就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

結婚5年目で夫婦生活が激減した!レス気味な夫婦が意識したいこと

結婚5年目で夫婦生活が激減した!レス気味な夫婦が意識したいこと

祖父母の協力を得て夫婦でデートを楽しもう

「子どもが生まれてからはパパとデートをしていない」「いつも子どもと一緒なので、パパとなかなか2人きりになれない」という方もいるでしょう。子どもがいるとパパとママとしてお互いに接してしまうため、たまには子どもを祖父母にお願いして夫婦でデートを楽しんでみましょう。

デートをすると恋人同士に戻ったように、お互いを異性とし自然と意識できますよね。デートを思いっきり楽しみお互いの愛を確かめ合えると、気持ちが盛り上がってよいムードをつくれますよ。

デート中は手をつないだりパパに素直に甘えたりなど、ママとしての自分を忘れて楽しめるとよいですね。子どもも祖父母との時間を楽しんでいるはずなので、パパとママも罪悪感を持たずに充実した時間を過ごすことが大切でしょう。

夫婦生活は夜という固定概念を捨てる

「夫婦生活は夜にするもの」という固定概念を持っていませんか?夫婦2人のときは夜も自由な時間がたくさんありましたが、子どもが生まれると夜は疲れ切って寝てしまう日も多いですよね。

「夜は疲れているから子どもと一緒に寝たい」「子どもを寝かしつけてから夫婦生活をする元気が無い」という方は、早朝や子どもがいない日中などに夫婦生活をおこないましょう。子どもが起きるまでの早朝なら子どもに見られる心配が少ないですし、睡眠を取った後なので夫婦生活にも前向きに取り組めるのでしょう。

また、子どもがいない日中も夫婦2人きりの時間を楽しむチャンスですよね。時間にこだわっているとなかなかチャンスが訪れないかもしれないので、固定概念は捨てて夫婦の時間を楽しんでくださいね。

まとめ

夫婦生活が5年目になるとお互いに一緒に過ごすのが当たり前になって、結婚当初のように異性として意識できなくなっている方もいるでしょう。また、子どもが生まれてからは親として生活するときのほうが多くなり、余計にセックスレスに陥る夫婦もたくさんいます。

セックスレスを解消するためには、お互いに相手を異性として意識し生活することが大切です。自分磨きを忘れず夫婦で愛情表現をこまめにできていると、いつまでも仲良し夫婦で過ごせますよ。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND