就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の男の子の体重はどれくらい?成長の目安と身体を育てる方法

4歳の男の子の体重はどれくらい?成長の目安と身体を育てる方法

4歳頃になると行動範囲が広くなり身体もどんどん成長します。しかしその分成長の個人差も大きくなってくる時期です。ほかの子ばかりが大きく見えて「うちの子、順調に育ってるのかな?」と気になるパパやママもいることでしょうね。4歳児の体重の平均や、体重がうまく増えないときの対処の仕方などをまとめていきます。

4歳頃は成長は個人差が大きくみられる時期

カウプ指数で男の子の標準体重をチェック

「カウプ指数」って聞いたことがありますか?「ローレル指数」とどう違うのでしょうか?

「カウプ指数」とは、肥満型・やせ型を判断する基準で、満3カ月児から5歳児に対して使われます。これに対して「ローレル指数」は「対象は小・中学生」ということになっています。どの年齢の子どもを調べるのかで変わってくるようですね。

4歳児の体重チェックは、カウブ指数を使うことになります。計算結果が14.5以上〜16.5未満が標準です。それ以上は「太りぎみ」、それ未満は「やせぎみ」という目安です。

我が子の成長のバランスを知りたいときには、身長と体重を入力するだけで指数を出してくれる計算サイトを使うと便利ですよ。ちなみに4歳児男子の平均体重は15.6kg〜17.5kgです。

4歳の男の子の平均身長はどれくらい?

今度は身長について見ていきましょう。4歳児の平均身長はどのくらいだと思いますか?

月齢によって変わってきますので、体重と同じように幅がありますが、だいたい100.2cm〜106.2cmぐらいだそうです。4歳の一年間で、平均6.6cm伸びるようですよ。

身長を伸ばすためには、栄養状態が最も大切といわれています。食が細い場合には、食べやすい調理の仕方を工夫したりして、なるべく多く食べさせるようにしておいた方がよいそうです。

特に、朝食をしっかり食べる習慣をつけておくことが重要ですよ。子どもの食習慣は家族の食習慣と密接に関係しており、朝食を食べない家族が多いと、子どもも朝食を食べなくなるそうです。家族みんなで、おいしく朝食を食べる習慣を作りましょう。

成長が気になる場合はお医者さんに相談

成長が気になる場合は、お医者さんに相談してみましょう。成長障がいなのか、成長がゆっくりなだけなのかを、適切に判断してくれます。

病院は「小児内分泌科」や「内分泌内科」に行くと受けつけてくれます。近くにそういった病院がなければ、小児科でも相談に乗ってくれますよ。

病院では、まず問診をされます。生まれたときの状況やどんな病気にかかったかを、正確にお話ししましょう。

次に診察です。身体測定をしていろいろな可能性を調べていきます。血液検査やホルモン検査、レントゲン検査をすることもあります。

なにかしらの病気の疑いが見つかれば、引き続き精密検査が行われることもありますが、病気がなさそうならば、そのまま外来で成長を見守ることになります。

バランスのよい食事で身体の基礎を作ろう!

成長や発達に必要な栄養素を知ろう

バランスのよい食事で体重を増やしていきましょう。どんなものが成長や発達に必要な栄養素なのでしょうか?

最も重要な成分はタンパク質、カルシウムだそうです。成長のためにはカルシウムだけとっておけば大丈夫なように思ってしまいますが、タンパク質とカルシウムを一緒に摂取してこそ成果が出るんだそうです。ビタミンDやビタミンKなども骨の形成を促進してくれます。

偏食気味でうまくタンパク質がとれない子には、プロテインをすすめる人もいます。プロテインというと、筋肉ムキムキの人が飲むものというイメージがありますが、成分はタンパク質だそうです。

プロテインの中には、子どもの成長に必要な成分がそろっているそうです。子ども用のプロテインも市販されていますよ。

不足しがちな栄養素を把握して補おう

では、具体的にどんなものを食べさせるとよいのでしょうか。不足しがちな栄養素についても知っておく必要がありそうですね。

成長に必要なタンパク質をとるためには、肉や魚、卵や乳製品などの動物性たんぱく質を食べさせます。大豆製品など植物性たんぱく質もよいそうですよ。

カルシウムがとれる食べ物は、牛乳や小松菜、切り干し大根やひじき、さくらえびやししゃも、豆腐などがあります。子どもには苦手なものが多いですが、調理方法を工夫して、なんとかおいしく食べてもらいたいものですね。

不足しがちな栄養素はビタミン類です。ビタミンDを含む食品は魚やキノコ類で、ビタミンKはほうれん草や小松菜などに多く含まれています。油を使った調理法がおすすめだそうですよ。

少食の場合は食事の回数を増やしてみよう

あまり食が進まないようでしたら、食事の回数を増やすという方法があります。「3回の食事を4回にする」ということではありません。間食をうまく使うということです。

例えば、おやつを、一口サイズのしらすを混ぜたおにぎりや、ふかしたさつまいもなどにすると、栄養素を補充することができます。野菜を使ったおかしなども子どもは好きそうですね。チョコレートだけがおやつではありません。

一日の生活を振り返ってみましょう。なにかを口にしている回数はどのくらいありますか。そのうちのいくつかを、果物や野菜に換えられないでしょうか?

お出かけのときに一緒に持っていくと、自然に口にするかもしれませんね。食べさせる機会は結構身近に転がっているかもしれません。

4歳は身体も心もすくすく成長する時期です

身体が成長するとこんなことができるように

身体が成長すると、今までできなかったことがたくさんできるようになります。成長が目に見えて、楽しみですね。

全身運動では、はねたり走ったり、中にはスキップができるようになる子もいます。体力がついてきて、滑り台やブランコ、ジャングルジムにも登れるようになります。そして、親子でボール遊びができるようになる時期です。

指先のスキルも上がってきます。ひもが結べるようになったり、ボタンがはめられるようになったり、歯みがきも自分でできるようになりますよ。

この時期には、身のまわりのことなら、ほとんど自分でできるようになります。できるようになると嬉しくて、もっとやりたくなりますよね。いっぱい褒めてあげて、いろいろなことにチャレンジさせて下さいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC