就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

七五三の基本的な知識を知ろう!衣装の準備から当日の持ち物リスト

七五三の基本的な知識を知ろう!衣装の準備から当日の持ち物リスト

「そもそも七五三って何をすればよいのかな?」「写真撮影はどうしたらよいの?」など、初めて迎える七五三には疑問がたくさんあります。七五三の意味や、子どもの衣装について、お参りの仕方、写真撮影のことなど、疑問を解決して、素敵な七五三を迎えましょう。

七五三の意味とは?どんなことをするの?

そもそも七五三の意味って?どんな風習?

七五三は江戸時代ころからはじまったといわれています。当時は、乳幼児期に亡くなることが多く、育てることが難しい時代が続きました。無事育ったことに感謝し、これからの将来と長寿をお願いする意味がありました。公家や武家の家庭で行われていたものが、一般家庭にも広まっていきました。

「七五三」の年齢にも意味があります。
・3歳:髪を伸ばし始める「髪置の義」
・5歳:初めて袴をつける「袴着の義」
・7歳:大人と同じ着物を着たり帯を結ぶ「帯解の義」
とされています。この年齢は成長の過程で病気になりやすかったり、危険が伴う時期で、子どもの健やかな成長を氏神様にお祈りをします。

「七五三」という言葉は、明治時代になってから使われるようになったそうです。

どんなことをするの?地域による違いは?

一般的には、近くの神社(氏神様)へ出向いて、ご祈祷をしてもらうのが基本となっています。有名な神社へ出向く人もいます。しかし、必ずご祈祷をしないといけないわけではありません。写真館で家族一緒に記念撮影をしたり、会食をすることもよくあります。

お住まいの地域によっても違いがあります。関東では、神社にお参りしご祈祷をする人が多いようですが、関西では、ご祈祷はせずお参りのみで、千歳飴を購入することが多いようです。結婚披露宴なみに豪華にお祝いをする地域もあるようです。

また、全ての年齢でお祝いをする地域もあれば、決まった年齢しかお祝いをしない地域もあります。地域に密着した行事であるため、さまざまなお祝いの仕方になっています。

お参りの時期はいつ頃?

主に、11月15日がお参りの時期とされています。最近では、仕事の都合などで11月15日当日に神社へお参りをすることが難しくなっています。そのため、10月中旬から11月前半にお参りをすることが多いようです。神社でも、10~12月に「七五三詣」として期間を設定していることもあります。

11月には寒くなる北海道などの地域では、10月上旬にお参りをすませることもあるようです。また、お参りが落ち着く、11月下旬にゆっくりとお参りに出向くことも増えてきているようです。

七五三のお参りが多い時期の吉日や土日祝、特に11月15日の前後1週間は、神社が大変込み合っています。ご家庭の都合にあう時期に上手に予定を組むのがよいでしょう。

七五三は何歳でするの?男女での違いは?

男の子は3歳と5歳で

男の子の場合、一般的には3歳と5歳の2回、七五三のお祝いをします。関東にお住まいの場合、3歳ではお祝いをせず、5歳のみお祝いをすることも多いようです。関西にお住まいの場合、3歳も5歳もお祝いをすることが多いようです。最近は、関東にお住まいの場合でも、3歳・5歳共にお祝いをする人が増えているようです。

元々は、男の子が髪を伸ばし始める「髪置の義」の3歳、男の子の衣装である袴を身に着ける「袴着の義」の5歳の2回が、男の子のお祝いする年齢だったようです。

ただし、地域によって、お祝いをする年齢はさまざまなので、「〇歳しかお祝いをしてはいけない」や「〇歳で必ずお祝いをしなければいけない」という決まりはありません。

女の子は3歳と7歳で

女の子の場合、一般的には3歳と7歳の2回、七五三のお祝いをします。男の子と違い、関東にお住まいの場合も、関西にお住まいの場合も、3歳と7歳にお祝いをする地域がほとんどのようです。

元々は、女の子が髪を伸ばし始める「髪置の義」の3歳(これは男の子も同じです)、それまで着物を結んでいた付け紐から、大人と同じ丸帯をつけ始め、大人の仲間入りとなる「帯解の義」の7歳の2回が、女の子のお祝いする年齢だったので、その名残りが今でも残っているかたちになっています。

女の子の場合は地域によってお祝いをする年齢が異なることは少ないようですが、男の子の場合と同じように、お住まいの地域によってはお祝いをする年齢が異なるかもしれません。

数え年でも満年齢でもどちらでもOK

昔は数え年でお祝いをすることが一般的でしたが、現在では、満年齢でお祝いをすることが一般的になっています。「数え年」や「満年齢」を気にしなくなってきたことと、誕生日に1歳年をとるという考え方が強くなってきているためです。また、満年齢だと特に3歳のとき、本人が七五三を楽しめたり、着物が合う体格になっているという理由もあるようです。

もちろん今でも、昔からの習わしを大切にする家庭や地域では、数え年でお祝いをすることもあります。

どちらが正解ということはありません。「友達はお祝いをしたけど、私はお祝いしないの?」と子どもが疑問を感じることもあるようです。周りの友達から情報収集をして、どちらにするのか決めるのもよいかもしれませんね。

七五三の準備って何をすればいい?

お参りする神社を決めて予約する

基本的に予約をしていなくても、順番にご祈祷をしてもらうことはできますが、吉日や土日祝は、特に多くの家族が七五三のお祝いに訪れるため、かなりの待ち時間が発生する可能性があります。また、待っている人数によっては、ご祈祷を断られてしまうこともあるようです。

特に子どもが普段着慣れていない着物を着ている場合などは、長時間になると大変かもしれませんね。

なので、まずはお参り予定の神社のHPなどで、
・予約が必要(可能)かどうか
・予約の方法(電話予約なのか直接申し込みなのか)
・いつから予約が可能か
などを確認し、予約が可能な神社であれば、お参りに訪れる候補日と時間を決めて、あらかじめ予約をしておくとよいでしょう。

子どもの服装を決めて準備する

神社にお参りをする当日の子どもの服装は、着物や袴などの「和装」が基本となります。ワンピースやドレス、スーツなどの「洋装」でも問題ありません。和装と洋装の割合は、和装が7~8割、洋装が3~2割のようです。

どちらかというと、女の子より男の子のほうが、洋装を着る割合が多いようです。特に3歳のときは、洋装より和装のほうが若干多い割合のようです。また5歳のときは、入学式にも着れるようにとスーツやブレザーにすることもあるようです。

まずは、和装と洋装のどちらにするのかを決めましょう。そして、ご自身が使っていたものを着用するのか、知り合いから借りるのか、フォトスタジオなどからレンタルするのか、新たに購入をするのかなどを決めましょう。

お祝いの席やフォトスタジオの予約

神社へのお参りだけではなく、子どものおじいちゃん・おばあちゃんなども招いて、お祝いのお食事会をしたり、記念にフォトスタジオで写真撮影をしたりすることも多くあります。

ご祈祷と同様、同じ時期に七五三を迎える家族がお食事会をしたり、写真撮影をすることになります。特に、神社へのお参りと同じ日に自宅以外のお店を利用してのお食事会や、フォトスタジオでの写真撮影を考えているのであれば、早めに予約をするのがベストですね。

特にフォトスタジオでは、早ければ4月ころから「七五三キャンペーン」などをはじめるところもあるようです。神社へのお参りとは別日に早い時期に写真撮影だけを行う日を決めて、予約するのもひとつの方法だと思います。

七五三にかかる費用の相場はどれくらい?

衣装、着付、ヘアセットの料金相場

衣装は、購入するのか、レンタルにするのかなどによっても料金が変わってきます。購入をする場合は20,000円~、レンタルをする場合は15,000~30,000円程度必要なようです。

美容院などに着付けをお願いする場合、男の子で5,000円~が必要となるようです。女の子の場合は、着付けとヘアセットがセットになっていることが多く、5,000~10,000円程必要なようです。また、7歳の女の子は、大人並みの着付けとなるため、少し料金がかかるようです。

フォトスタジオで準備されているプランでは、衣装のレンタル・着付け・ヘアセット・写真撮影がセットになったものがあり、それぞれ別で準備をするよりお得になることもあります。

御祈祷料、お祝いの食事代の相場

神社でご祈祷をする場合、御祈祷料(七五三の場合は、初穂料と呼ぶことが多いです)が必要になります。一般的には5,000円~と設定している神社が多いようです。具体的な金額が提示されている神社もあれば、「金額はお気持ちで」というところもあります。お気持ちでとされている神社であれば、5,000円にする人が多いようです。

お祝いのお食事会の費用は、ランチで大人ひとりが3,000~5,000円、ディナーで大人ひとりが5,000~10,000円程度が多いようです。子どもは、大人ひとりの金額の半額程度と考えておけばよいと思います。お店によっては、「七五三プラン」など専用のお祝い膳が準備されているところもあります。

フォトスタジオの料金相場

大手の子ども向けフォトスタジオの場合、一律の撮影料金にプリント代金や写真の台紙などの料金がプラスされるシステムが多く採用されています。七五三向けのキャンペーンなどがあり、衣装や台紙を選ぶことができ、待ち受け画像がついてきたりして、40,000~60,000円の値段設定が多いようです。

一軒家のような空間で撮影ができるフォトスタジオも増えてきています。大手の子ども向けフォトスタジオと異なる点として、撮影した写真データがもらえることが多いようです。料金としては50,000~70,000円程かかりそうです。

プロの写真家に出張撮影を依頼することもできます。撮影1時間につき20,000~40,000円、プラス出張費程度が多いようです。

お参りの服装は?洋装と和装どっちがいい?

子どもの服装が洋装の場合

神社へお参りをするときは、正装をするのが基本です。洋装の場合の正装は、男の子ならスーツなど、女の子ならドレスやワンピースになります。和装よりも動きやすい服装であるため、洋装を選ぶ家庭も増えてきています。

男の子の場合、5歳であれば卒園式や入学式でも着まわすことができます。洋装の最正装にあたるタキシードも人気が出てきているようです。

女の子の場合、肩が出るドレスのときはボレロやショールを合わせる、足元は靴下やタイツなどで肌の露出を控えるようにします。イメージとしては、結婚式に出席する感じの服装です。

男の子・女の子ともに、幼稚園に通っている場合、制服があるところもあると思います。制服は礼服なので、正装になります。

子どもの服装が和装の場合

七五三の和装の場合の正装は、男の子なら袴など、女の子なら着物になります。洋装よりは動きにくくなりますが、七五三の由来などからみても、和装が基本となります。

男の子の場合、3歳のときは「羽織袴」か「被布」、5歳のときは「羽織袴」になります。袴には、足の部分が分かれていない「行燈袴」と、足の部分が分かれている「乗馬袴」の2種類があります。着せやすさから、3歳は行燈袴、5歳は乗馬袴にする人が多いようです。

女の子の場合、「着物」か「被布」、7歳のときは「着物」になります。着物でも、3歳は背中に縫い目がない「三つ身」で兵児帯で結びます。7歳は大人の着物とほぼ同じ作りの「四つ身」になります。帯も大人と同じようなものを使用します。

パパとママの服装は?

パパやママも、正装が基本となります。和装・洋装どちらにするかは、子どもに合わせる必要はありません。子どものお世話もあるので、洋装にする人が多いようです。七五三の主役は子どもになります。なので、子どもを引き立たせる服装にするのがよいでしょう。また、夫婦は同格の装いを意識することが大事になります。

パパは、和装なら羽織・袴になります。紋付を着る必要はありません。洋装なら、礼服までは必要ありませんが、ダーク系のビジネススーツがよいでしょう。

ママは、和装なら訪問着・色無地・付け下げになります。小紋は普段着にあたるため、着用はNGです。洋装なら、スーツやワンピースになります。靴はつま先が開いていないもの、ストッキングはベージュを着用します。

子どもの衣装は自前?レンタル?

購入するか両親が子どもの頃に着た物を使う

購入をする場合、和装なのか洋装なのか、素材や生地によって値段はさまざまです。正絹の衣装であれば、300,000円以上することもあります。インターネットで小物がついたセットで10,000円台で販売しているところもあります。値段の相場としては、10,000~100,000円のようです。

購入する場合のメリットとして、七五三という記念すべきイベントに、新品の衣装を用意してあげられるという点があります。また、多くのデザインから好みのものを選ぶことが可能です。また、七五三以外でもお正月や入園式・卒園式・誕生日などに活用することもできます。七五三が終わったあとも、思い出として手元に残しておくことができます。

デメリットとしては、やはり値段が高くなってしまうことです。また、特に和装の場合はお手入れに手間がかかったり、保管スペースが必要になったりする点があります。

また着物の場合、両親が子どものときに着ていたものを、子どもに着せることもあります。「祝いまわし」といい、子孫繁栄を繋いでいく意味をもつ地域もあるようです。

貸衣装店やフォトスタジオでレンタル

購入をしなかったり、両親が着たものがない場合でも、衣装をレンタルすることができます。貸衣装店で衣装だけをレンタルすることもできますし、写真撮影をするフォトスタジオで衣装をレンタルできるプランがあるお店もあります。インターネットでも、たくさんの衣装レンタルショップがあります。現在は、フォトスタジオで衣装をレンタルできるプランを選ぶ人が多くなっています。

レンタルのメリットは、購入に比べて値段がリーズナブルということです。また、小物類も一緒にレンタルすることができるので、準備がとても楽になります。お手入れなども不要で、保管場所も必要ありません。ヘアセットや着付け、写真撮影も1か所で済ますことも可能です。

デメリットとしては、予約していた日の天気が悪かったり、子どもの体調が悪かったりして、神社へお参りする日を変更したいと思っても、日にちを変更できない点です。また、ふとしたことで子どもが衣装を汚してしまう心配もあります。人気のあるデザインのものは、早めに予約をしないと希望日にレンタルできない可能性もあります。

御祈祷料はどれくらい?渡し方は?

御祈祷料の相場はどれくらい?

ご祈祷の際に渡す御祈祷料を「初穂料(はつほりょう)」といいます。地域や神社によっては、「玉串料(たまぐしりょう)」というところもあります。初穂とは、その年に収穫されたお米のことをいいます。もともと、お米や作物を初穂としてご祈祷の謝礼として納めていました。徐々に初穂の代わりにお金が謝礼として納められるようになっていったようです。

七五三の場合、5,000~10,000円が初穂料の相場といわれています。基本的には神様への感謝を示すものなので、金額はお気持ち次第で問題ありません。神社によっては、あらかじめ金額が決められているところもあり、5,000円からと明記している神社が多いようです。金額が決められている場合は、神社の指示に従うようにしましょう。

納める初穂料によって、ご祈祷が終わった後に頂く、授与物の内容が異なる神社もあります。

初穂料の金額について、お参りをする予定の神社のHPで確認してみましょう。また、予約や問い合わせをするときに、金額を教えてくれるところもあるので、聞いてみるのもよいでしょう。

のし袋の書き方と渡し方

初穂料は、のし袋に入れて渡します。のし袋には外袋と中袋があります。

外袋の表書きの書き方です。水引きの上段に「初穂料」または「御初穂料」と書きます。お寺にお参りする場合は、「御祈祷料」や「御布施」となります。水引きの下段には、ご祈祷を受ける子どもの名前をフルネームで書きます。兄弟や姉妹で同時にご祈祷を受けるときは、連名で名前を書きます。年齢が上の子どもの名前が右側にくるようにします。一番上の子どもはフルネームで、二番目からは下の名前だけを書きます。

中袋の書き方です。表の真ん中あたりに初穂料として包んだ金額を「金 〇〇円」と書きます。金額は書き足すことで金額が変わらないように大字(だいじ)を使用します。大字とは、壱(一)・弐(二)・参(三)などをいいます。裏の左下あたりに、お住まいの住所と子どもの名前を書きます。

神社の社務所にてご祈祷の受付を行います。申込用紙などに記入をしますが、その用紙を渡すときにのし袋もあわせて渡します。のし袋はそのまま持っていくのではなく、ふくさに入れて持っていくようにしましょう。

七五三前日までと当日の準備チェックリスト

前日までに準備しておくこと

直前になって慌てなくてよいように、事前に少しずつ準備をすすめるとスムーズです。

2カ月前ころから
・衣装を和装にするか洋装にするか
・レンタルにするか購入にするか(レンタルにする場合はどこで借りるか決めて予約をする)
・写真撮影はどうするか(いつ・どこで撮影をするか、日にちを決めて予約をする)
・お参りをする神社へ予約
などを行います。

1カ月前ころには
・和装の場合のバッグや草履などの小物の準備
・衣装の試着(足袋や草履を履く場合、慣らしておくとよいでしょう)
・お食事会をするお店への予約
などを済ませます。

前日には
・カメラやビデオカメラの準備(当日バッテリーがなくて慌てないようにしましょう)
・神社までの交通手段や駐車場の確認(特に駐車場は満車になる可能性が高いです。近隣の駐車場も調べておくとよいでしょう)
・初穂料の準備(のし袋の記入を忘れずに行いましょう)
・着替えの服、履きなれた靴(念のため用意しておくと安心できます)
を準備します。

少しずつでよいので、できることから準備をしていくと、焦らずに七五三の当日を迎えることができますね。

当日の持ち物チェックリスト

七五三のお参り当日に忘れずに持っていくもの・持っていくと便利なものをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

<忘れずに持っていくもの>
・初穂料を入れたのし袋
・カメラやビデオカメラ

<持っていくと便利なもの>
・着替えの洋服、履きなれた靴
・ストロー(飲みこぼしを防ぐことができます)
・軽食(一口で食べることのできる、パンや飴・グミなどなら衣装を汚す心配もありません)
・洗濯ばさみ(トイレや手洗いのときに、袴や着物の裾を挟むことができます)
・ヘアピン、ヘアスプレー(ヘアセットが乱れてしまったときに、素早く直すことができます)
・大きめのストール(肌寒いとき、ひざ掛けにしたり羽織ったりすることができます)
・ハンドタオル(帯が下がってきたとき、帯と胴の間にたたんで挟むと緩みが軽減されます)
・エコバッグ(授与品を持って帰るときに使えます)

上記にあげたグッズは一例ですが、持っているとちょっとしたときに便利です。当日、家を出てから忘れ物に気づかないように、あらかじめチェックリストを作っておくとよいかもしれませんね。

お参りのマナーとお参り方法を知っておこう

神社と寺院はお参り方法が違う

七五三のお参りは、基本的には神社で行います。子どもの成長を氏神様にご報告に伺うという意味があります。なので、神様がいらっしゃる神社へお参りに行くということになります。

ただし、神社ではなく寺院で七五三のお参りを行うこともあります。仏教では、仏様やご先祖様が子どもを守るといわれています。子どもの成長を感謝するという意味で、寺院へお参りに行くということになります。

また、宗教によっては神様をお参りしないこともあります。宗教上の理由で神社ではなく、寺院へお参りに行くこともあります。

神社・寺院のどちらが正しいという正解はありません。どこに感謝や報告をしたいのかによって、どちらにするか選べばよいでしょう。

神社のお参り方法を知ろう

神社へお参りするときの流れです。

参道の真ん中は神様の通り道ですので、端を歩くようにします。鳥居の前で立ち止まります。そこで一礼をします。

次に、手水舎(ちょうずや)で手と口を清めます。右手で柄杓を持ち、左手に水をかけます。柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかけます。また右手に柄杓を持ち、左手で水を受けて口をすすぎます。最後に柄杓に残った水で柄杓の柄を洗います。

本殿に到着したら、お賽銭を入れます。「二礼・二拍手・一礼」でお参りをします。神社によっては、「二礼・四拍手・一礼」など異なるところもあります。お参り前に確認をしておくとよいかもしれません。

ご祈祷をするときは、手水舎の後、社務所を訪れ、ご祈祷の受付を行います。

寺院のお参り方法を知ろう

寺院へお参りするときの流れです。

まず、山門前で一礼もしくは合掌をします。山門の敷居は踏まないように注意します。

次に、神社と同じように手水舎で手と口を清めます。寺院によっては手水舎がない場合もあるようです。

本堂の前に香炉があるときは、お線香を炊き、煙を体にあてて清めます。お線香には「身を清める」という意味があります。他人がつけたろうそくの火は、その人の業をもらってしまうといわれているため、使わないように注意しましょう。

灯明する場所があれば、ろうそくを捧げます。

本堂でお賽銭を入れます。賽銭箱の前に鐘が吊るされている場合は、お参り前に鳴らします。神社と異なり、静かに手を合わせ合掌をします。数珠があるとよいかもしれません。

撮影は前撮りと当日どちらがよい?

前撮りのメリットとデメリット

写真撮影をお参り日より前にするときのメリットとしては、まず早めの時期に撮影をすることで、お店によっては七五三シーズンのときよりも料金も安く、特典もたくさんついてくることです。

そして撮影だけをするので、子どもが疲れることも少なく、機嫌もよい状態を保つことができます。また衣装もゆっくり選ぶことができますし、落ち着いて撮影をすることができます。

万が一子どもの体調が悪くなったとしても、撮影の日程を変更することも可能です。また、お参り当日とは違う衣装を着ることもできます。

もちろんデメリットもあります。料金も安く特典が多いからとあまりにも早すぎる日に撮影をすると、写真の子どもが少し幼い感じになってしまいます。子どもの成長は早く、特に表情は短期間で大きく変わります。もし年賀状などで写真を使用しようと思っているときは、特に注意が必要となります。

また衣装を撮影日とお参り日と2回準備する必要があり、手間がかかってしまうという部分もあります。前撮りについてのメリットとデメリットを把握して、検討してみてください。

当日撮影のメリットとデメリット

お参り日と写真撮影を同じ日に行うときの1番のメリットは、1日ですべてを終えることができるという部分です。

衣装の準備や着付けも1度で済みますし、パパ・ママが共働きなどの場合や、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒にお祝いをしようと考えている場合は、スケジュールの調整も、前撮りだと撮影日とお参り日の2日必要ですが、当日撮影なら1日ですみます。

また、気候もよい時期なので、特に和装の場合は子どもも楽に過ごせるようです。

デメリットとしては、まず子どもが疲れてしまうことが多いということです。特に和装の場合は着慣れていないこともあり、子どもが途中で機嫌を損ねてしまったという話をよく耳にします。

また、七五三シーズンのため、フォトスタジオも予約で混雑しています。撮影の時間が予定の時間より遅くなることもあります。そのため、撮影後にお食事会を予定している場合など、お食事会の予約時間に間に合うか心配で落ち着かないということもあるようです。

そして、撮影の料金も高くなったり、特典もあまりつかないというお店もあるようです。

まとめ

七五三はこれまでの子どもの成長を祝い、感謝をするイベントになります。

風習を大切にする地域などによって、お祝いの方法もさまざまです。どれが正しい・間違っているということはありません。自分のところではどういうお祝いをするのか、両親や友人などに聞いてみたり、インターネットを上手に利用して調べて、事前にしっかり準備をすすめましょう。

また素敵な七五三のお祝いができるように、お参り方法などを覚えておくとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018