就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが大人用便器を使うには?トイレトレーニングを成功させるコツ

子どもが大人用便器を使うには?トイレトレーニングを成功させるコツ

子どもが大きくなってきて、トイレトレーニングを始めたいと思っているパパやママもいるかと思います。おまるや子ども用便座を使うという方法もありますが、最初から大人用便器を使うという選択肢もあります。子どもが大人用便器を使うときのトレーニング方法や、トイレトレーニングを成功させるコツについてまとめます。

子どもが大人用便器を嫌がる理由

足がつかなくて不安定で怖い

子どもにとって、大人用便器の便座は、想像以上に高い場所にあるものです。子どもが大人用便器を嫌がる理由の一つは、その高さにあります。足がつかなくて、体が不安定になるという恐怖を感じてしまうのです。

その恐怖を理解するためには、深い海を波に揺られながら1人で泳いでいる自分の姿を想像してみると、なんとなく分かります。どんなに足を伸ばしても、底に足がつかないとなると、不安が隠せなくなりますよね。足がつかない大人用便器を子どもが怖がるのも、無理はないのかもしれません。

いつもは高いところが平気な子どもでも、トイレでは怖がるということもあります。トイレという狭い空間の中では、壁や天井が身近に迫ってきていますので、いつもより高く感じてしまうのかもしれません。

便座が大きくて落ちちゃいそう

大人用便器には大きな穴が開いています。そして、水を流す時には、大きな音とともに穴の中に大量の水が吸い込まれていきます。大人用便器が怖いのは、このブラックホールのような大きな穴の中に自分の体が落ちて、吸い込まれてしまうのではないかという、そういう恐怖を感じているのかもしれません。

そして、その巨大な穴の上にお尻を乗せるのですから、まだお尻の小さい子どもが怖がるのは理解できます。たとえ、子ども用便座を上に載せていたとしても、お尻の下にそのブラックホールが広がっていることに変わりはありません。

便器の中に落ちたことがきっかけで、子どもが便座に座れなくなってしまったという話を聞くこともあります。確かにそれは、とてつもなく怖い体験だったに違いありません。

そもそもトイレの空間が怖い

子どもがトイレを怖いと感じる理由は、ほかにもあります。「トイレにはお化けなどの怖いものが潜んでいる」と思い込んで、トイレの空間そのものを怖がってしまうことです。「怖い絵本やテレビを見すぎて、1人でトイレに行けなくなってしまった」という経験は、誰にでもあることかもしれませんね。

また、トイレの中や廊下が暗いのも原因のひとつです。特にトイレは、リビングなどから離れた場所にあることが多いので、「トイレは1人っきりになる怖い場所」と感じるようになります。中には、幼稚園や保育園のトイレは大丈夫なのに、「家のトイレはどうしても怖い」という子どももいるようです。

怖い絵本やテレビを見なければよいのでしょうが、どうしても耳を傾けてしまいますよね。

子どもの「トイレが怖い」を払拭するには

座り方を工夫して安定させる

トイレトレーニングには、おまるや子ども用便座を使うのが一般的ですが、これらを使わずにトレーニングすることもできます。家庭環境や時期によって、やりやすい、やりにくいがあるかもしれませんが、十分可能です。

大人用の便器でトレーニングをすることで、お出かけのときに子ども用便座を持ち運ぶ必要がなく、どんな場所のトイレも使えるようになります。トレーニンググッズの収納にも困りません。

やり方は、「大人の座り方とは逆向きに座らせる」「大きく足を開いて便座の上に開脚するようにまたがる」「手は便座の前の方について身体を支える」など、座り方を工夫して、子どもの体を安定させるようにします。何回か座る練習をすることで、上手にバランスがとれるようになりますよ。

踏み台効果は大人にもアリ

高さへの恐怖を克服するためには、踏み台を上手に使いましょう。トイレで使うことに特化した、「トイレ用踏み台」というものもありますよ。

トイレ用踏み台を、大人用便器の前に置くことで、両足がしっかり床につくようになり、安心感が得られます。これで、子どもの恐怖心がなくなり、トイレに集中できるようになります。便座への上り下りも安全です。

踏み台は、大人にも効果があります。これで、便秘の解消ができるのです。洋式トイレは、イスのように腰かける姿勢のため、便の通り道である直腸と肛門に角度がついてお通じがしにくくなってしまいますが、トイレ用踏み台を使うと、和式トイレのようにしゃがんだ姿勢になりますので、直腸と肛門がストレートになり、便が通りやすくなるのです。

とにかくトイレ空間は楽しく!

トイレの空間そのものへの恐怖心を取り除くためには、トイレの内装を楽しくすることです。子どもが、トイレを見て笑ったり、楽しそうな表情を見せたりすれば、大成功です。

例えば、トイレの入り口や便座のふたなどに、大好きなキャラクターを貼ったり、ぬいぐるみを置いたりしてみましょう。まるで、キャラクターやぬいぐるみと一緒に、トイレをしているような感覚になれます。

壁紙にシールを貼る「ウォールステッカー」もおすすめです。トイレの壁一面に、海の生き物のウォールステッカーを貼っておくと、トイレの中が海になりますし、動物のシールを貼って、ジャングルにすることもできます。貼り直しが簡単にできますので、子どもと一緒に、トイレをワクワクする空間にモデルチェンジしましょう。

大人用便器と相性のよいトイトレグッズ

持ち手があって安心「ポッティス」

「いきなり大人用便座でのトイレトレーニングは難しいなあ」と感じているパパやママのために、おすすめの子ども用便座を紹介します。これなら、楽しくトイレトレーニングできますよ。

「ポッティス」は、便座に持ち手があるので、安心して座っていられる子ども用便座です。持ち手は、便座の左右に1個ずつついており、ここを握ることで、排便の様子が隠れて見えなくなることがありません。両手で体の左右を支えることができるので、座る姿勢も安定します。

色がカラフルで、デザインもかわいいので、置いておくだけで、トイレを華やかにすることができます。きっと、子どもも喜んで座ってくれることでしょう。膝を閉じた姿勢で座れるので、特に「女の子に使わせたい」と考えているパパやママもいます。

大人にもよい「スクワティポティー」

子どもにうんちを踏んばる練習をさせたいときには、子どもの両足が地面につくタイプの踏み台がおすすめです。折りたためるタイプや、大人でも使用できるタイプなどがありますので、使う人や用途に合わせて選びましょう。

「スクワティポティー」は、本来は、大人の便秘解消のために考案された、アメリカ生まれの踏み台です。大人が使用すると、前かがみの姿勢になり、便を出しやすくなります。中央にくぼみがあるので、足を置きやすく、疲れにくいデザインです。

子どものトイレトレーニング用としても、ちょうどよい高さです。子どもでも両足がしっかり置けるので、大人用便器の高さへの不安も、かなり解消されます。トイレに置きっぱなしにして、大人と子どもで、一緒に兼用することができますね。

成長に合わせて「洋式おまるでステップ」

「洋式おまるでステップ」は、スムーズなトイレトレーニングを実現してくれる、子ども用便座と踏み台のセット製品です。四つのステップで「トイレに慣れる」「トイレで踏んばる」「やりたい気持ち」を育ててくれます。

一つ目のステップは、子ども用便座だけを使った「座るトレーニング」です。二つ目のステップは、踏み台のステップ2段を使って「大人用便器でのトレーニング」、三つ目は、踏み台が1段になり「踏んばるトレーニング」、四つ目は、踏み台を手洗いや歯磨きにも使って「やりたい気持ちを育てるトレーニング」です。これらがすべて同じセットでできるようにプログラムされています。

このセットを使うと、ズボンやおむつを全部脱がなくてもできるようになっていますので、一手間省けます。

まとめ

自宅のトイレが狭いと、おまるや子ども用便座の場所を確保することが難しくなります。できることなら、早い時期に大人用便器に慣れてもらって、収納やお出かけのときの荷物を減らしたいものです。子どもが、大人用便器になれてくれると、外出先でのトイレの心配もなくなります。

しかし、子どもにとってトイレは、怖いことがいっぱい。踏み台を使ったり、トイレ内を楽しくデコレーションしたりして、できるだけ楽しい雰囲気を演出しましょう。楽しく使うことでトイレトレーニングの終了を早めることにもつながるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR