就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児ストレスに悩むパパが増えている!パタニティブルーの原因や対策

育児ストレスに悩むパパが増えている!パタニティブルーの原因や対策

最近はパパが育児や家事に積極的に参加している家庭が多く、ママは助かりますよね。しかし、毎日育児に参加しているパパだからこそ、ママと同じように育児ストレスに悩んでいる方も多いようです。ここでは、どのようなパパが育児ストレスを抱えやすいのかや、ママがパパにできることなどをご紹介します。

マタニティブルーならぬパタニティブルー

ホルモンの影響が大きいマタニティブルー

妊娠中や出産後に「何もないのに気分が落ち込む」「やる気が出ず、毎日が憂鬱に感じる」など、精神が不安定になるママはたくさんいますよね。このような症状はマタニティブルーと呼ばれており、ホルモンバランスの乱れが大きな原因だといわれていますよ。

妊娠中や出産後はホルモンバランスが乱れやすいので、あまり無理をして頑張り過ぎないようにしましょう。マタニティブルーはほとんどが3週間以内に症状が安定してきますが「全然症状が治まらない」という方は産後うつなどを引き起こしている可能性もあるので病院に行くことをおすすめします。

産後うつになると症状が改善されるまでにかなりの時間が必要になるので、無理をしない、周りに頼るなど、予防することが大切ですよ。

環境の変化が原因で起こるパタニティブルー

最近はパパも赤ちゃんのおむつ交換をしたり、ミルクを与えたりなど、育児に参加している方が増えてきていますよね。パパが赤ちゃんのお世話に疲れていても「ママと違ってホルモンバランスが乱れないからパパは大丈夫」「1日中赤ちゃんのお世話をしているわけではないから、パパはストレスを感じていない」などと思っているママは多いのではないでしょうか。

確かにパパは妊娠や出産をしていないので、体に変化があるわけではありません。しかし、赤ちゃんが生まれたことで急に生活が変化したため、環境の変化に体や心がついていかずパタニティブルーを引き起こす可能性がありますよ。

「最近パパは元気がない」「様子がいつもと違う」と思ったときは、早めの対策が必要でしょう。

ママもパパも症状は似ている

「パタニティブルーってどんなもの?」「パパの異変にちゃんと気づけるのかな?」など、不安を感じているママもいるかもしれませんね。パタニティブルーの症状は、ママがなるマタニティブルーと同じようなものです。

たとえば、食欲がない、育児だけでなく仕事にもやる気を出せない、寝つきが悪くなる、ちょっとしたことでイライラする、気分が落ち込む、疲れが全然取れないなど、仕事にまで影響をおよぼす可能性がありますよ。

パタニティブルーも症状が改善されないままだと、うつを引き起こすこともあります。うつになると育児どころか仕事や普通の生活を送るのも大変になるので、パパの様子がおかしいときは早めに病院に行くなど、対応をしましょう。

よいパパほどストレスを感じ発症しやすい

理想のパパになろうと頑張り過ぎてしまう人

最近は「イクメン」という言葉も浸透してきて「こんなパパになりたい」「家庭で過ごすときはできるだけ子どもとふれあって過ごしていきたい」など、理想のパパ像がある方もいるでしょう。しかし、理想を追い求め過ぎると疲れていても頑張り過ぎてしまうので、結果的にパタニティブルーを引き起こす可能性が高くなりますよ。

マタニティブルーも同じですが「こんなママ(パパ)になりたい」と自分の理想をしっかり持つ、頑張り屋さんの方がなりやすい傾向があります。頑張り屋さんの方は疲れていたり、体調が悪かったりしても「このぐらい大丈夫」と無理をしてしまうので、疲れやストレスが溜まっていくのでしょう。

理想を持つのは素敵ですが、無理に追い求めないことが大切なのかもしれませんね。

パパとして、大黒柱としての責任感が強い人

「家族のために自分が頑張るしかない」「子どもが安心して成長できるように、家庭をしっかり支えないと」など、一家の大黒柱としての責任感が強いパパもいますよね。責任感が強い人は「これくらいひとりで頑張れる」と無理をしてしまうため、知らないあいだに自分を追い込んでいるかもしれませんよ。

責任感が強い性格の方は「ちょっとこれはママに任せてもいいかな?」「半分手伝ってほしい」などと周りに頼らずに、すべてをひとりでこなそうとしてしまいます。仕事、育児、家事の両立をひとりでこなすのは負担が大きいので、ママや両親など、周りと協力してこなすことが大切です。

責任感が強いパパだとママも甘えられてよいですが、たまにはパパもママに甘えながら肩の力を抜きましょう。

仕事も育児も完璧を目指してしまう人

「仕事はもちろん頑張るが、帰宅してからは育児を完璧にこなしたい」「休日は子どもやママのために過ごし、完璧なイクメンになりたい」など、何事にも完璧を目指してしまうタイプのパパもいるでしょう。完璧主義の方は仕事だけでなく、育児や家事もそつなくこなすためママとしては頼れてよいかもしれませんね。

しかし、仕事や育児、家事すべてにおいて完璧にこなすのは、かなりの体力や気力が必要です。疲れやストレスが溜まったまま過ごすといつかは限界がきてしまうので、上手に手抜きをすることも大切ですよ。

「こうじゃないとダメ」と自分ルールを決め過ぎず「まぁいいか」「明日にしよう」と手抜きをしながら育児や家事をこなしましょう。

パタニティブルーを防ぐためにできること

パパにプレッシャーをかけ過ぎない

パタニティブルーはうつを引き起こす原因にもなるので、パパが心身ともに健康で過ごせるようにパタニティブルーを予防することが重要です。しかし、育児や家事で疲れやストレスが溜まっていると、パパに当たってしまうこともありますよね。

「それくらいパパがやってよ」「そんなこともまだできないの?」など、パパにプレッシャーをかけていませんか?パパは「ママのサポートを頑張りたい」と思っていても、赤ちゃんのお世話に慣れるまでに時間がかかる可能性もあります。できないことが多くでも「協力しよう」と行動してくれる気持ちを尊重しましょう。

ママの接し方一つでパパが快適に家庭で過ごせるようになるため、日ごろからパパには感謝を持ってふれあいたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事