就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの英才教育は0歳からが重要?効果が出るおすすめの方法

赤ちゃんの英才教育は0歳からが重要?効果が出るおすすめの方法

英才教育が合わないとき、どうすればいい?

楽しめる習いごとを見つけよう

いろいろなジャンルの習いごとがあり、その中でもたくさんの教室があります。どんな習いごとがいいのが迷ってしまうママも多いと思いますが、一番大切なのは楽しめるかどうか。

赤ちゃんによって興味のあるものや体力にも個人差がありますよね。まずは気になる習いごとの体験教室や見学に行ってみて、赤ちゃんの反応を見てみましょう。体を動かすと反応がよかったり、音に興味をもったり、今まで気がつかなかった一面を見つけることもできるかもしれませんね。

そしてママに合うか合わないかもとっても重要になってくると思います。特に赤ちゃんのうちはママが参加型の教室がほとんど。どんな力を伸ばしてほしいか、また一緒に楽しんで通えるかを考えながら選ぶといいのではないでしょうか。

家でも絵本やスキンシップで工夫できる

英才教育といっても、必ず教室に通わなければいけないというわけではありません。一番の先生は毎日一緒にいるママ。おもちゃでスキンシップをとったり、絵本の読み聞かせをしたり、一緒に体を動かしたり、できることはたくさんあります。

色彩豊かな絵本や、揺れるものなどたくさんのものを見せながらスキンシップを取ると刺激になります。たくさん話しかけたり、音の出るおもちゃや音楽をかけるのも効果的。どんな音が好きか、遊びながらいろいろ試してみましょう。

いろんな手触りのもので遊ぶことも脳にとっていい刺激になります。ベビージムは一人遊びもできておすすめです。

絵本の読み聞かせを通して愛情を育みながら、感性や言葉の発達を促すのもいいですね。

毎日の赤ちゃんとのふれあいを大切に

0歳から教育に取り組むのは、赤ちゃんが持って生まれた能力を伸ばしてあげるのに大切なことですよね。でもそれは「お金をかけていい教室に通う」ということではないのです。なによりも大切なのは、ママやパパとのふれあい。少しの工夫でさらに能力を伸ばしてあげることができるはずです。

言葉の意味がわからないころでも、絵本を読んであげると喜ぶ赤ちゃんは多いです。カラフルな絵や言葉のリズムはとても刺激になります。読みながらスキンシップも取るとより効果的ですね。

また、指先を動かすことは脳にとてもいい刺激を与えるといわれています。物をつかめるようになったら、積み木で遊んだり紙をちぎって遊ぶのもおすすめです。ぜひママも一緒に楽しんでしまいましょう!

まとめ

英才教育というと、興味はあってもどうしても敷居が高い気がしてしまいますよね。でも気軽に日常に取り入れられることもたくさんあるのです。

最近は赤ちゃんの習いごとの種類も多様化し、気軽に参加できる教室も増えています。書店でも0歳から使えるテキストが売られているので、試してみるのもおすすめです。

気分転換に教室に通ったり、お家で遊びながら取り入れたりと色々な教育があります。ぜひ赤ちゃんとママが一緒に楽しんでいける方法を見つけてくださいね。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND