就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ハーフバースデーを上手に節約しよう!お金や時間を賢く使うコツ

ハーフバースデーを上手に節約しよう!お金や時間を賢く使うコツ

子どもの1歳の誕生日の半年前に「ハーフバースデー」を祝うママが増えています。しかし、1歳を盛大に祝うためにハーフバースデーを節約したかったり、仕事復帰をして準備などの時間がなかったりと、事情は様々です。今回は、お金や時間を賢く使うコツを知って、ハーフバースデーを上手に節約する方法をご紹介しますね。

ハーフバースデーのお祝いについて知ろう

欧米とは少し違う日本のハーフバースデー

日本でも人気が高まっている「ハーフバースデー」ですが、由来はアメリカやイギリスなどの欧米で行われていた風習です。しかし、日本のハーフバースデーは、欧米とは少し違うようです。

もともとは、欧米の学校などの長期休暇中に誕生日を迎える子どものためのイベントです。長期休暇中は、友だちから祝福されにくいのでかわいそうということから、誕生日の半年前や半年後に友だち同士でお祝いする風習になったそうです。

一方、日本ではハーフバースデーという言葉だけが使われ、欧米とは内容が違います。日本では、無事に生後6カ月を迎えることができたお祝いのイベントとして定着しつつありますよ。基本的に、ハーフバースデーは生後6カ月の誕生日のみで、1歳以降は行わないそうです。

お祝いに欠かせない食事、写真と飾りつけ

お祝いといえば、華やかな演出で盛り上がりますよね。赤ちゃんにバースデープレートを用意したり華やかな飾りつけの中で写真を撮ったりするとよい思い出に残ります。お祝いに欠かせない食事、写真と飾りつけですがどのように準備するとよいのでしょう。

生後6カ月だと、お座りができるようになったり人見知りが始まったりします。離乳食も始まるころですが、食べられる物が多くありません。赤ちゃんが食べられる色野菜の擦りおろしなどをかわいくプレートに盛りつけるとよいでしょう。赤ちゃん以外の食事は、家庭で手作りすると節約できますね。

部屋中を飾りつけるには時間と手間がかかります。バルーンなどで部屋の一画だけを飾りつけて、写真スタジオで撮影したような記念写真を残すのもよいですよ。

節約を考えて「しない」を選ぶか迷うママへ

ハーフバースデーは、離乳食が始まるなど赤ちゃんにとって新しいことが始まる時期です。さらに、寝返りをしたりズリバイを始めたりとできることが増えます。赤ちゃんは、生まれてから1歳を迎えるまでにどんどん成長します。その過程を記録に残していおきたいママは、ハーフバースデーを祝うそうですよ。

このようにハーフバースデーを祝うママ友がいると、我が子もする方がよいのかと迷いますよね。しかし、ハーフバースデーをお祝いするには、かわいい飾りつけや豪華な料理などで思わぬ出費や時間を費やす場合もあります。
 
ハーフバースデーの半年後には1歳の誕生日を迎えます。1歳の誕生日を盛大にお祝いしたいママは、節約を考えてハーフバースデーをしなくてもよいかもしれませんね。

なるべくお金を節約したいママには

スタジオ撮影は予約特典などを賢く利用する

お宮参りやお食い初めなど、ハーフバースデーを迎えるまでに何度か写真スタジオで撮影したママもいるでしょう。赤ちゃんならではのイベントや成長の記録を写真に残せるのはうれしいですよね。スタジオの予約特典などをチェックして、賢く利用しましょう。

たとえば、株式会社スタジオアリスではWEB撮影予約サービスが充実しています。全国のスタジオアリス店舗での撮影予約が当月を含めて7カ月先まで予約が可能です。また、早期WEB予約限定特典として撮影日の5日前までにWEB予約をすると、購入した写真の中から選べるフォトマグネットシートのプレゼントがあります。

赤ちゃんの急な体調不良によるキャンセル料も掛からないので、ママも気軽に予約できるでしょう。

上手に飾りつけをして自宅で写真を撮る

写真スタジオでハーフバースデーの写真を撮りたいけれども、出費が気になるというママもいますよね。上手に飾りつけをすれば、自宅でもすてきなフォトスポットを作ることができますよ。

個人差がありますが、生後6カ月の赤ちゃんはひとりでお座りができるようになる頃ですね。まだ動き回る時期ではないので、飾りつけをした壁の前などに座るだけでかわいい写真を撮ることができるでしょう。

飾りつけのポイントは、楽しい雰囲気を作ることです。「HALF BIRTHDAY」や「6month」のガーランドやカラフルなペーパーアイテム、バルーンなどがあると華やかさを演出できます。ほかにも、赤ちゃんが好きなおもちゃや、生まれたときからの写真などを一緒に撮影するとよい記念になりますよ

飾りつけは100均グッズで簡単手作り

飾りつけはコストがかかり難しそうに見えますよね。しかし、100均グッズで簡単に手作りできますよ。

最近は、100円ショップでもたくさんのパーティーグッズを見掛けます。ペーパーアイテムや、バルーンなどはそのまま飾ったり少し手を加えるだけで華やかさを演出できます。

たとえば、カラフルなバルーンを膨らませます。逆さまにして紐をつけ、天井から吊ります。バルーンの数が少なめだとシンプルですし、多めだとにぎやかなイメージになります。紐の長さをランダムにするとかわいいですよ。

折り紙も手作りしやすいアイテムです。無地、ドット柄、ストライプ柄、花柄などバリエーションが豊富です。大きめの三角に切ったり文字を切り抜いたりしてガーランドを作ることができますよ。

準備など時間を節約したい忙しいママには

ハーフバースデーのセットプランを利用する

28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC