就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが汚すカーペットの掃除方法は?イライラしない対策法を紹介

子どもが汚すカーペットの掃除方法は?イライラしない対策法を紹介

子ども部屋やリビングにカーペットを敷いているママも多いと思います。しかし子どもがカーペットの上に食べたものを落としたり、ジュースをこぼしたりして、毎回その掃除にイライラとしてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、カーペットの掃除方法やイライラしない対策法についてご紹介します。

子どもはカーペットを汚すことが多い

食事の食べこぼしで汚れる

食卓テーブルの下にカーペットがあったり、リビングのカーペットの上で子どもがおやつを食べたりした場合、必然的に食事やおやつの食べこぼしでカーペットが汚れてしまいますよね。キレイ好きのママの場合、食べこぼしの掃除のせいで子どもの食事やおやつの時間がストレスになっている人もいるようです。

子どもは大人に比べ、まだ手先を上手に使えないため、どうしても食べこぼしをしてしまいます。掃除機で吸える粒ごみならよいのですが、チョコレートやジャムなどの食べこぼしはシミになってしまうこともあり、ちょっと厄介ですよね。

ご飯粒が落ち、その上をうっかり子どもが歩いてしまうと、カーペットの繊維にべったりと張りつき、掃除するのもちょっと面倒に感じることがあるでしょう。

お絵描きのクレヨンやペンで落書きする

子どもはお絵かきが大好きです。カーペットの上に紙を広げ、お絵かきのクレヨンやペンで落書きを楽しむこともあるでしょう。

しかしうっかりママが目を離したすきに、紙からクレヨンやペンがはみだしてしまい、カーペットの上にまで絵が広がっていたというトラブルも少なくありません。また、子どもによっては、いろいろな素材に絵を描いてみたいという好奇心が湧き、カーペットをキャンバスにして作品を描いてしまうこともあるでしょう。

水で落とせるクレヨンやペンならば、カーペットを洗えばなんとかなるので許せますが、油性ペンなどの場合、落書きを完全に洗い落とすのは難しいですよね。どうしようか頭を悩ませてしまうママも多いと思います。

おしっこが間にあわなくて汚れちゃう

おむつが外れ、トイレトレーニング真っ最中の子どもに多いのが、おしっこが間にあわなくてパンツにしてしまい、カーペットが汚れてしまうというパターンです。カーペットの上で機嫌よく遊んでいたと思ったら、「ママおしっこ」の声とともにカーペットまで濡れてしまったという経験をしたことがあるママもいることでしょう。

仕方がないとはいえ、簡単に丸洗いができないカーペットの上でおしっこをされてしまうと、シミはもちろん臭いも気になりますよね。簡単な拭き掃除だけでは取れないので、ママも困ってしまいます。

カーペットの上にいるときだけおむつをはかせるというわけにもいかないので、どう対策をとったらよいのか思案してしまうことでしょう。

子どもが汚したカーペットの掃除方法

食べこぼしやジュースの汚れの掃除

子どもがカーペットを汚してしまったら、すぐその場で掃除をするようにしましょう。時間がたってしまうと汚れが繊維の奥までしみ込んでしまい、簡単には取れなくなってしまいますよ。

まず以下のものを用意してください。
・ぬるま湯の入ったスプレーボトル
・ティッシュペーパー
・中性洗剤

ティッシュペーパーでざっと大きなゴミや汚れた部分を取り除くようにしましょう。このとき、ジュースなどはこすらずに染み込ませるように取ることが大切です。指でつまみにくいゴミはフォークを使うのもありですよ。

汚れの上にスプレーをかけて、キレイなタオルで上を叩きながら水分ごと吸い込むようにしましょう。それでも取れない場合は、ぬるま湯の中に中性洗剤を少し入れてみてくださいね。

クレヨンやペンの落とし方

カーペットについたクレヨンやペンの落書きは落とすのに根気が必要になってくるので、地道に頑張りましょう。まずは石けんと古い歯ブラシ、不要な布を用意します。

石けんを歯ブラシにつけ、ひたすら落書きあとをこすります。汚れが浮いてきたら不要な布で随時汚れを吸い取るようにしましょう。

それでも完璧に落ちていない場合は重曹を使います。まず重曹と水を2対1の割合で混ぜます。出来上がった重曹ペーストを歯ブラシにつけ、汚れの上をシャカシャカとこすりましょう。クレヨンの油分を重曹が分解してくれるので、しばらく頑張ると汚れが取れてくるはずです。

汚れを取ったあとは、石けんや重曹がカーペットの繊維に残らないよう、ぬるま湯で拭きとってくださいね。

おしっこの汚れや臭いの取り方

カーペットにおしっこをされてしまった場合、汚れや臭いをどのように取り除いたらよいのか悩んでしまいますよね。まず、酢と水を1対1の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れます。

おしっこを不要なタオルでできるだけ吸い込んだら、カーペットがビショビショに濡れるまで酢水のスプレーをかけましょう。その後水分を不要なタオルで吸い込みます。

再度、酢水をたっぷりとスプレーし、タオルを乗せ、さらにその上にビニールを敷いて重たいものを乗せます。辞書や図鑑などの重りを乗せてタオルが水分を吸収するまでそっと置いておきます。

タオルが濡れたら新しく乾いたタオルに交換してくださいね。こうすると汚れのみならず、臭いもすっきりと取り除くことが可能です。

子どもが汚してもイライラしない対策法

食事のときは新聞紙やシートを敷く

カーペットの汚れを取る方法についてお話ししましたが、できれば汚れる前に対策をとるとママもイライラせずに済みますよね。子どもが食事をするときは、テーブルの下および子ども用チェアの下に新聞紙やシートを敷くと、カーペットへの汚れを防ぐことができます。

子どもが食事中にお皿をひっくり返しても大丈夫なように、少し広範囲に敷くことをおすすめします。新聞紙なら、食事の後そのまま丸めて捨てることができるので、掃除の手間を省くことができますよ。

新聞紙のインク汚れなどが気になる場合は、100均などで売っているレジャーシートを敷くのも一案です。汚れたらお風呂場でさっとシャワーをかけて洗うことができますし、何度も使えるので経済的です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC