就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋の退院時の赤ちゃんの服装。気温差に気を付けて家まで快適に

秋の退院時の赤ちゃんの服装。気温差に気を付けて家まで快適に

1年のなかでもすごしやすいと呼ばれている秋に出産を控えているママも多いでしょう。しかし、秋は夏のように暑い日もあれば、肌寒い日もあるなど気温差がバラバラで、赤ちゃんの退院着はどのようなものを準備すればよいのか悩みますよね。ここでは、秋に生まれる赤ちゃんの服選びのポイントなどをご紹介します。

秋の退院。気温差の激しい季節の注意点

秋の新生児の服装の目安と選ぶポイント

これからのすごしやすい秋の季節に出産をするママは、「半袖ですごせる日もあれば長袖を着ないと寒い日もあるから、赤ちゃんの退院着にどのような服を買えばいいか分からない」と、赤ちゃんの退院着選びに悩むことでしょう。気温差が大きい秋の季節に生まれてくる赤ちゃんには、肌着の上にツーウェイオール(ドレスタイプ)を着せるとよいでしょう。

肌着は短肌着、長肌着がありますが、9月や10月上旬は日中比較的暖かい日も多いので、肌着は短肌着を準備するとよいですよ。10月中頃~11月は少しずつ肌寒くなってくるので長肌着を準備すると安心です。

退院する気温によっては肌着を選べるように、短肌着と長肌着2枚を退院セットに入れておくとよいかもしれませんね。

おくるみや大判のバスタオルで温度調節

秋の季節になっても暑い日が多いと、退院着に短肌着と夏用のツーウェイオールを用意する方も多いでしょう。退院するときに気温が低くても赤ちゃんを寒さから守れるように、おくるみやバスタオルを退院するときにもっておくと安心ですよ。

おくるみやバスタオルは、赤ちゃんの体の温度調節をするのにとても便利なグッズです。赤ちゃんは体の機能が未熟なので、体温調節が自分でうまくできません。ですから、肌寒い日に薄めの洋服ですごしていると、すぐに風邪をひいてしまい高熱をだすこともあります。

新生児の頃は抵抗力が弱いので、高熱をだすと重症化したりほかの感染症や肺炎を併発する危険性も。退院日が肌寒くても安心できるように、おくるみかバスタオルを退院グッズに入れておきましょう。

寒さ対策のためのアイテム

秋に出産するママは赤ちゃんの退院時の服装に「退院日は暖かいの?それとも寒くなっているかな?」とどのような服装をもって行けばよいのか悩む方も多いでしょう。秋は気温が25℃ある日もあれば10℃と寒い日もあり、気温の差がとても激しいのが特徴です。

秋の季節に退院する赤ちゃんには、寒い日に備えて防寒アイテムを用意しておくとよいでしょう。たとえば、ツーウェイオールの上に簡単に羽織らせることができるベストは、秋の季節に重宝するアイテムの一つです。お家ですごすときにも着せられるので、1着もっておくと安心ですよ。

ほかにも、レッグウォーマーや靴下、赤ちゃんの頭を冷やさないようにニット帽なども準備しておくと、寒い日の退院でも赤ちゃんを冷やさなくて済みますね。

退院はちょっとおめかしさせたいという場合

特別な日だから!ベビードレスを着せたい

ママの大仕事の出産をして入院生活も無事にすごすと、いよいよ赤ちゃんと退院です。赤ちゃんとの退院はこれからの新生活のスタートの日。ワクワク、ドキドキしているママも多いのではないでしょうか。

退院という特別な日なので、「ベビードレス」を着せて赤ちゃんとママの退院をみんなでお祝いするのもよいですね。赤ちゃんが退院する日のドレスは「セレモニードレス」と呼ばれていて、退院日やお宮参りなどの特別なイベントに着せるものです。「セレモニードレス」は白色のドレスが一般的ですよ。

退院するときに「セレモニードレス」を着せて、退院するときに記念写真を撮影するパパやママもたくさんいます。真っ白なドレス姿の赤ちゃんは本当に可愛いので、ぜひ記念撮影を楽しみましょう。

普段使いもでき重宝するツーウェイオール

「ベビードレス」は退院日やお宮参りのときにしか着せられないので、「数回しか着ないベビードレスにお金をかけたくないけど、可愛い服を着せて退院させてあげたい」というパパやママも多いでしょう。そのような方は、普段使いにたくさん着せられるツーウェイオールを購入してみてはいかがでしょうか。

新生児用のツーウェイオールは、50~60cmサイズのものを購入しましょう。「新生児用のツーウェイオールはどこで買えばいいの?」と悩む方もいるかもしれませんが、子ども服のお店では、50~60cmサイズから取り扱っているところが多いですよ。

新生児用のツーウェイオールは、普段使いができるのでサイズアウトするまでたくさん着せることができます。デザインも可愛いものが多いですよ。

おしゃれスタイで手軽にワンランクアップ

「おしゃれをした赤ちゃんと退院したいけど、ベビードレスやツーウェイオールで可愛いものは値段も高くて買いづらい」というママもいますよね。新生児用の小さいベビードレスやツーウェイオールでも、おしゃれなものだと5,000円以上するものもあるので、手が出せないと悩む方も多いでしょう。

おしゃれなスタイなら、洋服を買わなくても手軽に赤ちゃんのおしゃれを楽しむことができますよ。退院日に合うようなフォーマルなデザインのスタイもたくさん売られているので、スタイを着けてあげるだけでも十分可愛いですよね。

スタイは洋服と比べてお手頃価格で購入できるので、気軽にお買い物を楽しめるでしょう。シンプルなベビー服でもスタイを着けて写真を撮ると、おしゃれな写真が撮れますよ。

赤ちゃんの暑さ、寒さを確かめるには?

暑さ寒さは服を着ている背中やお腹で判断

生まれたばかりの赤ちゃんはさまざまな機能が未熟なので、体温調節も自分でうまくできません。ですから、ママが気温に合わせて赤ちゃんの着る服を調節してあげる必要がありますよね。

1歳頃をすぎて話せるようになると「暑い」「寒い」などと、感じていることを口にだしてママに伝えることができますが、新生児は泣くことでしか快・不快を訴えられません。ママが赤ちゃんの体を触って暑さ寒さを判断してあげることが大切ですよ。

赤ちゃんはは新陳代謝がとても活発なので、汗をよくかきます。体温も大人に比べると平熱が高めなので、洋服の着せすぎには注意が必要でしょう。赤ちゃんは体のなかの水分量も多く、大人は約60%が水分なのに対して赤ちゃんは約70%が水分でできているのです。大人に比べると約2倍の汗を毎日かいているので、すごしやすい秋でも汗で背中がびっしょり濡れることもあります。

赤ちゃんが暑いと感じているかの判断は、寝ている赤ちゃんを抱っこしたときに背中やお腹がじんわり湿っていると赤ちゃんが暑いと感じているので、薄めの服に着替えさせてあげるとよいですよ。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC