就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

コミュニケーションに不安がある4歳児。発達の様子と親ができること

コミュニケーションに不安がある4歳児。発達の様子と親ができること

保育園や幼稚園に通い始めるようになると、我が子の成長の様子が気になるというママの声をよく耳にします。そこで、4歳児がうまくコミュニケーションがとれない理由や発達の様子について解説します。あわせて、子どものコミュニケーション力を育てるために親ができることについてもご紹介します。

うまくコミュニケーションがとれない理由

友だちとうまく遊べない子が増えている

我が子が4歳児になり、保育園や幼稚園での集団生活にも慣れてきたころなのに、友だちとうまくコミュニケーションがとれないと心配しているママの声をよく耳にします。確かに、友だちとうまく遊べない子が増えているようです。

原因として考えられることは、友だちと過ごす時間が減ったことが挙げられます。昔の子どもは、神社や公園、空き地に集まって、缶蹴りや鬼ごっこなどをして遊んだものです。小さな子どもでもお兄ちゃんやお姉ちゃんに連れられて、大勢の子どもと遊んでいました。

しかし現代では、少子化で子どもの数が減り、一人っ子家庭が多くなってきています。防犯上の理由で外遊びが減ったことも、友だちとうまく遊べない子が増えた原因の一つかもしれません。

4歳は友だちとの関わり方の勉強中

赤ちゃんのころはママと一緒に過ごしていた我が子も、やがてひとりで遊べるようになっていきます。お友だちと遊べるようになるのは、3歳を過ぎたころが一般的です。

4歳ごろになると、保育園や幼稚園での集団生活もあってか、少しずつお友だちと遊べるようになっていきます。お友だちと一緒に遊ぶ楽しさを知った子どもは、人との関わり方を学んでいきます。

元気な子どもであれば、順番を守らないお友だちを叩いて泣かせたり、鬼ごっこでお友だちを押して転ばせてしまったりするすることもあるでしょう。意地悪をされて泣いて帰ってくることだって考えられます。

これらの遊びの中での経験をとおして、子どもは少しずつコミュニケーション力を高めていくのです。

ひとりで遊ぶ時間も好き

子どもの中には、4歳を過ぎてもお友だちとの遊びに参加せずに、ひとりでおもちゃ遊びやお絵描きをしている子がいます。ママやパパとしては、お友だちができないのではないかと心配になってしまいますよね。

しかし、あまり心配する必要はありません。4歳児にとっては、ひとり遊びも大切な時間です。楽しそうに遊んでいるようであれば、そっと見守りましょう。

子どもの遊び方はそれぞれで、友だちと一緒に遊ぶことよりもひとりで遊ぶことの方が好きな子がいます。これは決して悪いことではなく、ひとり遊びは子どもの思考力を育てることにも繋がります。

ひとり遊びが好きな子どもでも、ママや園の先生、お友だちの声かけで遊びに加われれば大丈夫ですよ。

4歳児は社会性や協調性が育ってくる

相手の気持ちを汲み取って行動できる

お友だちとコミュニケーションをとるには、相手の気持ちを汲み取って行動する力が必要です。では、何歳ぐらいから相手の気持ちを汲み取れるようになるのでしょうか。

子どもの発達をみると自我がめばえてくるのは6カ月ごろで、自己主張が始まる2歳児ごろのイヤイヤ期を経て「自分」を確立していきます。その後、ママやパパ、お友だちとの遊びなどを通して、自分と他人は違うということを認識できるようになるのが4歳児ごろです。

4歳児ごろになるとお友だちとルールを決めて遊べるようになるなど、周りのお友だちに合わせながら行動する様子が増えていきます。ときには喧嘩になることもありますが、これらの経験の中で相手の気持ちを汲み取る力を獲得していくのです。

ことばと友だちは成長の素

4歳前後の子どもにとって、ことばとお友だちは成長する上でなくてはならないものです。ことばを使って自分の気持ちを表現し、友だちと関わることで、社会性や協調性を育てていきます。

自分が経験したことをことばで伝えることが楽しくて、おしゃべりな子が多いのも4歳児ごろの特徴です。「どうして?」「なぜなの?」の質問攻めも増えていきます。

また、喜怒哀楽をことばで伝えることができるようになってくるので、遊びの中でも自分の考えを主張したり、お友だちの考えに合わせたりすることが増えていきます。

始めは友だちとうまく関わることができない子もいますが、友だちとの触れ合いを重ねていくことで人との関わり方を少しずつ学んでいくので、見守るようにしましょう。

感情の揺れ動きが発達を刺激する

自分の好き嫌いをことばで伝えることができるようになる4歳児ごろは、友だちとのトラブルが増えてくることがあります。このようなトラブルの中での感情の揺れ動きこそが、子どもの発達を刺激していくのです。

鬼ごっこやかくれんぼ、かけっこなどの遊びは、勝ち負けがともないます。勝ったときの喜びや負けたときの悔しさは、4歳前後から芽生え始めるようです。また、友だちが困っていると励ます様子もみられるようになります。

遊びの中では自分がやりたいことと友だちがやりたいことが食い違い、ぶつかり合うこともしばしばあるでしょう。このようなぶつかり合いで、自分の考えを周りにわかるように説明する力や譲ることの大切さを学び、社会性や協調性を身につけていくのです。

子どものコミュニケーション力を育てる

子どもの多い場所へ出かけてみる

我が子のコミュニケーション力に不安があるようであれば、子どもの多い場所に出かけてみてはいかがでしょうか。多くの子どもと関わることができる環境を意識的に用意してあげると、社会性や協調性が育っていきます。

たとえば、ママ友とおしゃべりをしながら子ども同士を遊ばせましょう。それぞれの地域で開催されている親子サークルに参加するのもよいかもしれません。

地域の児童館にお出かけすれば、様々な年代の子どもと交流することができます。しかも、大人の目があるので安心して遊ばせることができます。

このとき大切なことは、ママやパパはなるべく口を出さないことです。多少のトラブルがあっても、少し離れたところから見守るようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC