就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

チャイルドシートは中古がおすすめ!購入前にチェックしたいのはここ

チャイルドシートは中古がおすすめ!購入前にチェックしたいのはここ

ここはチェック!中古で買う場合の注意点

チャイルドシートは大切な子どもの命を守るものなので、中古品でもできるだけ品質のよいものを選びたいですよね。ネットオークションなどで購入する場合には実際に製品を見ることはできませんが、重要なポイントだけでも確認するようにしましょう。

まず、安全基準をクリアしているかどうかです。現行の安全基準に適合しているチャイルドシートには、Eマークが貼付されています。製品の側面や背面、底面にこのEマークがついているか確認しましょう。

また、製品にシリアルナンバーが記載されていることを確認し、リコール品でないことを購入前に調べておくと安心です。リコール品であった場合にもすでに処置が済んでいるものもあるので、あわせて確認してみましょう。

自治体の助成制度も確認してみよう

自治体によってはチャイルドシートに関する支援を行っているところもあるので、購入を考えるときは住んでいる地域の情報を確認してみましょう。

例えば、埼玉県川口市や茨城県牛久市、栃木県大田原市などでは、チャイルドシートを購入する家庭に補助金制度が設けられています。補助金の金額は自治体によって異なりますが、車を使用する家庭は必ずチャイルドシートを用意しなければならないので少しでも補助があると助かりますね。

ほかにも、チャイルドシートを含む不用品の譲渡活動を積極的に行っていたり、レンタル料を割引してもらえたりする制度を設けている自治体もあるようです。新品や中古を購入するか、レンタルするか迷ったときは、そういった補助も考慮に入れて検討するとよいでしょう。

まとめ

チャイルドシートは、中古にしても新品にしてもそれぞれメリットやデメリットがあることが分かります。子どもの命を守るためのアイテムなので安全性は欠かせませんが、中古と新品のどちらを選ぶかはママやパパが何を一番重視したいかによるのかもしれませんね。

チャイルドシートに関して自治体の補助があることは、初めて知る方も多いでしょう。お住まいの自治体にそのような制度がある場合にはぜひ利用して、ママにとっても赤ちゃんにとってもベストなチャイルドシートを用意できるとよいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事