就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティストッキングはどんなものを選ぶ?冷えやむくみ対策にも

マタニティストッキングはどんなものを選ぶ?冷えやむくみ対策にも

マタニティストッキングに興味はあるけれど、どんなときに履けばよいのか、本当に必要なのか疑問に思っているプレママも多いのではないでしょうか。今回はマタニティストッキングの重要視すべき点やTPOに合わせた選び方、おすすめ商品などをご紹介します。うまく履きこなして、機能性とおしゃれの両立を楽しみましょう。

マタニティストッキングを履く時期と選び方

お腹周りが目立つようになる妊娠中期から

マタニティストッキングやマタニティタイツは、体型の変化が大きくなる妊娠中期ごろから利用するプレママが多いようです。普通のストッキングではウエスト部分が圧迫されやすく、血行が妨げられて冷えの原因になってしまうこともあるからです。

着用時期ですが、妊娠前に着用していた下着が、窮屈になってきた...と感じる妊娠中期ごろが一つの目安です。特に仕事場にストッキングを履いていくママは、使用頻度も高いので、早めに買い替えてしまうと楽ですよ。

マタニティストッキングはお腹周りのサイズが極端に大きいわけではなく、お腹の膨らみに合わせて伸縮するようになっています。ですからお腹が目立たない妊娠初期でも、体型がまだ戻りきらない産後でも、違和感なく着用することができますよ。

体型変化に対応できる伸びのよい品を選ぼう

妊娠後期に急にお腹が大きくなることも考えて、伸縮性の高いものを選ぶようにしましょう。メーカーによって特徴はさまざまですが、プレママのお腹にあわせて腹部にマチが付いているものが多いようです。また、ウエスト部分がゴム編みになっているものも人気です。

お腹部分だけではなく、脚の締め付け感を和らげるつくりのものもあります。妊娠中は脚がむくみやすいので、ストッキングの締め付けが気になるプレママは着圧効果があるものを選ぶとよいでしょう。

お腹を冷えや血行不良から守るためにも、腹部をすっぽり覆えるマタニティストッキングやマタニティタイツは欠かせません。妊娠初期から使用する場合でも、臨月のお腹を想定して、伸びのよいものを選ぶようにしましょう。

厚みや素材を確認しよう

お腹が大きくなる時期が暑い季節なのか寒い季節なのかにもよりますが、お腹を冷えや圧迫から守るために素材や厚みも考えて購入するようにしましょう。とくに妊娠中は肌が敏感になっているので、ウールや綿素材のものを使うと安心です。

冬の寒い時期や冷え性のママには80~160デニールの厚手のものや、裏が起毛になっているものが便利でしょう。暖房の効いたオフィスや、立ち座りする仕事のプレママは薄手タイプが動きやすくて重宝します。

肌に直接触れるものなので、履き心地はとくに重要です。一度にまとめ買いしてしまうのではなく、面倒でも1枚ずつ試し買いをして、自分のライフスタイルと体調にあったものを選ぶようにしましょう。

マタニティストッキングのTPO合わせ方

ベージュカラーなら様々なシーンに使える

マタニティストッキングはカラーバリエーションも豊富ですが、一番使いまわせるのはやはりベージュカラーです。どんな服装にも合わせられるので、何枚か用意しておくとよいでしょう。

仕事場だけではなく、結婚式などのフォーマルシーンではベージュ系のストッキングを履くのが基本です。逆にお葬式のときは黒が一般的なので、肌がうっすら透ける程度の無地の黒ストッキングも1枚あると便利です。

あまりデニールの高いものばかりを選んでしまうと、履いて行ける場所が限られてしまうので、使いやすい濃さのものを選びましょう。ちなみにデニールは生地の厚さではなく、糸の太さの違いなので、メーカーによって同じデニールでも厚みに違いがあります。

プライベートにはむくみ予防に着圧も

プライベートで使うマタニティストッキングは、マイナートラブルの解消や保温性を重視しましょう。無地だけではなく、デザインのあるものを選んでおしゃれを楽しむのもよいと思います。

妊娠中はホルモンバランスや体の水分量が増える関係で、どうしてもむくみが出やすくなってしまいます。大きなお腹に脚の付け根が圧迫されて、血行不良になりやすいのも原因の一つです。

着圧機能の付いたマタニティストッキングは、強すぎない程度の加圧で脚のむくみを改善してくれる優れものです。ただし、実際にはいてみて締め付けが強いと感じた場合は使用しないほうがよいですし、はいたまま眠るのも、かえって血流が悪くなってしまい逆効果になることもあるので、避けたほうが無難です。

長時間過ごすオフィスでは冷え予防重視で

オフィスの空調は、一般的に快適とされる温度設定にされていることが多いので、プレママには寒いと感じることが多いかもしれません。しかも長時間その空間で過ごさなくてはいけないので、自分で対策を立てる必要があります。

とくに仕事場の規定がなければ、生地の厚いタイプや裏が起毛になっているマタニティストッキングを使用するのがベター。マタニティストッキングとソックスを重ねて履いているプレママも多いようです。

会社の規則でどうしても薄手のものしか使用できない場合は、マタニティストッキングに腹巻などを併用して保温性を高めましょう。座っていることが多い仕事なら、ブランケットなどで下半身を温めるのもおすすめです。

マタニティストッキング人気のタイプ

着圧タイプで足元すっきりむくみ対策

多くのメーカーがマタニティストッキングを販売していますが、着圧タイプで特におすすめなのが、「プレッガーズ」のマタニティストッキングです。プレママのために商品開発をしているブランドなので、安心ですね。

足首から太ももにかけて、段階的に着圧が弱くなるつくりになっており、お腹に負担をかけることなくむくみを予防することができます。お腹を支える機能があり、安定感があるのも嬉しいポイントですね。

「リラクサン」のマタニティ弾性ストッキングは、むくみだけでなく冷えや脚の疲労にも効果があります。なかでもマイクロファイバータイプのものは、通気性に優れているので暑い季節にも快適に使用することができるでしょう。

裏起毛であったかストッキング

冬の寒い時期と妊娠後期が重なるプレママには、裏起毛のマタニティストッキングが必需品です。寒さ対策にマタニティストッキングを買うなら、保温性をまず重視しましょう。

「ローズマダム」の裏起毛タイツは、つま先からお腹まで全体が裏起毛になっているので下半身の冷えを防いでくれます。生地には厚みがあるものの伸縮性がよいことから、お腹を締め付けすぎることがなく快適です。

「ピジョン」の裏起毛タイツはお腹側とお尻側の両方にマチが付いているのが特徴です。股上も深めなので、妊娠後期の大きなお腹も充分カバーしてくれるでしょう。

「ミルクティ」の発熱あったかマタニティタイツも、遠赤外線加工が施されており暖かく履くことができます。

フォーマルに!デザインストッキング

妊娠中であってもおしゃれを楽しみたいプレママは多いと思います。結婚式やパーティなどに出席するときには、ベージュを基本としたマタニティ用のデザインストッキングで華やかさを演出してみてはいかがでしょうか。

「エンジェリーベ 」のサポート柄パンティストッキングなら、大きなダイヤ柄が足元のアクセントになっておしゃれ度もアップします。もちろん大きなお腹でもしっかりフィットするつくりですし、静電気防止加工も施されているため、秋冬のお出かけにもぴったりです。

「ローズマダム」の マタニティストッキングには総レースのものもあり、ベージュを基調にしながらも、ゴージャスで美しい足元を演出することができるでしょう。

まとめ

マタニティストッキングは、お腹を圧迫したり脚を締め付け過ぎたりしないものを選ぶのが鉄則です。そのうえで、季節や活用するシーンに合わせて素材や厚みをチェックしましょう。

冬の寒い時期や冷房対策ならば、裏が起毛になっているものや、遠赤外線加工が施されているものがマストです。着圧タイプのものは、プレママにありがちなむくみ対策にも活躍してくれるでしょう。

汎用性の高いベージュのものをはじめ、華やかなデザインのものなど多種多様です。肌ざわりや保温性、TPOに応じて選ぶとよいでしょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018