就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬休みは赤ちゃんとお出かけしよう!おすすめスポットと旅行の注意点

冬休みは赤ちゃんとお出かけしよう!おすすめスポットと旅行の注意点

冬休みは、気分転換の意味でも赤ちゃんとお出かけしたいですよね。そこで、寒い冬でも室内で遊べるお出かけスポットや赤ちゃん連れでも安心して宿泊できる施設をご紹介します。さらに、赤ちゃんと旅行に行くときのポイントもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

冬休みは赤ちゃんとお出かけ!遊び場の紹介

すぐできる!wakuwakuベビーサイン

ベビーサインとは、おしゃべりができない赤ちゃんと手話やジェスチャーなどのサインを使ってコミュニケーションをはかる育児の方法です。

空腹のときには「ミルク」のサインなど、赤ちゃんがそのときの気持ちをサインで伝えてくれるので泣くことが少なくなり、ママにとっても育児が楽しくなります。ベビーサインを使った赤ちゃんは言葉の習得が早く、語彙が豊富になるという報告もあります。

このベビーサインを学ぶには、「一般社団法人 日本ベビーサイン協会」が主催する「wakuwaku ベビーサイン教室」の受講がおすすめです。対象は、6カ月~1歳半を迎えた赤ちゃんとママやパパです。

wakuwaku ベビーサイン教室は全国各地で開催されているので、ぜひ参加をしてみてください。

キドキドでハーフバースデーをお祝いしよう

赤ちゃんは、6カ月を過ぎた頃から周りへの興味が急速に高まっていきます。自分の力で移動できる範囲も広がっていくので、遊びの種類も増えてくる時期です。

そこで、生後6カ月を過ぎた赤ちゃんのいるママやパパにおすすめなのが「キドキド」の施設です。キドキドは、天候に関係なく赤ちゃんが思いきり遊べる全国に21カ所ある室内施設です。6カ月~12歳の子どもが楽しく遊べるゾーンや組み立て遊びができるゾーンがあって子どもの好奇心を刺激してくれます。

また、子どもの遊びの専門家である「プレイリーダー」がいるので、親子での遊びを教えてくれます。6カ月になった赤ちゃんのハーフバースデーをお祝いして、無料で写真撮影もしてくれます。

「わくわくこども広場」で室内遊び

わくわくこども広場は市区町村が主催することが多く、赤ちゃんや小さな子ども連れで楽しく遊べる施設です。

内容としては、親子で楽しめる室内遊びや季節の行事などを提供してくれます。同年代の子どもと遊びを通して交流ができるのが大きな特徴です。また、親同士の気軽な交流や子育ての悩みを相談し合う場にもなっていて、子どもの健やかな成長をサポートしてくれます。

対象者は3歳程度までの子どもとその保護者であることが多く、年齢制限がないところもあります。開催日や開催場所は市区町村役場に問い合わせれば教えてくれますよ。

広い室内で子どもを遊ばせたいときやほかのママとおしゃべりがしたいときなどにお出かけしてみてはいかがでしょうか?なお、参加費は無料です。

赤ちゃん連れでも安心の宿泊施設

手作り離乳食「ペンションファミール」

「ペンションファミール」は、栃木県の那須町にある赤ちゃん連れでも安心して宿泊できるペンションです。レンガ作りで、那須高原の雄大な景色を臨むことができます。

ペンションファミールの一番の魅力は、赤ちゃん連れでも気兼ねなく那須の自然と、真心込めた料理が堪能できることです。もちろん、月齢に合わせた手作りの離乳食も提供してくれます。アレルギーにも細かく対応してくれます。

別棟にはキッズルームがあり、7:00~23:00まで利用することが可能です。滑り台や積み木、ロッキングポニーなどの遊具があって、おもちゃや絵本の貸出サービスも行っています。

また、無料の貸し切り家族風呂もあるので、周りを気にせずにゆっくりと入浴をすることができるのも大きな魅力です。

伊豆の自然を満喫「子どもの城M倶楽部」

静岡県の伊東市にある「子どもの城M倶楽部」は、赤ちゃんに優しいリゾートホテルです。近くには大室山やカピバラの露天風呂で有名な伊豆シャボテン動物公園など、観光名所が数多くあります。

客室のタイプもバラエティに富んでいて、乳幼児に安心な広い和室や和洋室、ディズニーやトーマス、キティーちゃんなどのキャラクターの部屋も充実しています。

子どもの城M倶楽部の食事は自家製野菜を中心とした本格的なフランス料理メニューで、とてもヘルシーです。離乳食についても、月齢に合わせて4種類の中から選ぶことができます。

そして、何よりの魅力は家族風呂です。美しい伊豆高原の大自然を眺めながらの家族揃っての入浴は、楽しい旅の思い出になることでしょう。

サービスが充実「ザ・ビーチタワー沖縄」

赤ちゃん連れの冬休みを利用しての旅行なら、沖縄もおすすめです。夏の沖縄では赤ちゃん連れで海水浴を楽しむことはなかなかできませんが、冬であれば赤ちゃんにとっては過ごしやすく、浜辺で思う存分水遊びができます。

沖縄のホテルの中でも特におすすめなのが「ザ・ビーチタワー沖縄」です。那覇空港から車で約40分の北谷町にあります。赤ちゃん連れに優しいサービスが充実しているホテルとして有名です。

「らくらくマミーパック」は、紙おむつやおしりふき、スティックタイプミルク、ベビーフードなどがプレゼントされます。また、ベビーカーやベビーベッドなどの無料レンタルサービスもあり、離乳食を含めたキッズバイキングのコーナーもあります。

赤ちゃんと冬休み旅行に行くときのポイント

29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj