就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの動物園デビュー!一緒にお出かけできる時期や注意点

赤ちゃんの動物園デビュー!一緒にお出かけできる時期や注意点

赤ちゃんと一緒に動物園を楽しむコツ

授乳室やおむつ台のある場所をチェック

最近は、授乳室やおむつ台を完備している動物園が多いですよね。赤ちゃん連れの家族にも嬉しいサービスです。しかし広い動物園、いざとなったときにぐずる赤ちゃんを連れて園内の施設を探し回るのは大変です。

動物園に到着したら、まずは園内マップを見ながら授乳室やおむつ台のある場所をチェックしておきましょう。園内を回りながら「ここに授乳室がある」というようになんとなくチェックしておくのもよいですね。

赤ちゃんがぐずったときに設備のある場所がわかっているとスムーズに移動しやすくなります。どうしても見つからない場合は、近くにいる動物園のスタッフに聞いてみましょう。

赤ちゃんと一緒に快適に動物園を楽しんでくださいね。

見たい動物を事前に決め、効率よく楽しむ

動物園の公式サイトを見ると、どんな動物がいるのかチェックできることが多いですよね。事前にどの動物を見たいのか決め、当日は効率よく楽しみましょう。

あまり長い時間園内を回っていると、赤ちゃんが退屈してぐずることもよくあります。赤ちゃんが飽きる前に楽しめるよう、最初から見たい動物を決めて回るのがおすすめですよ。

いつも眺めている絵本で赤ちゃんがお気に入りの動物や、赤ちゃんの目から見てわかりやすい動物がよいですね。動きが攻撃的だったり鳴き声が大きかったりする動物は、赤ちゃんがびっくりして怖がる可能性があるので注意しましょう。

ママやパパが見たい動物もあるかもしれませんが、できるだけ赤ちゃんが楽しめる動物を選びたいですね。

ベビーカーでも回れるのか設備もチェック

動物園へ出かける前に、公式サイトや口コミサイトなどを見てベビーカーでも回れるのか園内の設備チェックをするようにしましょう。

歩道はコンクリートで舗装されベビーカーで移動しやすくても、いざ動物の展示スペースへアクセスしようとすると、階段があったり坂があったりすることも珍しくありません。ベビーカーの場合、数段の階段でも上り下りは辛いですよね。

また、長い上り階段がある場合は、エレベーターが設置されているのかも知っておきたいポイントです。事前に見たい動物を決めるときは、ベビーカーでのアクセスのしやすさも考慮しておくと安心です。

念のため、抱っこ紐も忘れずに携帯しておくと万が一のときにも助かりますよ。

お出かけにあったら便利なアイテム

赤ちゃんを日焼けや寒さから防ぐ帽子

赤ちゃんの頭は柔らかく、皮膚も薄く弱いので帽子などで守る必要があります。

どの季節にも共通するのが、汗かきの赤ちゃんに適した通気性がよく、オーガニックコットンなどの肌に優しい素材を選ぶことです。清潔さを保つためにも、家で洗えるかは重要なポイントです。

紫外線が強くなる4月の終わりから初秋には、つばがついていて、UVカット機能のある帽子がおすすめです。風などで帽子が飛んでしまわないよう、ゴム紐がついたタイプや帽子を止めるクリップを活用しましょう。

夏は麦わら帽子を加えたり、秋から冬は温かいニットの帽子をかぶせてあげましょう。冬は建物の中に入ると急に暑くなったりするので、その都度調節してくださいね。

普段から使用している使い慣れたベビーカー

動物園に行くのに「電車や動物園が混んでいたらベビーカーは迷惑になるのでは」「抱っこ紐で行って貸し出しのベビーカーを利用しようか」「小回りがきく小さい方のベビーカーにした方がよいのでは」などと悩んでしまいますよね。

でも、赤ちゃんにとっては乗り慣れたベビーカーが安心し、落ち着きます。せっかく頑張って抱っこ紐で行っても、借りたベビーカーがイヤで泣き出してしまうかもしれません。

動物園は思ったよりたくさん歩きます。押す側も使い慣れたベビーカーの方が楽ですし、抱っこをしながら荷物を持って歩くより、精神的、体力的に余裕ができます。

もし赤ちゃんが寝てしまっても赤ちゃんを動かさずに済みますので、できれば普段から使用しているベビーカーで行くのがよいでしょう。

動物園には必需品の虫除けスプレー

季節を問わず必ず持って行ってほしいのが、虫除けスプレーです。動物園には緑が多く、動物や動物の糞、餌などに集まってくる様々な虫がいます。

赤ちゃんの肌は敏感で虫に刺されてしまうと、赤く腫れたりかゆみが出たりします。大切な赤ちゃんを虫から守るために、きちんと虫除け対策をしましょう。

今は赤ちゃんにも使える、ハーブやアロマなど天然由来成分で作られているものや、シールで洋服に貼るタイプのものがたくさん出ています。

赤ちゃんに優しいものを選び、こまめにつけてあげましょう。パパに寄って来た虫に赤ちゃんが刺されてしまった、なんてことが無いように、常に赤ちゃんのそばにいるママとパパにもつけることを忘れないでくださいね。

まとめ

動物園に行くメリットを中心にお伝えしましたが、衛生面を心配するママが多いのも現実です。動物園にいる間はこまめに手や顔を拭いてあげたり、家に帰ったら手を綺麗に洗うことを忘れないでくださいね。

持っていたおもちゃがあれば、口に入れても安心なように、拭いたり洗ったりすることが望ましいです。

月齢が上がると好きな動物ができたり、触ることができるようになったりと、ますます楽しめるようになります。公園に併設されている無料のふれあい動物園などを利用して、どんどん動物とふれあう機会を作りましょう。
47 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND