就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おむつが手放せない子どもとのプール。本当に入っていいの?

おむつが手放せない子どもとのプール。本当に入っていいの?

夏が大好きなママ、パパ。子どもとプールで遊ぶのを楽しみにしているかもしれませんね。しかし、気になるのは、まだおむつが手放せない子どもとのプールです。プールに入っていいのか?ダメなのか?プールに入るときのルールや対処法をまとめました。

水遊び用おむつならプールに入れるの?

プール内のエリアごとに年齢制限

プールといってもさまざまなタイプのプールがありますよね。流れるプール、波のあるプール、アスレチックのようなプールなどとてもバラエティ豊かです。

おむつがはずれていない月齢の子どもを連れて行く場合には、プール内のエリアごとに年齢制限が設けられてある場所を選ぶとよいでしょう。大人が楽しむことのできるような深さのプールですと、安全面でも不安があります。

年齢制限があるということはおむつの心配だけでなく安全面でも考慮した作りということですので、安心して遊ばせてあげることができますね。年齢の低い子どもが遊ぶエリアだと、こまめな掃除や水質チェックをおこなう場合もありますので、衛生面でも安心できますね。

水遊び用おむつ着用ならOKの場合も

プール施設によっては、おむつが完全にはずれていないと入場不可の場合もありますし、水遊び用のおむつを着用すれば入場OKの場合もあります。ただ、水遊び用おむつ着用ならOKのプールであっても、水遊び用おむつ1枚着用するだけなのか、その上に水着の着用が必要なのか、施設によって違うことがあります。

プールに着いてから水遊び用おむつだけではダメだった、となると子どもを悲しませることにもなりかねませんので、あらかじめしっかりとチェックをしておきましょう。

水遊び用おむつも、途中で破れたり脱げてしまったりすることもありますので予備として数枚持参しておくと安心ですね。さまざまなケースを想定して入念な準備をおこないましょう。

衛生的に気にする方もいるのが現実

水遊び用おむつを着用すれば利用可能なプールであった場合でも、ほかのお客さんも大勢いるということを忘れないようにしなくてはいけません。年齢層や性別によっても考え方はさまざまで、おむつが取れていない子どもがプールを利用することに対してあまりよい印象を持っていない人がいるのも現実です。

一番気になるのはやはり衛生面です。水遊び用のおむつを着用していたとしても、おしっこやうんちを完全に防ぐことは可能なのか?という点が一番気になるのではないでしょうか。

パパ、ママ側の意見としては可愛い我が子の汚物はまったく気にならないということもあるかもしれません。しかし、例えば見ず知らずの子どもの汚物だったらそうはいきませんよね。

周囲の人への配慮も重要です。

水遊び用おむつと普通のおむつとの違い

水を吸っても重くならない

普段着用しているおむつは、おしっこをグングン吸収してくれます。これは、就寝前に着用したおむつで朝まで快適に過ごせるくらいの吸収力があるためです。

しかし、水分の吸収力が高いぶん、水分を吸えば吸うほどおむつはパンパンになり、ずっしりとした重みを感じるようになります。試しに通常のおむつで水遊びをしてみてください、子どものお尻からずり落ちるほど水を吸収しているのが分かると思います。

水遊び用おむつは、水分はほとんど吸収しませんので、重みを感じることはありません。逆にいえばおしっこを防ぐ構造ではないということになります。

プールに入っている間におしっこをしていてもわからず、外に流れ出てしまっているというわけです。

うんちが出てもカバー 

水遊び用のおむつはおしっこを吸収する構造ではありませんが、うんちをカバーすることは可能です。トイレトレーニングをしていない年齢の子どもの場合、時と場所を把握しながらうんちをすることは難しいです。

プールで遊んでいるときにもうんちをしてしまう可能性は十分にありますが、水遊び用おむつをしていれば外に漏れることはまずないので安心できます。ただ、一つ注意していただきたいのはうんちがゆるいときです。

うんちがゆるいときにあえてプールに入ることは少ないとは思いますが、プールに入ったことで体が冷えてうんちがゆるくなることもありますので水遊び用おむつだから大丈夫と過信しないでこまめにチェックしてあげることも大切です。

薄手で水着の下に着用できる

水遊び用おむつはおしっこやプールの水を吸収しませんので、長時間水遊びをしていても膨れ上がることはありません。おむつ自体も普段使用しているものと厚みも同じ程度です。ただ、防水性があるためか外側の手触りが若干ゴワゴワしています。お肌にあたる部分は柔らかい素材でできていますので違和感なく着用することができます。

水遊び用おむつには可愛いデザインのものがほとんどで、いかにも「おむつをしています」という印象は少ないかと思います。しかし、利用する施設によっては水遊び用おむつ1枚では入場禁止、水遊び用おむつ+水着の着用であればOKの場合もあります。水遊び用おむつは薄手ですので、上に水着を着ても不自然な感じはありませんから安心してくださいね。

迷惑をかけたら…心配な場合は?

まずは自宅のプールから

水遊び用おむつを着用すれば大丈夫だとは分かっていても、やはり慣れないうちはドキドキするものです。周りの人に迷惑をかけたらどうしよう、嫌な思いをして子どもがプール嫌いになってしまうかもと不安に思うママも多いかもしれません。

そんなときには、自宅でのプール遊びからチャレンジしてみましょう。自宅でしたら水遊び用おむつがどんなものなのかも分かりやすいですよね。また、大勢人がいるプールよりも安全ですし、子どものペースに合わせて遊ぶ時間や水の深さなども調整することができます。

お友達を呼んでおもちゃやボールを使って遊べば、さらに盛り上がりますので存分に楽しむことができそうですね。ただ、夢中になりすぎて体が冷えてしまわないようにだけ注意が必要です。

木陰があるかも 公園の水遊び場を活用

自宅プールでの水遊びに慣れてきたら、公園の水遊び場もオススメです。公園によっても異なりますが、早ければGWくらいから夏が終わるころまで水遊び場が解放されています。

遊び場の水までしっかりと消毒されており、こまめな清掃が行われている公園もあります。ほかにも着替えスペースが併設されていたり、パパママ向けの休憩エリアや木陰が近くに用意されていたりすることもあります。

公園であれば、プールよりかは気軽に利用できますし、遊びに来ている子どもも、比較的年齢層の低い子どもが多くなりますので、安心して遊ばせることができるのではないでしょうか。プールとは異なり料金もかかりませんし、お弁当やおやつを持参して過ごすのも楽しいですね。

自宅のお風呂で水遊び

プールや公園での水遊びをするとなると水着、おむつ、着替えととにかく大荷物で出掛けなくてはいけませんよね。到着するまでに時間がかかりますし、いざ到着したらぐずってしまい遊べなかった…なんてこともあるかもしれません。

とにかく時間も手間もかけずに子どもに水遊びをさせてあげたい。そんなときには、自宅のお風呂で水遊びをさせてあげましょう。自宅のお風呂であれば水遊び用おむつの必要もありませんし、万が一うんちやおしっこをしてしまってもすぐに掃除をすればいいだけです。

水遊びが終わる直前に髪や体を洗ってしまえば夜にお風呂に入る手間もなくなりますし、たっぷりと遊ばせてその後にお昼寝モードになれば万々歳です。

まとめ

おむつが手放せていない月齢の子どもの場合、プール遊びや水遊びをするときには周囲の人への配慮や工夫が必要です。水遊び用おむつを着用していればプールに入ることは可能なのか、おむつ以外にも水着を着る必要はあるのかなど利用する施設の下調べを入念にしておくと安心ですね。

また、周囲へ気をつかいすぎて、子どもやパパママが水遊びを楽しめないとなると本末転倒です。プール施設に行くことだけにこだわるのではなく、気兼ねなく遊べる場所や方法を見つけることも、水遊びを楽しむ秘訣ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018