就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

外出したときの授乳姿勢とは!高さの調整方法やコツを知ろう

外出したときの授乳姿勢とは!高さの調整方法やコツを知ろう

赤ちゃんもママにも楽な授乳姿勢のコツ

ママの体が猫背にならない

赤ちゃんを抱いたときに、赤ちゃんの位置が低くて口元が乳首まで届かないと、ママはついつい前かがみになって授乳してしまっているかもしれません。しかし、猫背の状態で授乳を続けることは、ママにとっても赤ちゃんにとってもよくないといわれています。

まず、猫背で授乳をすると、ママの背中や腰に大きな負担がかかります。授乳が終わったときに体を起こすと、背中に痛みを感じる方もいるのではないでしょうか?また、猫背になることで血行が悪くなるので、冷えやむくみを引き起こすだけでなく、母乳の出にも影響します。

授乳をするときは、赤ちゃんの頭が乳首の正面にくるように、体勢を変えたりタオルなどで高さを調整すると少し楽になるでしょう。

赤ちゃんの体勢をママと対面にする

授乳の方法はいくつか種類がありますが、どの抱き方でも赤ちゃんとママが対面していることが大切です。赤ちゃんが乳首を咥えたとき、頭だけでなく体ごとママと向き合っているか確認してみましょう。上手に飲ませるコツは、赤ちゃんとママのおなか同士がぴったりとくっついている状態にすることです。

赤ちゃんの頭だけがおっぱいの方を向いていると浅く咥えがちになり、十分な量を吸うことができなくなってしまいます。また、赤ちゃんにとっても楽な体勢ではないので、おなかがいっぱいになる前に疲れて飲むのをやめてしまうかもしれませんね。

生まれて間もない頃は、授乳自体が慣れていないので大変かもしれませんが、おなか同士が向き合うことを意識して行ってみましょう。

赤ちゃんもママにも負担にならない咥え方を

授乳をするときには、赤ちゃんが乳輪部まで深く咥えることが大切です。上手に咥えられているときは、赤ちゃんの口がアヒルのような形になっているので、飲んでいるところを見てみるとよいですね。

浅く咥えてしまうと乳首に負担が集中し、乳頭が傷つくなどのトラブルが起きやすくなります。また、浅く咥えた状態では、赤ちゃんがしっかりと吸うことができないので、母乳がたくさん出るママは乳腺炎になりやすくなります。

しっかりと深く咥えさせるコツは、赤ちゃんの口元をおっぱいの正面にもってくることです。それには、ここまで見てきたように、高さの調節や赤ちゃんの向きが重要になりますね。正しい咥え方で、授乳時の負担を軽減させましょう。

まとめ

初めての授乳は、どんなママも試行錯誤しながら少しずつ上手になっていくものでしょう。しかし、慣れない外出先ではなかなかコツがつかめず、赤ちゃんがおなかを空かせて泣き始めるたびに焦ってしまいますよね。

自宅のようにいつも授乳をしている環境でなくても、座る場所や手持ちのアイテムを工夫することで授乳しやすくなり、外出先でも落ち着いて授乳できるようになります。負担の少ない授乳姿勢で、赤ちゃんとの外出を気軽に楽しみたいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版