就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の好き嫌いに悩むママ。原因と苦手な食べ物を克服する方法

1歳児の好き嫌いに悩むママ。原因と苦手な食べ物を克服する方法

1歳になるとぐっと食べる量や、食べられる物が増えます。ママも献立を考えるのが楽しくなる時期ですよね。しかしある日突然、食べ物の「好き嫌い」はやってきます。「せっかく作ったのに全然食べてくれない」なんてことも。今回は多くのママを悩ます「1歳児の好き嫌い」について、原因と克服方法をお伝えします。

1歳児の好き嫌いが始まる理由とは?

成長の証!好き嫌いが始まるのは当たり前

子どもの味覚というのは、はじめは個人差がありません。そのため生まれたときから感じる味は、だれしも同じといわれています。しかし1歳頃になると、甘いやしょっぱいなどを感じる舌の味蕾(みらい)が発達してきます。そして、微妙な味の違いも区別できるようになるのです。

特に子どもの味覚は、酸味と苦みを強く感じるようになっているそうです。苦み酸味は毒や腐った物など、体に悪いものが持つ味の特徴でもあるため、本能的に避けようとする傾向があります。そのため、味の経験が少ない子どもは、苦み酸味の強い食べ物を警戒するのです。

子どもは大人より2倍も味に敏感といわれていて、レタスなどでも苦みを感じる子どももいるとか。そう考えると、ピーマンが嫌いな子どもが多いのも納得ですね。

また1歳頃は「これが食べたい」や「自分でやりたい」など自我がめばえる時期でもあります。「今食べたいのはこれじゃない」など自分の意思を示すことができ、それが「食べ物の好き嫌い」となって表れているのです。1歳頃の好き嫌いは「成長の証」であり、自然なことともいえるでしょう。

好き嫌いが始まるきっかけとその原因

好き嫌いが始まる原因の一つとして、学習によるものがあります。味覚は、経験によってできあがっていくのです。子どもが初めての食べ物に対して、警戒することはごく自然の反応で、一体なんなのか五感を使って判断しようとします。そしてその食材が自分の中でクリアすると「安全学習」が行われるのです。

「食べたらお腹がいたくなった」場合などに、その食べ物に対して不快なイメージがついてしまうことを「味覚嫌悪学習」といいます。そして嫌いな食べ物として認識されるのです。また逆に「食べたことで体調がよくなった」などは「味覚嗜好学習」といい、その食べ物を好きになるきっかけになります。

そのほかには、旅行先で楽しく食べたものを好きになったり、食べなくて怒られたものは嫌いになったりなど「味覚連想学習」というものも好き嫌いを決める原因となるのです。

また子どもは初めて食べるものには大抵、怪訝そうな表情をするものです。だからといって嫌いと決めつけないようにしましょうね。初めての感覚で戸惑っているだけかもしれないのですから。

好き嫌いを克服するにはどんな工夫が必要?

絵本などで食べ物について教えてあげよう

子どもの好き嫌いを克服するために、ママはひと工夫してみましょう。食べられることより、まずその物に馴染みを持てるようにしてみてはどうでしょうか。

例えば、絵本などで食べ物について色々教えます。苦手な食べ物が出てくる絵本などを読んでみるのもよいでしょう。嫌いな野菜が主人公のお話や、同じように好き嫌いをしている子どもが主役の絵本などもありますよ。絵本を通して「食べ物」を身近に感じることができることでしょう。

子どもは好きな絵本に嫌いな食べ物がでることで、その食べ物に興味を持つかもしれません。興味を持つことは、克服への一歩です。食卓に嫌いな食べ物が出たときも、「絵本で出てきたね」など話してみると、食べてくれるかもしれませんよ。

盛り付けや調理方法をひと工夫してみよう

ある食べ物が嫌いな理由は、子どもによって様々です。味が苦手なようなら、慣れ親しんだミルクを混ぜてみたり、好きな食べ物と一緒に調理してみたりすると、食べやすくなります。魚などのパサパサした触感が苦手な場合は、片栗粉でとろみをつけた「あん」をかけてみてはどうでしょうか?

大人でも調理法を変えるだけで、嫌いな物でもおいしく食べられることがありますよね。子どもの好みに合わせて、工夫してみましょう。また可愛く野菜を型抜きしたり、好きなキャラクターのお皿に盛り付けたりすると、苦手なものも食べてくれることがありますよ。

食事は味覚だけでなく視覚や嗅覚、触覚など色々な感覚を使います。様々な方向から嫌い意識をなくすアプローチしてみましょう。

家庭菜園など、食材に触れる経験をさせよう

次は家庭菜園などで、苦手な食材に触れる機会を増やしてはどうでしょうか?今食べている野菜が一体どうやってできるのか、知らない子どもも多いものです。「スーパーで売られている野菜の状態でしか知らない」なんてことも。もっと身近に感じられるよう、一度野菜を育ててみましょう。

多くの野菜が、プランターなどでも育てることができます。自分で種をまき水をあげ、日々の成長を観察することは、野菜に興味を持つきっかけになるのです。収穫するときには、きっと思い入れがある野菜になっていることでしょう。

自分で育てたという思いが苦手意識を上回り、おいしく食べられるかもしれません。トマトやキュウリは成長が早く、実もつきやすいのでおすすめですよ。

怒らない!食事は楽しいことと教えよう

無理して食べさせるのはかえって逆効果

嫌いなものを残していると「頑張って」や「大きくなれないよ」などといって、なんとか食べさせようとしていませんか?ママは「体によいから食べてほしい」という思いがあってのことでしょう。しかし、無理に食べさせることは、かえって逆効果になることがあるのです。

子どもにとっては「無理やり食べたくない物を食べさせられた」というトラウマになることがあります。また食べないからといって、怒ることはやめましょう。怒られることで、その食べ物に対して嫌な印象をもち、よけい嫌いになってしまうのです。

子どのも体のことを思ってのママの行動ですが、食事自体が苦痛になってしまうこともあります。少し大らかな気持ちで、見守るようにしましょう。

食べれた時には大げさに褒めてあげよう

ママは「残さず食べる」ということばかり、気にしていませんか?嫌いなものを全部食べることは大人でも嫌なものです。少しでも食べられたなら、褒めてあげましょう。おすすめなのが「一口ルール」です。

初めての物、嫌いな物であっても「一口は食べよう」と提案してみましょう。子どもは本当にちょっとしか、かじらないかもしれません。でもそこで「もっと!」とはいわずに、「すごい!食べられたね」といって大げさなぐらい褒めてあげましょう。

「苦手な物を食べたらこんなに褒めてくれた!」という嬉しい経験が、苦手なものに対してもよい印象を残します。ママに褒めてもらうために、ちょっとでも食べ続けているうちに、味に慣れて食べられるようになるかもしれませんよ。

子どもが楽しく食事できる環境を整えよう

食事は本来楽しい時間です。楽しんで食べる経験を、たくさんさせてあげましょう。特に子どもは、味覚と感情に強い結びつきがあるといわれています。子どもの好き嫌いを直すには、食事が楽しいと思える環境を作ることも大切なのです。

例えば、子ども一人で食事をしていませんか?食べてくれず、ママはイライラしていませんか?「おいしいね」と話しかけたり、コミュニケーションをとりながら食事をするようにしましょう。

また子どもの食事と親の食事を完全に別なものにすることは、苦手な食べ物にチャレンジしにくくなります。苦手な食べ物は、親と同じものを子ども用に取り分けてみましょう。一緒に同じものを食べるということも、子どもの偏食をなくすきっかけになります。

まとめ

食べ物の「好き嫌いは」成長のなかで当然起こる反応なのです。しかし、親としては気になりますよね。子どもに無理強いするのではなく、楽しみながら慣れさせるようにしましょう。

お気に入りの調味料があり「この味にすればなんでも食べる」なんて子どももいるかもしれません。しかし調味料は塩分などが多いため、注意しましょう。

大きくなると、「これを食べると体によい」など健康への考え方も身についてきます。自発的に好き嫌いをなくそうとするかもしれません。あまり神経質にならず、食事の時間を楽しむようにしましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018