就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

在宅ワークで仕事をしよう!始める前の必要な知識や注意点を紹介

在宅ワークで仕事をしよう!始める前の必要な知識や注意点を紹介

在宅ワークに興味があるけれど、「どのように選べばよいの?」「どうやって始めればよいの?」と頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。今回は、在宅ワークを始めるために必要な情報、メリットやデメリット、おすすめのサイトや職種など、子育て中のママの在宅ワークについて総合的にご紹介します。

在宅ワークについての知識を身につけよう

在宅ワークってどういうものなの?

在宅ワークの定義とは、自宅を作業場とした、雇用されない働き方のことです。通称では「テレワーク」「フリーランス」などとも呼ばれています。

在宅ワークは、「働き方改革」が進む近年でもっとも注目されているワークスタイルの一つであり、ますます普及していくことが予想されます。在宅ワークの先進国であるアメリカでは、労働者の半数以上が自宅でも作業可能であるといわれています。

日本が現在抱える問題や政策を見ると、在宅で働くスタイルは、予想より早く一般化するかもしれませんね。

在宅ワークの内容は、初心者歓迎の案件から、専門知識や資格が必要な難易度の高いものまでさまざまです。必須のアイテムは、スマホやパソコンなどのネット環境です。
働く方々がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講じます。
「働き方改革」とは何か、わかりやすく紹介されています。

在宅ワークで求められる必要なスキルとは

仕事によって必要なスキルは変わりますが、初心者のママの場合は、納期に余裕が持てる「初心者歓迎」の求人が気になるという方も多いと思います。

在宅ワーカーでもっとも必要とされるスキルは、「コミュニケーション能力」です。

クライアントは、ママの人となりを知らずに仕事を依頼します。パソコン画面の向こうの相手と信頼関係を結ぶツールは、メールやチャットの文章のみです。

そのため、仕事の内容をよく理解し、「報・連・相」のある丁寧なコミュニケーションを心がけることは、在宅ワークの基本といえます。

簡単なワードやエクセルは使えた方が便利ですが、使用経験がなくても大きな困難はない場合が多いですよ。わからないことはネット検索で解決できることがほとんどです。

在宅ワークで稼げる金額相場について

在宅ワークでの月収は、5万円以下という金額がもっとも多いというデータがあります。ママに人気の「データ入力」は一文字0.1円~1円が相場です。

この相場のデータを見ると、割に合わない仕事のように感じるママもいるのではないでしょうか。しかし、現代社会では、在宅ワークを主な収入源としている人が少数なので、稼働時間自体が少ないのが実態です。

在宅ワーカーには「子どもが寝ている間の2時間で稼ぎたい」「パパが休みの日だけ働きたい」といった、作業時間が限られているママもたくさんいます。さらに、在宅ワークの給料は、職種や企業、給与体系によっても大きく異なります。

金額相場は目安にはなりますが、在宅ワークを選ぶことの価値をはかる材料にはならないかもしれませんね。

在宅ワークのメリットやデメリットとは

知っておきたい在宅ワークのメリット

ママが在宅ワークを始めたら、どんなメリットがあるのか見てみましょう。

・空いた時間で働ける
育児中のママにとって、最大のメリットではないでしょうか。どのくらいの作業時間が取れるのか明確にし、それに合わせて仕事を探すことができます。

・保育園に預けなくても働ける
作業場所は自宅なので、子どもを預けなくても働くことができます。保育料がかからないことや、子どもが体調不良のときの「お迎えコール」がないことは助かりますよね。

・人間関係のストレスがない
クライアントとのやり取りはあるものの、在宅ワークは基本的に1人でする作業です。職場の人間関係が苦手で疲れるというママには向いているのではないでしょうか。

在宅ワークは海外在住のママにも人気!

クラウドソーシングの在宅ワークは、海外在住のママにも人気です。英語が苦手というママも始めやすく、パパの転勤に左右されずに働けるということが人気の理由でしょう。

海外でクラウドソーシングを始めたいときも、日本の「クラウドワークス」や「ランサーズ」などに登録することができます。その際は、クラウドソーシングから指定される銀行口座が、現地で簡単に引き落としができるか確認しましょう。

住まいの近くに提携ATMがあるかどうかを確認しておくと安心ですね。もちろん、現地のクラウドソーシングに登録することも可能ですよ。

在宅ワークの種類は、ご紹介しきれないほどたくさんありますが、海外在住のママに人気な職種は「ライティング」「翻訳」「データ入力」などです。

在宅ワークのデメリットについて

子育て中のママにとって、在宅での仕事は挑戦しやすいように思いますよね。働きやすそうに見える在宅ワークには、どんなデメリットがあるのでしょうか。

・思ったより大変
「初心者歓迎」の仕事であっても、アルバイトと同じように慣れるまでは時間がかかります。上達したいという向上心がなければ、続けるのは難しいかもしれません。

・確定申告が面倒
在宅ワーカーは自身で確定申告をしなければなりません。また、クライアントが源泉徴収をしている場合、所得が低くても確定申告をした方が得ですよ。

・集中できない
自宅には、漫画や温かい布団など、さまざまな誘惑がありますよね。子育て中で疲れていたりするとそんな誘惑に負けてしまい、納期ぎりぎりになり徹夜作業になることもあり得ます。

気軽に始められる在宅ワークの求人三つ

初心者でも簡単にできる「データ入力」

45 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版