就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

専業主婦と共働きの違い!それぞれのメリットと子どもへの影響

専業主婦と共働きの違い!それぞれのメリットと子どもへの影響

子どもが生まれ、専業主婦になるのか共働きになるのかどちらを選ぶかで悩むママは多いと聞きます。どちらを選んでも後悔しないようにしたいですよね。ここでは共働き家庭と専業主婦家庭のどちらがよいのか悩むママに、二つの家庭の事情の違いや、メリットを紹介します。

共働きの割合や生涯年収、出生率との関係

いまの社会では共働きが専業主婦より多い

近年共働き世帯がとても増えています。実際に総務省労働局が行った2016年度の「労働力調査」では、夫婦共働き世帯は6割を超える結果でした。

2000年以降、共働き世帯は増え続けています。その背景には男性の収入が上がりにくくなったこと、出産や育児の制度や手当が整ってきたことで女性が働きやすくなったということがあるようです。

また、社会の意識も変化してきており夫が外に出て働き、妻が家を守るという従来の価値観はだんだんと変わってきました。パパとママ、どちらか一方が仕事や家事をするのではなく、仕事や家事をお互いが協力しあうようになってきています。

共働き世帯の増加には社会の変化が大きく影響しているようです。

共働きは専業主婦の家庭より生涯年収が多い

共働きだと世帯年収は当然増えますが、その差が具体的にどれくらいなのかを知っていますか?実は妻が正社員で30年働いた場合、専業主婦の家庭と比べて生涯世帯年収は1億円もの違いがあるといわれています。

また、出産したときに専業主婦の人は出産育児一時金しかもらえませんが、働いているママの場合、出産手当金に育児休業給付金をもらうことができます。そのほかにも、子どもを預けて働けるようになるまでの社会保険料も控除されるのです。

単純に世帯年収があがるという話だけではなく、出産や育児のときの手当があるのも大きな違いです。もらえる手当金の額は約250万円になります。

何かと出費の増える出産の時期に、休業手当があるのは嬉しいですね。

共働きの夫婦が増えた方が出生率が上がる?

海外で女性の就業率が高いフランスや北欧では出生率が高いという統計が出ています。しかし、これは日本国内でも同じで、共働きが多い県ほど出生率が高いことがわかりました。

共働き率が高い沖縄、島根、宮崎は出生率が高く、逆に専業主婦率の高い東京や京都では出生率が低かったのです。これは2015年の厚生労働省の調査により明らかになりました。

この理由は田舎ほど親との同居率が高く、子育てに周りの手が借りられることや、外に働きに出ることで密室育児から解放され精神的な余裕ができることがあるのではないかという分析がされています。

また、共働き世帯が多い県ほど自治体が子育て世帯を大事にしているという特徴もあります。

共働きと専業主婦だとどちらが得なのか

パパとママが共働きな場合のメリット

では、共働きの場合はどんなメリットがあるか具体的に見ていきます。やはり一番にあがってくるメリットはお金についてです。

共働きだと当然世帯年収は増え、金銭的な余裕が出てきます。また、共働きだと収める年金額も違うため、年を取ったときに受け取れる年金額が増えるでしょう。

収入源が二つになることで何かあったときでもなんとかなる、という気持ちの余裕も生まれます。精神面では子どもから離れる時間ができ、外に出て仕事をすることでママの社会性も身に付くという点も大きなメリットです。

パパもママも仕事や家事をお互いが協力し合わなければ共働きはできません。お互いの大変さを知ることで相手を尊重する気持ちも生まれます。

専業主婦の場合にもある家族のメリット

もちろん専業主婦にもメリットはあります。一番に挙げられるのはやはり子育てに専念しやすいことです。

子どもの成長に付きものの「初めての瞬間」を目にすることができたり、病気のときにそばについていられたりするのはお金に変えることはできません。また、小さな子どもはやはりママが一番なのでママがいつもそばにいてくれることで安心できます。

共働きに比べると専業主婦は、時間にも余裕があるので心の余裕が持てます。また家事や育児に専念することでパパも帰宅後にゆっくりできるということも大きなメリットです。

お互いにゆっくりできる時間や、パパの休みに家族で過ごせる時間が作りやすいのも夫婦にとっても子どもにとっても嬉しいことですよね。

どちらを選ぶかは家族で話し合うことが大切

共働き、専業主婦どちらがよいというのは他人が決めることではありません。家庭それぞれの事情やパパとママの考え方によっても違います。

働き方によっては共働きでも損してしまうこともあるかもしれません。専業主婦でも家庭や育児のことに一生懸命になりすぎて追い詰められてしまう人もいます。

大切なのはパパとママ、二人の考え方が一緒であることです。自分たちの周囲の状況や家計の状況をしっかりと話し合って決めることが大切です。

専業主婦の方が大変、共働きの方が大変などどちらが大変だという論争もあります。ですが、どちらにも大変なことはあるし、どちらにもよい面がありますよね。

夫婦二人でしっかり話し合って方針を決めるのが一番よい方法です。

どちらを選んでも子どもによい影響がある

共働きが子どもに与えるプラスの影響

共働きを選んで、子どもを保育園に入れて仕事をすると「小さいうちからかわいそう…」といわれることもあります。子どもと過ごす時間がどうしても短くなってしまう働くママにとっては、とても辛い言葉です。

子どもに悪影響が出てしまうのではないか、と心配になってしまうママもいると思います。しかし逆に子どもにプラスの影響を与えることもあるのです。

ママがイキイキと仕事を頑張る姿をしっかりと子どもは見ています。そんなママの頑張る姿を見て子どもはママに憧れを抱き、働くということを子どもなりに知っていくことができます。

また、保育園や幼稚園に通うことで同じくらいの子どもたちや身内以外の大人と触れ合うことで社会性も養われます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC