就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期間中に準備を!安心して出産にのぞむためにしておくこと

マタニティ期間中に準備を!安心して出産にのぞむためにしておくこと

出産予定日が近づくにつれて、出産前にどんなものを準備しておくべきなのか気になってきますよね。特に初めての妊娠・出産の場合は、不安からついあれこれ買い込んでしまい、産後に後悔することも少なくありません。そこで今回は出産前に必要な準備について、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

出産前に準備しておくとよいもの

妊娠中からずっと使える優れものバッグ

出産後に使うバッグは、妊娠中からずっと使える優れものバッグがおすすめです。バッグにはさまざまなタイプがありますが、産後は両手が空いているとなにかと便利なため、ショルダーバッグやリュックがおすすめです。

その中でも特におすすめしたいバッグが、コンパクトタイプのショルダーバッグです。コンパクトタイプといえども、マチがあるものや収納ポケットがたくさん付いているものを選ぶと、短時間のお出かけをする際に必要最低限の荷物を詰めることができるため、とても便利ですよ。また、ショルダーバッグは荷物の出し入れがしやすいことも、魅力の一つといえます。

タオルや着替えなど比較的かさばる荷物は、ベビーカーに積むか抱っこ紐のポケットに入れておきましょう。

陣痛中にあると役立つもの

陣痛開始から出産までは、初産婦であれば12~15時間、経産婦であれば5~8時間程度かかるといわれています。そのため、辛い陣痛を乗り切るためにも、あると役立つものをご紹介します。

・スマホ
時間を確認したり、パパや病院などへの連絡ができるだけでなく、陣痛の時間を記録できるアプリをダウンロードしておけば、陣痛の間隔を計ることもできます。

・飲み物
陣痛中は汗をかき喉が乾きやすいため、ペットボトルの水やお茶などを用意しておきましょう。また、ストローキャップを用意しておけば、横になったまま水分補給ができるため、おすすめです。

・テニスボール
陣痛中に腰など痛みがある部分に当てておくと痛みが緩和され、いきみ逃しにも効果があります。

入院バッグに入れる最低限必要なものリスト

入院準備をする際に、入院バッグに入れる最低限必要なものをご紹介します。

・マタニティ用パジャマ 2~3枚
・授乳用ブラジャー 3~4枚
・産褥ショーツ 3~4枚
・母乳パッド
・産褥パッド
・洗面用具
・スキンケア用品
・タオル
・マグカップ
・スリッパ
・授乳用ガーゼ
・診察券
・保険証
・母子手帳
・お金
・靴下
・イヤホン
・スマホの充電器

こちらでご紹介した内容は、あくまで一般的に必要とされているもののリストです。病院が用意してくれている場合や、持ち物を指定されることが多いため、病院の指示に従いながら、荷物の中身を調整してくださいね。

また、赤ちゃんの洋服や靴下、おくるみなども、必要に応じて用意しておきましょう。

無駄な出費で後悔しないためのコツ

おむつは新生児パック一つで十分!

おむつは赤ちゃんにとって必需品であるため、まとめ買いをするママは少なくありませんよね。しかし、出産前の準備としては、新生児パック一つを準備すれば十分です。

というのも、赤ちゃんによっては大きめに生まれてきたり、成長スピードが速かったりするため、思っていたよりもすぐにおむつのサイズが変わってしまうことがあります。また、おむつが肌に合わない可能性もあるため、たくさん準備しても無駄になってしまうことがあります。

おむつはスーパーやドラッグストアなどでも簡単に手に入るため、入院中に産院で使っている紙おむつと同じメーカーのものを使いたい、と思っているママは、出産前に準備するのではなく、退院時に寄り道をして購入しても遅くはありませんよ。

赤ちゃん用の体重計はレンタルがお得

赤ちゃん用の体重計である「ベビースケール」は、母乳を飲んだ量や細かい体重の変化を量ることができます。

特に新生児期は授乳量が足りているのか気になるママが多く、手元にあったらいいな、と思うものの、そこそこお値段がするため、敬遠しがちですよね。そんな方にはレンタルが断然お得です。

ベビースケールは最大12kgまで計測できるものが多く、2歳頃まで使うことができるようですが、一般的には生まれてから1カ月健診くらいまでの間にたくさん利用します。そのため、購入すると1万円前後するベビースケールも、1カ月のレンタルであれば2,000~5,000円くらいで済むため、無駄な出費を抑えたい、というママにおすすめです。

ネット注文できる物は事前にお店で確認を

出産の前後は体調が安定しないこともあり、赤ちゃんのものを買いに行くことができなかったり、重いものを持つのは大変ですよね。そんなときは空き時間にさっと注文すれば、玄関先まで届けてくれるネット注文が便利です。

産前には必要最低限のものだけ買っておき、哺乳瓶やミルク、おむつの予備などは産後に様子を見ながらネット注文で買い足すようにすれば、無駄な出費を抑えることができます。入院中に家族に注文をお願いする場合は、どのお店のものを買えばよいのか事前に伝えておくようにしましょう。

また、実店舗で目星をつけていたものが、必ずネットで注文できるわけではありません。そのため、ネットショップでも取り扱いがあるかどうかについてもあらかじめ確認しておくようにしましょう。

家族やパパが忙しくても安心の陣痛タクシー

なぜ「陣痛タクシー」なのか?

出産前に「陣痛タクシー」に登録する方が多いと思いますが、そもそもなぜ救急車や普通のタクシーではなく、陣痛タクシーがよいのでしょうか。

まず、救急車は絶対に出産に利用してはいけないというわけではなく、緊急性が高い場合には利用することもあります。しかし、一般的な陣痛や破水は緊急性が低いため、利用を控えましょう。

また、普通のタクシーは、移動中にトラブルが起こった場合に責任を負うことができないことや、破水などの場合は車内が汚れてしまう可能性があるため、乗車拒否をされることが多いのが現状です。

そのため、あらかじめ陣痛タクシーに登録しておくことをおすすめします。また、緊急性の高低が判断できない場合は、産院の指示を仰ぐようにしましょう。

早めの登録と利用するときの注意点

陣痛タクシーの登録は、安定期に入ったら早めに登録をしておきましょう。

タクシー会社のサイトで登録できることがほとんどですが、電話やFAXなどで登録をするタクシー会社もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。名前や住所、連絡先、出産予定日などの必要事項を記入するだけで登録は完了です。

また、時間帯などによっては、陣痛タクシーが出払っていてすぐに駆け付けてもらえないことがあります。そのため、複数のタクシー会社に登録しておいた方が安心です。

さらには、いざ陣痛タクシーを呼ぼうと思ったら乗車拒否された、というケースが少なからずあるようですので、近場というだけでではなく、実績があるタクシー会社を選ぶようにしましょう。

陣痛タクシーのメリット

陣痛タクシーは普通のタクシーと異なり、ママにとってさまざまなメリットがあります。

まず、陣痛や破水はいつ起きるか予想することができませんよね。そのため、普通のタクシーがつかまりにくい深夜や早朝、連休や祝日であっても、陣痛タクシーであれば24時間年中無休で対応してくれます。

また、あらかじめ自宅住所や産院の住所を登録しておくため、陣痛中に慌ててしまっていても、道案内なしで産院へ直行してくれます。なかには、産院に向かう途中に実家に立ち寄って子どもを預けることができるタクシー会社もありますよ。

さらには、出産以外にも、ママの妊婦健診や産後の乳児健診などにも利用することができるというメリットもあります。

まとめ

いかがでしたか?出産前に準備しておいた方がよいものや、無駄な出費を抑える方法、陣痛タクシーのメリットなどがわかり、少し安心した、という方も多かったのではないでしょうか。

初めての出産はわからないことが多く、なにかと不安が大きいですよね。しかし、マタニティ期間中からしっかり準備をしておくことで、安心して出産にのぞむことができます。こちらでご紹介した内容を参考に準備をすすめていき、不安を少しでも減らせるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018