうこともあるかもしれません。そこで、子どもが大声を上げる理由やその対応方法、奇声と発達障害の関係についてご紹介します。

子どもが大声を出すのはなぜ?主な理由三つ

興奮してテンションが上がっている

小さい子は喜怒哀楽を心に秘めて、ほくそ笑んだり悲しみに耐えたりしませんよね。楽しくければ転げまわって大笑いし、悲しければわんわんと泣きます。

たとえばお風呂場でお湯のかけっこになったとき、ママは「お湯がもったいない」などと後先のことを考えます。しかし子どもは楽しくてテンションが上がると、いろいろな事情はおかまいなしで夢中でお湯を飛ばしますよね。

外に出ればなおさらです。楽しそうなショッピングモールやふだん乗らないような電車に乗れば、ワクワクして興奮のあまり騒いでしまうのです。人の迷惑にならない場所ならばまだよいのですが、人がたくさんいるような場所だと、ママは子どもにいい聞かせたり場所を移動したりと、周囲への配慮が大変ですよね。

うまくいかないことへの不安やストレス

大人は不安やイライラに対して、自分をなだめたり体を動かしたりしてストレス発散ができます。しかし子どもはそんなふうに上手に気持ちを紛らわすことができず、ストレスを大声で発散させていることがあるのです。

「キー!」という不機嫌な金切り声をあげられると、わが子ながら不快に感じることがありますが、それが子どもの気持ちなのです。ストレスがあるときは大声だけでなく、床にひっくり返って泣いたり、物を投げたり、ママを蹴ったりしてかんしゃくを起こすことがあります。

自我が発達してくる2歳くらいでは、思いどおりにならない、上手にできずに悔しいという気持ちが強まります。けれどもそれを言葉でいいあらわす表現力が育っておらず、大声をあげることで精一杯なのかもしれません。

かまってほしい、周囲の気をひきたい

ママがずっとほかの人とお話していると、そばにいた子どもが突然大声をあげることがありませんか?そんなときは「かまってほしい!」という子どものアピールかもしれませんね。

下の子が生まれた、ママが仕事や家事で忙しいなど、子どもはかまわれていないと感じると、大声をあげて自分の存在を示すことがあります。大声はママに対してだけではありません。

頑張っているのにほめてもらえない 自分の気持ちをママに認めてもらえないという満たされない気持ちを抱えていると、子どもは叱られてもよいから周囲の注目を集めようとします。幼稚園などで大声をあげたり、いたずらをしたりして先生を困らせてしまう子は、もしかしたら認めてもらえないさびしさを感じているのかもしれませんね。

子どもが大声を出すときの対応のコツ

怒らずに子どもの気持ちに寄り添った対応を

子どもがかんしゃくを起こしているような興奮状態のときに叱ると、よけいにひどくなることが多いです。難しいときもありますが、ママは冷静に子どもの様子を観察して気持ちに寄り添えるとよいですね。

不安やイライラなどで大声をあげているときは、気持ちを和らげるように抱きしめて「もっと遊びたかったよね」などと子どもの気持ちに共感してあげましょう。

話ができる年齢や状態なら「なにが嫌だった?」などと尋ねてみてもよいですね。その上で大声を出してはいけないことを子どもの目を見て、感情的にならずに説明します。

気持ちを落ち着かせられたら「がまんして静かにできたね。えらかったよ」とほめましょう。小さな子は、興味をひくようなもので気をそらせると声が止むことがありますよ。

外出のときには前もってルールを確認し合う

外出先でのルールは、「レストランは食事を楽しむ場所なのに、騒ぐ人がいるとうるさくて楽しめないよね」などと、騒いではいけない理由を具体的に説明した上で、子どもと話し合って決めるとよいですよ。

ルールを確認しても外で大声をあげ始めたら、すぐに「約束はどうだっかな?」と子どもが自分でルールを思い出せるように声かけをしましょう。我に返って約束を守ろうとしますよ。小さな子には「ありさんの声」「ぞうさんの声」などと日頃から声の大きさのゲームをしていると、外出先では「電車ではありさんね」と楽しんでルールを守れますよ。

注意しても約束が守れない場合、楽しいお出かけを中断することもときには必要かもしれません。ママがぶれずに約束は守ることを伝えることが大切なのです。

運動や遊びでストレスを発散させる

家の中でも子どもが大声で叫ぶとうるさいので「静かにしなさい!」と叱ってしまいがちですよね。けれど、子どもはストレスを大声や奇声をあげて解消していることが多いのです。

最近は遊ぶ場所が少ないこともあり、思いきり体を使って遊ぶ機会が減っています。しかし運動をすると、精神が安定し幸せを感じる「セロトニン」や「エンドルフィン」というホルモンが分泌されるのです。

ストレスに対処し気持ちをコントロールできない子どもにとって、体を使う遊びや運動は大切なストレス解消法です。パパやママが一緒に楽しく遊ぶと、子どもは体だけでなく心も満たされて、大声が落ち着くことが多いです。

雨の日のために児童館や屋内遊園地など、体を動かせる場所を作っておくとよいですよ。

子どもの奇声は発達障害の可能性もある?

奇声がみられることもある発達障害

3歳ごろまでの乳幼児の奇声はよくあることです。個人差がありますが、それは5歳くらいまでには治まるといわれます。もし4~5歳でも奇声が治まらないときは、専門家に相談してもよいかもしれません。

言葉が遅くてうまく表現できなかったり、興奮すると衝動的に奇声をあげてしまったり、想像力が乏しいために人目を気にせず、急に大声を発して気分転換したりすることがある場合、発達障害であることが考えられます。また、音に敏感で大きい音にパニックになる、声の大きさの調整が分からないなども、発達障害の症状の場合があります。

ママが育てにくさを感じるときは、まずは自治体で行っている発達相談を受けてみましょう。子どもへの対応のしかたや、必要に応じて専門の病院を教えてくれますよ。

「奇声をあげるから発達障害」ではない

発達障害には「かんしゃく」「こだわりが強い」「衝動性が高い」などの特徴があります。これらの特徴から奇声をあげる子もいますが、発達障害でも大人しい子もいます。

2歳くらいになると自我が強くなり、周りのことが分かってきてかんしゃくを起こす子がいます。また、大人の気を引きたくて、突然奇声をあげる子もいます。

成長にも個人差があり、障害なのか成長過程なのか分かりにくい時期もありますので、奇声をあげるからといって発達障害とはいい切れないのです。

けれども言葉の遅れやコミュニケーションなどでママが違和感を感じたら、早めに専門機関などで受診や相談をした方がよいでしょう。親目線では気づけない専門家のアドバイスで、子どもの発達を促せることが多いからです。

気になるなら発達チェックリストを確認

ウェブサイトにある子どもの発達障害チェックリストを確認すると、発達障害の傾向を知るおおよその目安になります。発達障害には主に自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)があり、幼児期にさまざまな特徴が見られます。

しかしリストに該当箇所が多いからといって、障害と診断されるとは限りません。自己判断せずに専門機関などで相談や受診をしましょう。該当箇所が少なくても、ママがなにかおかしいと感じるときは発達相談を受けることをおすすめします。

診断の有無に関わらず、もし必要であれば「療育」という遊びながら発達を促す教室を紹介してもらえることがあるからです。小さな頃から療育を受ければ、もし発達障害があってもその特徴が目立たなくなる可能性があります。

まとめ

ママは子どもの様子を観察して、できるだけ子どもが大声をあげる原因を見つけられるとよいですね。大声の対策には、繰り返し理由をわかりやすく説明して「外出先では大声を出さない」というルールを決めることが大切です。

どうしても守れない場合は、楽しいお出かけができなかったという体験も、ときには必要かもしれません。ほとんどは成長とともになくなる大声です。

しかし万が一発達障害の場合は、早めに専門家を交えて家庭や療育で子どもに適切な対応を取れるとよいですね。幼児期の療育は効果が表れやすいそうですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018