就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中のママの1日の過ごし方。悩みや無理せず過ごす方法

育児中のママの1日の過ごし方。悩みや無理せず過ごす方法

育児中のママ業は大変!ゆっくり過ごそう

睡眠時間を確保してみよう

赤ちゃんの育児はママが中心でこなすことが多いので、夜中の授乳やおむつ交換、夜泣きなどに対応するのは本当に大変ですよね。まとまった時間寝てくれないとママの睡眠時間が少なくなり、疲れやストレスが溜まってしまいます。

赤ちゃんと1日を楽しく過ごしていくためには、ママの睡眠時間を確保することが大切です。日中は家事など、やることもたくさんあるとは思いますが、なるべく赤ちゃんが寝ている間はママも一緒に寝るようにしましょう。日中眠れなくても一緒に横になるだけで、体の疲れが少しとれて楽になりますよ。

また、パパが休日のときは赤ちゃんをパパに任せて、ママが眠れる時間をつくるのもおすすめです。睡眠はママにとって必要不可欠なものですよ。

家事をさぼっても大丈夫

赤ちゃんのお世話で忙しいママでも、「家事も完ぺきにこなさないとダメ!」と自分を追い込んでいる方もたくさんいるでしょう。赤ちゃんのお世話は24時間体制で、ママはゆっくり休むこともできないので、家事を多少さぼっても何も問題ないですよ。

家事はすべてを完ぺきにやろうとするとママの負担が大きくなるので、優先順位を決めて必ずやらなければならないものからこなしていきましょう。優先順位が低い家事はママが元気なときだけやるようにすると、家事の負担が減るので赤ちゃんとの時間をゆっくり楽しむことができますね。

家事はママだけが負担するのではなく、パパの協力も必要です。パパが家事に参加しやすい環境を作り、一緒に家事や育児をこなしていくと夫婦の絆も深まりますよ。

ときにはリフレッシュが大事

ママになると、1人で過ごす時間がほぼ0になりますよね。赤ちゃんと過ごす時間はかけがえのないものですが、ときにはママが1人でゆっくり過ごす時間も必要な時間です。

「ママだから、ずっと赤ちゃんと一緒にいないと」と無理をせずに、パパや両親など、周りの人に頼ってママがリフレッシュする時間をつくりましょう。気持ちがリフレッシュできると、「毎日育児が大変で辛い」などとマイナス思考になっている方でも、「明日から頑張ろう」と前向きな気持ちになれることも!

ママが笑顔で過ごしていると、赤ちゃんにも楽しい気持ちがしっかり伝わります。赤ちゃんとの時間を穏やかな気持ちで過ごすためにも、たまには1人の時間を過ごして気持ちをリフレッシュさせましょう。

まとめ

子育てを毎日していると、子どもとどんな1日を過ごせばよいのか悩むときがありますよね。子どもとの過ごし方は、子どもの年齢にあわせて過ごし方を少しずつ変えていくとよいでしょう。

「素敵なママになりたい」と無理をしてしまう方も多いですが、無理が続くと体力的にも精神的にも疲れて、子どもと過ごすことが辛くなることも…。笑顔で楽しく育児ができるように頑張りすぎず、ときにはママ1人の時間でリフレッシュすることも大切ですよ。
28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND