就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

株の投資期間はどのくらい?初心者ママでもできるトレード方法を紹介

株の投資期間はどのくらい?初心者ママでもできるトレード方法を紹介

銀行の超低金利時代、株を始めて資金を増やしたいと考えるママが増えています。とはいえ「株ってなんだか難しそう」と思って、なかなか一歩を踏みだせないママもいるのではないでしょうか。ここでは初心者にも分かりやすく、トレード方法やそれぞれのメリットやデメリットを紹介したいと思います。

株の投資期間は短期から長期まで様々

短期で稼ぐデイトレード

デイトレードは、1日で終わる取引です。中長期の投資に比べて取引回数は多くなります。また、1回の取引の値幅が少ないので、得られる利益も少なめです。いい換えると、小さな取引を何度も繰り返すことで、利益を積み重ねていくトレード方法ともいえます。

1日の値動きを注意深く見守る必要があるので、常に相場を見られる人が有利です。見る情報の量が多いほど、判断材料が増えるためです。

デイトレードをはじめるには、100万円ほどの資金を準備するのが理想です。証券会社は「最低証拠金額」を30万円に設定しているところが多いですが、30万円では足りません。100万円を用意できなければ、貯金してからはじめることをおすすめします。

中期的に銘柄を入れ替えるスイングトレード

スイングトレードは、数日から数カ月の間で売買を終わらせる手法です。短期間で完結させるので、ファンダメンタル分析(企業の成長性や業績に注目する)より、テクニカル分析(過去の値動きやチャートを参考にする)を重視するスタイルです。なぜなら企業の成長性は、短期間では判断できないことが多いからです。

こまめに株価をチェックしなくてもよいので取引回数もそこまで多くなく、売買手数料も少ないのがメリットです。

とはいえ「日々のチャート分析はしっかりやる」「直感では取引しない」「相場観を身につける」などの努力は必要です。最初のうちは日経平均株価の1週間後の値動きを予想してみましょう。当たっても外れても、原因と結果を考えて考察する力が身につくようですよ。

長ければ生涯持ち続ける長期トレード

長期型の投資は最低でも1カ月弱、長いと1年以上同じ銘柄を保有する手法です。なかには生涯同じ銘柄を保有し続ける人もいるほどです。

逆にいうと、一度銘柄を買ったあとは放置する感じでできるので、相場をチェックする頻度は少ないのが魅力です。短期投資はギャンブル的な要素もあり、安定性は低いかもしれませんね。ですが長期投資はよい銘柄を選びさえすれば、高い確率で勝つことができるといわれています。

いまは株=銘柄の選び方についていろんな本も出ていますし、初心者でもよい銘柄を見つけるハードルは低くなっています。信用取引は行わない、損切ラインをしっかり見極める、などの注意点を守っていけば、十分に利益が見込めるのが長期投資の魅力です。

ママもデイトレードで稼ぐことができる?

デイトレードのメリットは資金効率がよい

デイトレードのメリットは、資金効率がよい=リスクを回避しやすいことです。手持ちの資金が少なくても、小さく売買を回すことができるので、小回りがききます。コツコツと積み重ねて利益を増やしていける手法です。

例えば、株式市場が閉まる15時以降の取引はしないので、次の日に暴落して大損することがありません。その日のうちに損得=結果がわかるので、早いサイクルで取引を回せますし、改善もすばやくできます。その日の失敗も成功も、次の日につなげることができるのもメリットです。

デイトレードは始めは少ない資金で始めることができます。勉強し、改善し、着実に資金を増やしていけば、数年後に数百万〜数千万の利益を得ることができるかもしれませんね。

幼稚園や保育園の時間を使って取引できる

デイトレードは、小さなお子さんがいる主婦の方も取り組みやすい手法です。幼稚園や保育園の時間を使って、デイトレード取引をするママも少なくありません。

デイトレードという手法では、パソコンの前にいて、いつでもすぐに注文ができる人が有利です。その意味では、家に1人ではりついて取引ができる主婦は、とても向いているのです。

「午前中だけ」と決めるのもよいやり方です。その場合、もし午前中でうまくいかなくても「午後にとりかえそう」と思わないことです。勝っても負けても午前中でやめる。デイトレードは毎日チャンスが有るのがメリットです。

幼稚園や所育園の時間を超えてトレードし続けないようにルールを決めることも、とても大切です。

子どもの相手をしながらの片手間では難しい

株のデイトレードは決済までの時間が短く、株価の動きを見て瞬時に判断することが必要です。ゆっくり売買している余裕はありません。相場や値動きを注意深く観察することが必要なので、それができないと圧倒的に不利だといわれています。

育児中には子どもの急な発熱や、子どもの「かまって~」「水こぼしちゃった!」などハプニングの連続で思うように時間がとれないこともありますよね。子どもの相手をしている間に利益獲得の瞬間を逃してしまい、損をする可能性もあるのです。

子どもと一緒の時間にパソコンにしがみついてリスクの高いデイトレードをやるより、子どもが幼稚園や保育園にいる1人の時間にやるほうが子どものためにもよいのではないでしょうか。

忙しい初心者ママは長期トレードがおすすめ

長期投資は配当金で資産形成ができる

デイトレードとは対象的なのが長期投資です。長期投資は自分が買った株=企業の配当金で資産を築くことができます。

配当金で資産形成する場合は、銘柄選びを間違わなければ一度買えば放っておいても配当収入が得られるでしょう。配当を多くもらえる銘柄を選ぶには、配当利回りがポイントになります。

東証1部の配当利回りの平均は現在約2%ですので、配当利回りが2%以上であれば高配当株といえます。

企業の成長とともに配当金も増えていくケースがあるので、企業の成長性も重要なポイントです。例えば、ジョンソン&ジョンソンの配当金は10年間で2倍以上になっています。このようなよい企業を見つけるために、配当金での資産形成ができるように企業や経済を勉強することも大切です。

子どもも喜ぶ株主優待もたくさん!

株を買うと、その企業の商品をお得に利用できたり、サービスしてもらえたりするのが株主優待です。子どものために株で資産形成する方も多いですが、それならば子どもが喜ぶ株主優待に注目するのもよいかもしれません。

例えば「エイチ・アイ・エス」はハウステンボスの入場料割引、「サンリオ」は店舗優待券、「タカラトミー」は商品購入割引、「オリエンタルランド」は1デーパスポートなどがゲットできます。

「タカラトミー」であれば、トミカやリカちゃん人形がオトクな割引価格で買えます。具体的には、100株保有すると、株主限定トミカ2台セットがもらえ、さらに1年未満保有でタカラトミーモール10%割引、1年以上保有で30%割引、3年以上保有で40%の割引が受けられます。

株価を毎日気にしなくても大丈夫

デイトレードや中期投資は株価を毎日、あるいは毎時間、気にしなくてはいけないトレード方法です。でも、長期投資は、基本的には「ほったらかし」でOKなのです。

長期投資は短期投資に比べて収益の振れ幅が小さいため、安定的に収益を得られます。例えば東証1部の全体の投資収益の振れ幅は、1年投資の場合は最高72.1%、最低24.8%なので47.3%の開きがあります。しかし30年保有の場合は最高12.8%、最低6.8%で開きは6%です。

銘柄選びさえしっかりすれば日々変動するの株価を気にせず、自分の時間を使うことができます。安定した精神状態で投資を続けられるのが長期投資です。これはとても大きなメリットですよね。

まとめ

ご紹介してきたように、株式投資には短期や長期などいくつかの種類があります。保有期間、取引の仕方、利益の得方も様々です。

株式投資は決して簡単なものではなく、損をする可能性だって大いにあるということを忘れないようにしましょう。「楽して儲ける!」などのあおり文句に惑わされず、謙虚に取り組む姿勢と努力も必要です。

それぞれのメリットとデメリットをよく知ったうえで、自分のライフスタイルにあった投資方法を選んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018