就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

主夫はどんな生活をしている?主夫を選ぶことのメリットとデメリット

主夫はどんな生活をしている?主夫を選ぶことのメリットとデメリット

昔は男性は仕事をして稼ぎ、女性は家を守るものでした。今でもその考え方がまだ残っていますが、最近はバリバリ働く女性も多いです。そして主夫をしている男性も少数ですがいますよね。主夫とはどんな人を指すのか、主夫への関心が高い理由、女性側、男性側それぞれから見た主夫のメリットとデメリットをご紹介します。

主夫について基本的な情報を知ろう

主夫とはどのような人を指す?

主夫とは主婦の男性版です。お金を稼いで生活を立てるよりも、子育てや家事に重きを置いて生活している男性のことを指します。

最近では、起業したり管理職になったりする女性が増えていますよね。女性ならではの感覚や気配りが社会で活用されている傾向もあります。

また、男性も育児に関心があったり料理などの家事に抵抗がなく、むしろ得意だったりする人が増えているようです。イクメンや家事男子という言葉を聞きますよね。

家族を養える給料があり仕事が忙しい妻は、家事や育児にまで手が回らないこともありますし、キャリアや生きがいから仕事を優先したい人もいるでしょう。もし夫が、そんな妻に代わり仕事をセーブしてメインで家事や育児を行っていれば、その人は主夫といえるのです。

主夫を英語でいうと?いい方は様々

英語で「housewife」は専業主婦を指します。wifeをhusbandに代えると「househusband」で「専業主夫」になります。しかしこれは古い言葉だそうです。

今は「stay-at-home dad」というのが一般的ないい方だそうです。家にいる父親という意味で、子どもがいる家庭に使います。また、結婚していない場合でも使えるそうですよ。

また「homemaker」は、日本の「看護師」などのように男女の区別なく使えます。家事や育児をして家の切り盛りをする人を指し、子どもがいてもいなくても使うことができる便利な言葉です。

イギリスでは主婦や主夫は家事の専門家という意味で、「home engineer」とも呼ばれることがあります。

「専業主夫」と「兼業主夫」が存在する

日本の主婦の家事力は世界的に見て高いといわれます。「専業主夫」にある日突然なろうといってもなれるものではありません。その「主婦」であるママの仕事をまずは理解する必要があります。

掃除、洗濯、料理、買い物、一つ一つとってみれば難しくもなんともない、という男性もいるかもしれません。しかし、子育て中は駄々をこねて泣いたり甘えたり、おとなしくいうことを聞いてはくれない子どもの相手をしながら多くの家事をこなさなければならないのです。

「専業主夫」を希望するパパも、まずは仕事をしながら家事をする「兼業主夫」から始めてみてください。仕事をしながら「兼業主婦」をこなすママがどれだけ忙しいか、ときには食事の支度が手抜きになる事情もわかるのではないでしょうか。

主夫の特徴と日々の生活を見てみよう

主夫と主婦、イクメンと兼業主夫の違い

主夫と主婦の違いは男女の差です。することは同じでも、主夫は家事を仕事と捉える傾向が強く、いかに合理的に効率よくおこなうか、など極める方も多いようです。

周囲から偏見の目で見られるかもしれませんし、女性ばかりの輪の中には入りにくいかもしれませんが、子どもへのかかわり方も男性ならではの視点がいかせることがきっとあるでしょう。

イクメンと兼業主夫の違いは家事をするかどうかです。イクメンは子育てを積極的に楽しみますが、家事についてはノータッチであることが多いようです。

イクメンなら子育てのいいとこどりでなく、家事を毎日頑張ってくれる妻への感謝や尊敬が欲しいところですね。その点、兼業主夫ならば家事に対しても責任感を持っていることでしょう。

女性は受け入れる?主夫になったきっかけ

あるアンケートによれば、夫が主夫になるのを賛成する妻は13.0%で、反対は87.0%でした。反対の理由の多くが「経済的に難しい」というもので、賛成の理由は「自分の方が収入がある」「仕事が好き」という声がありました。

男女雇用機会均等法が施行されてずいぶん経ちますが、いまだに男女での賃金格差があることは否めません。家庭と仕事の両立は難しい場合が多く、女性は積み重ねてきたキャリアを、出産で諦めざるを得ないこともあります。

このような社会で主夫になったきっかけとしては、病気や失業などでやむを得ずの場合が多いようです。夫がそのような状況になったとき、仕事好きで家計を十分に支えられる妻がいれば、戦略として夫婦が役割交換をすることも可能というわけですね。

主夫の日々の仕事内容。具体例をチェック

家事や子育てを、会社の総務部という感覚で行っている主夫もいます。料理や洗濯、掃除、育児から、町内会などの付き合い、旅行や誕生会など家族へのサービスも会社の福利厚生と同じと考えます。

社員が業務に集中し快適に働ける環境を作るのが総務の仕事なら、家族が自分のすべきことに集中できるように家事をするのが主夫の仕事ということになります。

料理なら家族の好みや旬の食材を取り入れ、栄養バランスも考えて作ります。家族の健康管理も仕事のうちです。洗濯・掃除をするなら効率よく、洗濯物を集めながら部屋の片づけをし、洗濯機を回しているうちに掃除機をかけます。洗濯が終わり、干してすっきりしたらお買い物、などと段取りよくこなしていくのが得意な主夫もいるようです。

主夫への関心の高まりとその理由

専業主夫になりたい男性は2~3割

若い男性にアンケートを取ると、2~3割の人が専業主夫になりたいと答えるそうです。理由はさまざまですが、「仕事がつらい」「主婦の方が楽そう」という声が目立ちます。

しかし「働くより自分には家事が向いている」「家のことが好き」「一度主夫を体験したい」などと、主婦の仕事に興味を持っていたり家事が好きだったりする人もいます。育休が取れたり、イクメンとして、ある程度子どもを優先して仕事をすることが許されたりする現在では、子どもの成長にしっかりと寄り添いたいと考える男性も多いでしょう。

反対に専業主夫になりたくない男性の中には「家事ができない」という理由が多かったそうです。「男なら家族を養うのは当然」という人もいました。

家庭での男女の役割に変化

内閣府では「夫は外で働き妻は家庭を守るべきである」という考えに対して世論調査を毎年行っています。その結果、賛成意見が1978年では72.5%あったものが2016年は40.6%まで減少しています。

2017年のある調査で、働く主婦を対象に10年後の夫婦の働き方を予想するアンケートをしたところ、74.3%が「夫婦対等に共働き」という回答でした。これは24.9%の「夫が中心に働き妻は補助的に働く」という回答を大きく引き離しています。

家庭での男女の役割について、従来の考え方から変化していることがうかがえます。男性も女性もともに社会の中で子育てをし、家庭を運営してゆくという考えが広がっているのではないでしょうか。

男性の所得減少と育児への関心

昔のような雇用形態が少なくなり、安定した収入を得るのが難しくなっています。結婚しても、男性1人の所得では家族を養えないことが多いのが現状です。

夫が妻に希望する収入についてのある調査では、「自分と同じくらい」が約20%、「気にしないが0は困る」が約30%でした。妻の収入をある程度見込んで家計を考えている場合が多いのです。

また、アメリカでは子どもの面倒をみるために主夫をする人が増えているそうです。病気や失業もありますが、世帯の約1/4が妻の方が高収入という結果から、妻が外で働いた方が効率的と考えた場合があると見られます。

収入の心配がなければ子どもの面倒をみたい人が約5割いるという結果もあり、家族を大切にしたい夫が増えているともいわれます。

夫が主夫。女性側のメリットとデメリット

夫が主夫をするときのメリット

妻から見た、夫が主夫であることのメリットはなんでしょう?

【仕事に集中できる】
「妻が家のことをやるべき」という価値観があると、いくら家計に貢献していても、家のことを夫にしてもらうのは申し訳なく思います。しかし夫が主夫になり家のことを仕事としてくれれば、そんな引け目を感じることなく仕事に集中できます。

【夫が家事と育児の大変さをわかってくれる】
主夫になり家事や育児に責任を持つと、子どもへの接し方の大切さや忍耐が必要なこと、掃除洗濯だけでなく、見えない家事にも意外に時間と手間がかかることなどに気づいてくれます。

【子どもと夫がより大切に思える】
一日中子どもに向き合えば、ときにはうんざりすることもあります。しかし、仕事で家庭にいる時間が少なくなると適度な距離を取れるので、子どものよいところが見えるようになります。仕事の大変さにも気づき、夫が頑張ってくれていたことを妻が実感することもあります。

【自分の時間が取りやすい】
ときどき仕事帰りにマッサージに寄るなど、専業主婦よりは自分の時間を取りやすくなります。

夫が主夫をするときのデメリット

妻から見た、夫が主夫をすることのデメリットをご紹介します。

【子どもが乳幼児期にママの愛情を受けられない】
女性は本能的に乳幼児の要求を察しやすく、小さいうちはママの愛情を受けることが健全な心を育むのに大切という意見もあります。主夫にバトンタッチするには、子どもが2~3歳になってからがよいかもしれませんね。

【子どもが懐かない】
仕事で忙しく子どもと関わる時間がないと、子どもが懐かず、妻が居場所をなくすことがあります。

【家計を支えることが負担になる】
家計を支える責任を負ったなら、定年まで勤め上げる覚悟が必要です。女性の体は男性よりデリケートな部分もあり、男性優位の社会で肩を並べて仕事をするのが負担になる可能性があります。

【夫に不満を持つ】
妻が主夫の大変さを忘れてお金を稼ぐ自分が偉いと思ってしまえば、夫を見下すかもしれません。また、夫の家事が手抜きと感じて不満を持つこともあります。

【世間体や親の目が厳しい】
まだまだ妻が家を守るのが当然という価値観があります。近所の噂になったり自分や夫の親が快く思わなかったりすることもあります。

主夫になる!男性側のメリットとデメリット

主夫になるときのメリット

夫から見た主夫になるメリットをあげてみます。

【子どもの成長の瞬間が見られる】
夫の中で子どもが初めて歩いたり、言葉を喋ったりする瞬間を目撃できる。

【子どもときちんと向き合える】
ふだん仕事で家にいない夫は、子どものよいところしか見ない場合があります。しかし多くの時間を子どもと過ごせば、かんしゃくや我儘など、親を困らせる成長段階に向き合う必要が出るのです。大変かもしれませんが、そこに直面して子どもと乗り越えると深い絆が生まれます。

【好きなことを追求できる】
こだわりの料理やレシピ開発、掃除のノウハウなど、自分の好きな家事にじっくり取り組めるかもしれません。そこから新しい仕事が舞い込む主夫もいます。

【会社から解放される】
会社員としての仕事が合っている人もいます。しかし、どうしても会社勤めが合わなくてつらい人は、無理して会社や上司に合わせる必要がなくなります。

【妻に優しくできる】
妻のやってきた家事育児の大変さを身を持って知り、仕事で疲れた妻の気持ちも理解できるので、妻に優しく接しやすいです。

実際にはまだまだ少ない専業主夫

専業主夫になるデメリットと注意点をご紹介します。専業主夫が少ないのは、まだまだ残る世間の偏見のほかに、経済的なリスクが高いからです。

まず、妻が働けなくなったときに主夫が就職するのは困難かもしれません。出産育児を経た主婦が再就職するのも大変ですが、男性の長い離職期間を好意的に取る会社はさらに少ないという意見もあります。

離婚した場合も主夫は生活に困ることがあります。仕事をこなしている女性なら、ある程度の家事ができれば生活に困ることは少ないでしょう。しかし離職期間の長い専業主夫だと自分が生活するだけの収入を得ることすら難しくなります。

経済的な問題に備えるには、専業主夫になる前に家計を把握し、夫の給料がなくなった場合をシミュレーションすることです。その上で生活費の見直しと、将来の教育費や老後資金などの貯蓄を考える必要があります。

もし足りなければ、パートや在宅ワークなどで兼業主夫をする、家賃の安い家に引っ越すなどの対策をします。万一の事態に備え、主夫は家事の合間に資格を取ったり、フリーランスの仕事を始めたりすることも必要かもしれませんね。

まとめ

主夫を希望する夫は、試しに数日、家事と育児をすべてしてみると大変さがわかるかもしれませんね。しかし中には、自分には家事育児が向いていると確信する夫がいるかもしれません。

「男が稼ぎ女は家を守る」という考え方が変わりつつある今、主夫になるならないは別にして、夫婦が性別にとらわれ過ぎず、なるべく得意なことを提供し合って暮らせるとストレスが少ないかもしれませんね。それには、家庭をよりよく回していくために夫婦でお互いの役割について、やりがいやつらいことなど、よいことも嫌なことも話し合えるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018