就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後8カ月の赤ちゃんが寝ぐずる理由は?寝ぐずりへの対処法と対策

生後8カ月の赤ちゃんが寝ぐずる理由は?寝ぐずりへの対処法と対策

生後8カ月の育児をしているママのなかには、「寝かしつけのときに赤ちゃんが毎日ぐずって大変」と悩んでいる方もいるでしょう。赤ちゃんによっては何時間もぐずる子もいるため、ママは睡眠不足になり辛いですよね。ここでは、寝る前に赤ちゃんが泣く原因やママの対応法などをご紹介します。

生後8カ月頃の赤ちゃんの寝ぐずりとは

不快感や不安感など原因は様々

生後8カ月頃の赤ちゃんは自我が少しずつ出てくる時期で、嫌なことがあると「ギャー」と叫んだり、ママのことを後追いしたりなど、様々な行動で意思表示をするようになります。自我が出てくると嬉しい、楽しいなどの感情以外にも、ママがいなくて不安、外が暗くなると怖いなど、不安を感じて泣くことも増えていきますよ。

赤ちゃんも大人と同じように不快感や不安感があると、眠たいと思っていても眠ることができません。どうして赤ちゃんがぐずっているのかを、赤ちゃんの様子を見て確認してみましょう。

たとえば、お腹が空いている、おむつが汚れている、抱っこしてほしいなど、赤ちゃんのしてほしいことを泣きかたによっても汲み取ることができるので耳を傾けてみてくださいね。

身体機能の発達が寝ぐずりの原因になる

赤ちゃんは、日々少しずつ成長しています。身体機能の発達が寝る前にぐずる原因になっていることもありますよ。生後1、2カ月頃は、ママのお腹のなかから外の世界に出てきた不安からなのか、とくに理由がなくても赤ちゃんが泣くことがあります。

生後3カ月頃になると視覚が発達してくるため日中にお出かけをしたり、たくさんの人に会ったりなど、刺激をたくさん受けると寝かしつけのときに泣く赤ちゃんが多いですよ。

生後6~8カ月頃には様々な身体機能の発達や、歯が生え始める違和感から、落ち着きがなくぐずることがあります。また、寝そうになったときに赤ちゃんが動いて寝返りをしてしまうと目が覚めてしまい、泣き出す子もいるでしょう。

昼寝の回数が変わり夜寝つけないことも

新生児の頃は寝ている時間が多い赤ちゃんですが、成長とともに起きている時間が少しずつ増えていきます。昼寝の回数も赤ちゃんの成長によって減っていきますが、回数や時間は赤ちゃんによって個人差があるため「どのくらい昼寝をさせるとよいのだろう」と悩むママは多いのではないでしょうか。

生後7カ月頃までは朝寝、昼寝、夕寝と、日中に3回寝ている赤ちゃんが多いです。生後8~9カ月頃に成長すると日中に寝る回数が2回に減る赤ちゃんが多く、どのタイミングで赤ちゃんを寝かせるとよいのか分からなくなりますよね。また、赤ちゃんも日中の睡眠が減ったことにより、疲れが溜まってしまうことがあります。

疲れ過ぎると夜にスムーズに寝られないので、泣いてしまうのでしょう。

赤ちゃんが寝ぐずりしたときの対処法とは

室温やおむつを確認して快適な状態に

大人でも寝る部屋が暑かったり寒かったりすると、眠たくてもなかなか寝ることができませんよね。赤ちゃんは様々なことに敏感なため室温を常に快適な状態にできるよう、室温計などでチェックしましょう。

また、湿度が高くジメジメしているときも、赤ちゃんは心地よく眠ることが難しいです。温度や湿度の確認、エアコンの風が直接当たっていないかなど、赤ちゃんが眠りやすい環境を作ることが大切ですね。

ほかにも、おむつが汚れていると赤ちゃんの眠りの妨げになってしまいます。寝かしつけの前におむつ交換することを、習慣づけておくと忘れずに済みますよ。寝かしつけの前に交換したときでも、ぐずってなかなか眠らないときはおむつを確認しましょう。

赤ちゃんが安心できるように添い寝を

赤ちゃんはママに抱っこされるのが大好きですが、寝かしつけのときに長時間抱っこをするのは大変ですよね。添い寝をすると赤ちゃんと密着できるため、赤ちゃんは安心して眠りやすくなりますよ。

添い寝をしたときは、赤ちゃんがさらにリラックスできるように背中をトントンしたり、「ゆっくり寝ようね」「お布団気持ちがよいね」などと頭をなでながらお話したりすると、不安だった赤ちゃんの心が落ち着き少しずつ眠たくなるでしょう。ママがリラックスした状態で赤ちゃんとふれあうことで、赤ちゃんも心地よく眠れそうですね。

おっぱいを与えている方は、添い乳をして赤ちゃんを寝かしつけるのもよいでしょう。おっぱいを飲むと赤ちゃんはお腹だけでなく、心が満たされるので眠りにつきやすいですよ。

原因が分からないときは優しく抱っこしよう

室内が暑くて眠れない、お腹が空いている、おむつが汚れているなど、赤ちゃんが眠れない原因が分かるときであれば対応しやすいですが、原因が分からないときも多いのではないでしょうか。泣いている原因が分からないとどう対応すればよいか分からず、「どうすればいいの」とママは不安になりますよね。

どうして泣いているのかが分からないときは、赤ちゃんを優しく抱っこしましょう。抱っこをしてもしばらくは大泣きしたままだったり、ぐずぐずしたりするときもありますが、根気よく抱っこし続けると赤ちゃんの心が落ち着いて泣き止むことが多いですよ。

長時間の抱っこはママも疲れてしまうので、抱っこ紐を使用する、パパと抱っこを交代するなど、頑張り過ぎないようにしてくださいね。

生後8カ月頃の赤ちゃんへの寝ぐずり対策

赤ちゃんの1日の生活リズムを見直そう

赤ちゃんが寝る前に泣くことは、普通のことかもしれません。しかし、毎日眠るまでに何時間も泣かれると、ママもストレスが溜まり「早く寝てよ」とイライラしてしまうでしょう。

赤ちゃんがすぐに眠りにつかない日が多い場合は、1日の過ごし方を見直すとよいですよ。振り返ることで寝つかない原因を発見できる可能性があります。

先輩ママの話では、寝る前に何時間も赤ちゃんが泣く日が多いので、1日を振り返ってみたそうです。すると、スムーズに寝ない日は公園などにお散歩に行っていなかったり、朝起きるのが遅かったりしていることに気がついたと言います。それからは毎日早起きをしてお散歩に行くようにすると、寝る前にぐずることが減ったそうですよ。

昼寝の時間に注意!寝すぎないように

赤ちゃんは毎日昼寝をしますが、昼寝のときに赤ちゃんがぐっすり寝ているからといって長時間寝かせたままでいませんか?昼寝の時間が長すぎると、夜に寝かせようとしてもなかなか寝てくれないことが多いですよ。

また、昼寝をする時間にも注意が必要です。毎日決まった時間に昼寝をする赤ちゃんならよいですが、お出かけをしているときや友だちがお家に遊びにきているときなどは、興奮して昼寝の時間になっても寝ないことがありますよね。昼寝をしないまま日中を過ごし、夕方に疲れて寝てしまう赤ちゃんもいるでしょう。

夕方に寝ると、夜の寝かしつけの時間になっても頭が冴えているため赤ちゃんが活発に行動してしまいます。昼寝の時間も気をつけてくださいね。

寝るまでの一定の流れ「入眠儀式」を作ろう

パパやママのなかには、「寝る前には毎日ストレッチをしている」「本を読んでから寝る」など、寝る前に決まった習慣がある方も多いのではないでしょうか。寝る前にする一定の流れのことを入眠儀式といいますが、赤ちゃんにも入眠儀式を習慣づけると寝かしつけがスムーズになりやすいですよ。

寝る前にする行動は、赤ちゃんの心を落ち着かせられるものがよいでしょう。たとえば、ゆったりした優しい音楽を流す、優しい物語の絵本を読み聞かせる、赤ちゃんと一緒に布団の上でゴロゴロして体を少し動かす、スキンシップをとるなど、寝る前にできることは色々ありますよね。

毎日違ったことをすると赤ちゃんが興奮する可能性があるので、寝る前にどのように過ごすかを夫婦で話し合ってみましょう。

まとめ

生後8カ月頃は赤ちゃんに様々な成長を感じられる時期ですが、スムーズに眠らずに泣く赤ちゃんも多くママは対応に悩むでしょう。毎日泣かれるとママも寝不足になるので、疲れからイライラして赤ちゃんに接してしまうこともあるかもしれませんね。

ママの気持ちは赤ちゃんに伝染し、赤ちゃんが余計にぐずる可能性があります。赤ちゃんがリラックスして眠りに入れるように、日中の過ごし方や昼寝の長さなどを見直し、改善してみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj