就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児でも夢を見ているの?寝ながら笑ったり泣く姿を見守ろう

新生児でも夢を見ているの?寝ながら笑ったり泣く姿を見守ろう

人はどうして夢を見るのでしょう?夢の世界は、なんだかぼんやりしていて、ちょっと神秘的です。しかし、夢の謎は日ごとに解明されてきていますよ。そしてなんと、生まれたばかりの新生児でも夢を見ていることが分かってきました。ここでは、新生児の夢の秘密について解き明かしていきます。

どうして寝ているときに夢を見るの?

夢を見るときはレム睡眠のとき

睡眠は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」に分かれます。この二つの睡眠パターンを、脳は一晩のうちに交互に繰り返しています。

「レム睡眠」は「脳は起きているけれど、体は寝ている」という状態です。体中の筋肉はリラックスしていますが、脳の活動は活発で、情報の整理をしているのです。

「ノンレム睡眠」はこの逆で「脳は寝ているけれど、体は活性化している」状態です。「熟睡した」と感じるのは、このときだそうですよ。

つまり一晩のうちに「脳が寝ている時間帯」と「体が寝ている時間帯」が、交互にやってくるのです。その周期は、大人では約90分といわれます。

夢は主にレム睡眠状態のときに見ます。脳が起きている時間帯ですね。

新生児も夢を見ているの?その理由とは

新生児も夢を見ているそうです。これもレム睡眠、ノンレム睡眠に関係があります。

眠りの周期は、大人が約90分周期であるのに対して、新生児の眠りの周期は40〜60分ほどです。大人よりも短く、早くレム睡眠とノンレム睡眠が訪れるわけです。だから、やっと寝たと思っていても、すぐにレム睡眠の周期に入って、眠りが浅くなるのです。新生児が、夜中頻繁に起きているように感じるのは、そういう理由のようです。

新生児もこのレム睡眠のときに夢を見ます。周期が短いので、一晩のうちに何度もレム睡眠がやってきますね。その分、夢を見る可能性も高くなるということです。

レム睡眠のときは眠りが浅いので、よく夜泣きをします。分かっていれば深夜の夜泣きにも余裕を持って対応できるようになりますね。

夢には大切な役割があった!

レム睡眠で見る夢には、大切な役割があることが分かってきました。もちろん夢占いではなく科学的な話です。

レム睡眠のときには、脳が活発に働いて、一日分の情報の整理を行っているということは、前に触れました。夢は、その情報整理に関係しているようです。

「その日に起きた情報を整理している」というとなんだか不思議な現象のように感じますが、簡単にいうと「必要な情報」と「いらない情報」に仕分けをしています。どう仕分けしていくかは人によって違ってきますが「生きていくために必要な情報」は最優先で保存されるそうです。

そして、その仕分けのようすを頭の中に描き出したものが夢ということです。夢を覚えていたら、今、自分が何を大切に思っているか、ある程度分かりますね。

寝ながら笑うのは楽しい夢を見てるの?

楽しいから笑うわけではない

新生児の寝顔を見ていると、笑っているように見えることがあります。「何かいい夢見てるのかな?」と、ほっこりしますよね。

ところが、残念ながら、これは必ずしも笑っているわけではないようです。「新生児微笑(生理的微笑)」という、生理的に起こる反射の一つなのです。

でも、そうがっかりすることでもなく、この新生児微笑は、体が満足したときに起こる無意識の反射です。新生児の体が喜んでいるのですね。

どんなときに起こるのかというと、授乳がうまくいって、脳が興奮したときだそうです。「ごちそうさま」とはいえない、新生児からのサインですね。

また「大人に愛されるための本能である」という説もあります。いずれにしても、喜んでよいことのようですね。

夢を見て笑うのは2カ月以降

2カ月を過ぎるあたりから、新生児は、夢を見て本当に笑うようになります。ときには声に出して笑うこともありますよ。パパやママが幸せをかみしめる瞬間ですね。

「でも、本当に笑っているのかなあ?」と疑問に思うかもしれません。笑っているのか、新生児微笑なのか、見分ける方法がありますよ。

「笑ったかな?」と思ったら、そのまま観察してみましょう。すぐに真顔になったり、ほっぺたがピクピクするようなら、それは新生児微笑の可能性が高いです。

逆に、いつまでも笑っているときには、本当の笑いです。きっと、よい夢を見ているのでしょうね。しばらくほっこりとした時間を楽しみましょう。昼間に、パパやママと遊んで楽しかったことを思い出しているのかもしれませんよ。

寝ながら声を出して笑うのは思い出し笑い

夢を見ながら笑うのは新生児に感情表現ができるようになってきた証拠です。心が育ってきたのですね。大きな一歩です。

夢を見るレム睡眠のときは眠りが浅いので、現実と夢の区別がはっきりしていません。時間の感覚も鈍くなっています。

それで、以前のできごとや昼間にあったことを急に思い出して、思い出し笑いすることがあるそうです。「寝ぼけている」ということですが、これは大人でもよくありますので、気持ちは分かりますね。

逆に悲しかったことも思い出してしまいます。突然泣き出して理由が分からなかったら、いやだったことを思い出してうなされているのかもしれませんね。

この時期には、いきなり大きな声を出したり、にやりと笑ってみたり、いろんな寝言をいうようになりますよ。

この泣き方は夜泣き?それとも寝言泣き?

夜中に1時間ごとに泣くのは寝言泣きかも!

レム睡眠のとき寝ぼけて泣き出すことを「寝言泣き」と呼ぶことがあります。「寝言泣き」は、夢にうなされているだけなので、パパ・ママには、なぜ泣いているのか理由は分かりませんよね。

新生児の睡眠周期は40〜60分ほどですから、ほぼ1時間おきにレム睡眠に入ることになります。1時間おきに泣くようでしたら、それはただの寝言泣きなのかもしれません。

新生児もいろんな夢を見ますが、まだうまくしゃべれないので、泣くことで寝言を表現しているのですね。紛らわしいですがしかたありません。寝言ぐらいは自由にいわせてあげたいですよね。

寝言泣きの中には昼間に嫌なことがあって、それを夢に見て泣いていることもあります。しかし相手が夢なので、確かめる方法はありませんね。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj