就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

外出したときの授乳姿勢とは!高さの調整方法やコツを知ろう

外出したときの授乳姿勢とは!高さの調整方法やコツを知ろう

自宅での授乳は何度も行ううちに、赤ちゃんにとってもママにとっても楽な姿勢が見つかったのではないでしょうか?しかし、外出先では環境が違うため、いつもどおり授乳をすることは難しいですよね。外出先で上手に授乳をするには、いくつかポイントがありますので、コツをつかんで赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

外出時に重宝する授乳姿勢を知ろう

椅子に座ってゆったりと授乳しよう

外出時に授乳が必要になったとき、まずは落ち着いて座れる場所を探しましょう。背もたれのある椅子があれば、ママはゆったりと座ることができるのでおすすめです。散歩や買い物に出かけたときには、近くにベンチのある公園などがあるか探してみるのもよいですね。

できれば椅子は、高さの低いもののほうがママの上半身が前かがみにならないので疲れにくいです。授乳をするときは、赤ちゃんが飲みやすい姿勢であっても、ママの姿勢がつらく体に力が入ってしまうと、赤ちゃんにもその緊張感が伝わるので落ち着いて飲めない可能性があります。

また、椅子には肘掛けがあると、赤ちゃんを支えるママの腕に負担がかかりにくいので、なおよいでしょう。

縦抱きで授乳上手になる

授乳体勢にはいくつかありますが、高さ調整の難しい外出時には縦抱きで授乳するほうがやりやすい場合があります。ただし、首がすわっていない赤ちゃんの場合は、頭がグラグラして難しく感じる方もいるかもしれないので様子を見ながら試してみましょう。

外出先では、授乳クッションを持参しにくいので、横抱きで授乳をしようとすると、赤ちゃんをちょうどよい高さまでママが腕で支えなければならなくなります。縦抱き授乳にすれば、赤ちゃんの顔とママのおっぱいが同じ高さくらいになるので、ほとんど高さ調整することなく、負担がかかりにくいですね。

ただし、縦抱きをするときは赤ちゃんの股間節脱臼を防止するため、足がM字になっているか確認しながら行いましょう。

椅子がないときの授乳姿勢とは

帰省先や地域の児童センターなど、部屋が和室のところでは椅子がない場合もあります。いつも椅子に座って授乳をすることに慣れているママは、どのように飲ませたらよいのかと焦ってしまいますよね。

そのようなときは、床に直接座って授乳をしましょう。ポイントは、床に体育座りをするように座ることです。体育座りでひざを曲げると、ママの太ももとおなかの間に空間ができます。この空間に赤ちゃんをすっぽりはめて横抱きで授乳をすれば、体勢が安定するので赤ちゃんも落ち着いて飲むことができるでしょう。

最初は赤ちゃんにとって飲みやすい位置を見つけるのが大変かもしれませんが、ママの膝の角度を変えてみるなどして、無理のない姿勢をとれるとよいですね。

外出時に楽な授乳姿勢の高さ調整方法とは

ひざの角度で合う高さを見つける

これは椅子がない場合に、床に直接座って授乳をするときの高さ調整のコツです。床で体育座りをすると、ひざの曲げる角度によって、赤ちゃんを横抱きしたときの高さが変わります。

生まれたばかりのまだ小さな赤ちゃんは、ひざを深く曲げママの太ももとおなかの間の空間を狭くすることで、より高い位置に赤ちゃんを持ってくることができ、授乳しやすくなります。そして、赤ちゃんが大きくなるにつれて、ママの足をだんだん伸ばしひざの角度を浅くすることで、そのときの赤ちゃんの大きさに合わせた高さ調整ができるようになります。

しかし、赤ちゃんの飲みやすい高さを探すあまり、太ももやふくらはぎがつらくなる場合があるので、足の先は壁などに付けると少し楽になるでしょう。

足を組んで少し高くしてみる

椅子に座って授乳をする場合には、高さを調整できるアイテムがあればよいですが、外出先では何もないこともあります。そのようなときは、足を組むことで少し高さを出すとよいでしょう。

まず、背筋を伸ばすことを意識して椅子に深く座ります。そして、組んだ足の太ももの上に赤ちゃんのお尻を乗せるようにして、ママの腕で赤ちゃんの上半身を支えます。足を組む方法では微調整することは難しくなりますが、ある程度赤ちゃんを高い位置に持ってくることができるので、ママはあまり前かがみにならずに授乳できるでしょう。

ただし、足を組むことは骨盤のゆがみにつながり、冷えやむくみも引き起こしてしまう場合があるので、やりすぎには注意しましょう。

手持ちのアイテムを使う

普段、自宅では授乳クッションを使って授乳しているママも、外出するときには大きなクッションを持ち歩くことは難しいですよね。外出時は手持ちのアイテムで、授乳クッションの代わりになるものがないか探してみましょう。

一番使いやすいのはタオルです。赤ちゃんを連れて出かけるときは、多めに持っているママが多いのではないでしょうか?タオルは厚さを調整しやすく、赤ちゃんにとっても触り心地がよいのでおすすめです。

また、冬場に室内で授乳するときは、ママが着ていた上着をたたんで赤ちゃんの下に置いてもよいでしょう。硬いものでなければ、ママが持っているバッグでも高さを出すことができますが、赤ちゃんの体に合わせた微調整は難しくなります。

赤ちゃんもママにも楽な授乳姿勢のコツ

ママの体が猫背にならない

赤ちゃんを抱いたときに、赤ちゃんの位置が低くて口元が乳首まで届かないと、ママはついつい前かがみになって授乳してしまっているかもしれません。しかし、猫背の状態で授乳を続けることは、ママにとっても赤ちゃんにとってもよくないといわれています。

まず、猫背で授乳をすると、ママの背中や腰に大きな負担がかかります。授乳が終わったときに体を起こすと、背中に痛みを感じる方もいるのではないでしょうか?また、猫背になることで血行が悪くなるので、冷えやむくみを引き起こすだけでなく、母乳の出にも影響します。

授乳をするときは、赤ちゃんの頭が乳首の正面にくるように、体勢を変えたりタオルなどで高さを調整すると少し楽になるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC