就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが泣くと飼っている犬が吠える!理由や犬が持つすごい能力とは

子どもが泣くと飼っている犬が吠える!理由や犬が持つすごい能力とは

子どもが泣くと、飼っている犬が吠えることはありませんか?犬によっては、遠吠えや「クーン」といった甘え泣きをすることも。また、子どもが泣くたびに毎回犬が吠えてしまい、頭を抱えているというママもいると思います。今回は、子どもが泣くと犬が吠える理由や対処法、犬が持つすごい能力などを紹介します。

子どもが泣くと犬が吠えるのはどうして?

悲しい気持ちを察知している

悲しいとき、まるで慰めるかのように、犬がそばに来てくれたことはありませんか?犬は群れで生活し、仲間の様子を感じ取る能力に優れている動物です。そのため、人間の悲しい気持ちを察知して、子どもが泣くと犬も一緒に吠えるということも考えられます。

あるロンドン大学の研究者が、犬に「話をする」「鼻歌を歌う」「泣き真似をする」を順番に行ったとき、「泣き真似にもっとも多く犬が寄ってきた」という実験結果が出ました。さらに、寄ってきた犬には「尻尾を丸める、頭を下げる」姿も同時に見られたそうです。

この研究では、人の感情に対する犬の「共感能力」に関してはっきりとは証明することができなかったものの、「犬は人間の悲しみを見抜く力がある」ということは明らかになったそうです。

子どもの泣き声が遠吠えの周波数に似ている

犬の中には、子どもの泣き声を聞くと、遠吠えをする犬もいますよね。これは、「子どもの泣き声が犬の遠吠えの周波数に似ているため」といわれています。

犬の遠吠えは、もともと仲間を呼んだり、危険や縄張りを知らせたり、コミュニケーションの一つとして行われます。そのため、群れの1匹が遠吠えすると、あちらこちらから答えるように遠吠えが始まるのです。

このことから、周波数の似た子どもの泣き声に、犬は本能的に反応して遠吠えをしていると考えることができます。また、子どもの泣き声だけでなく、同じく遠吠えの周波数に似ている救急車や消防車、パトカーなどのサイレン、夕方の時報を知らせるチャイムに遠吠えをする犬もいます。

子どもにやきもちを妬いていることも

子どもが小さければ小さいほど、パパやママの手がかかるものです。授乳やおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話に追われて、「犬を十分かまってあげられない」ということもありますよね。その場合、子どもにやきもちを妬いているのかもしれません。

犬は、縦社会の順位を気にする生き物です。基本的に飼い主であるリーダーから、注目されたいと思っています。そのため犬は自分への注目が少ないと、やきもちを妬いたり嫉妬したりすることがあるのです。

やきもちや嫉妬の表れ方は、わざとトイレを失敗してみたり、自分のおもちゃやクッションなどに八つ当たりしてみたりなど、色々あります。そして、その中の一つに「泣いている子どもに対して吠える」ということがあると考えることができるのです。

知能の高い犬が持つ「すごい能力」とは

単語を覚えて話す言葉を理解できる

様々な研究により、犬種や個体によって違いはあるものの、一般的に犬は人間の2~4歳程度の知能を持つことがわかっています。ここからは、知能の高い犬が持つ「すごい能力」をいくつか紹介しましょう。

愛犬に話しかけたとき、犬の様子から「言葉が通じている」と感じたことはありませんか?実は、犬は約250個の単語を覚えることができるといわれています。そのため、飼い主さんの会話を聞いて、話す言葉をある程度理解することができるのです。

覚えられる単語数は、トレーニング方法や犬の能力にもよりますが、中には1,000語覚えたという犬もいるそうですよ。我が家の愛犬が、どれくらいの単語を理解しているか確認してみるのも、おもしろいかもしれませんね。

表情から気持ちを読み取ることができる

嗅覚や聴覚は、犬の優れた能力として有名ですよね。「怒った低い声」や「喜ぶ高い声」など声のトーンを聞き分ける聴覚は、犬が人の気持ちを読み取る上でも大いに活用しています。

しかし、オーストラリアで行われた実験により、犬は「怒った顔」「喜ぶ顔」をしっかり認識し、視覚を使って「表情からも気持ちを読み取ることができる」ということが証明されました。

さらにおもしろいことに、喜ぶ顔に比べて怒った顔の人に対しては、犬は近づくことにためらいを見せることもわかりました。このことから、犬も人と同じく笑顔を好むことがわかりますね。

犬は子どもと同様に、表情や声のトーン、仕草など微妙な変化を敏感に察知して、相手の気持ちを読み取っているといえるでしょう。

家族を守ろうとする使命感がある

犬が子どもを守ろうとする話は、数多く耳にします。このような行動を取る理由には、様々な説がありますが、偶然ではなく犬には「家族を守ろうとする使命感がある」と考えられているのです。

犬が子どもを守ろうとする理由は、色々と考えることができます。たとえば、母性本能が関係していたり、赤ちゃんを「守るべき存在」と感じていたりするのかもしれません。

また、犬の祖先といわれるオオカミは、オスもメスも関係なく群れ全員で子育てをします。このなごりから、小さな子どもも家族の一員と認識し、守ろうとしているということも考えられるのです。

さらに、パパやママの子どもに対する感情を読み取り、犬も同じように子どもを守ったり、優しく接したりしようとしていることもあるのでしょう。

子どもが泣くと吠える犬への対処法を知ろう

不安なことを取り除いて落ち着かせる

ここからは、子どもが泣くと吠える犬への対処法を、いくつかご紹介します。

犬が吠えると、つい大きな声で叱ってしまうことはありませんか?大声で叱っても、吠えるのを止めることはあまりできません。ほんの数秒ぴたっと止まってまた吠え出すか、大声に興奮してさらに吠えるかのどちらかでしょう。

子どもが泣くことで、犬は不安や恐怖、ストレスや警戒心などを感じているのかもしれません。そのため、まずは犬が不安になる原因要素を取り除いて、落ち着かせてあげることが大切です。

たとえば、犬が子どもの悲しみを感じ取り不安に思っているようなら、「大丈夫だよ」と優しく声をかけたり、泣き声自体に反応しているなら、泣いている子どもと別室に移ったりしてみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC