就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの英才教育は0歳からが重要?効果が出るおすすめの方法

赤ちゃんの英才教育は0歳からが重要?効果が出るおすすめの方法

赤ちゃんの成長は本当に目覚ましいですよね。できるだけ才能を伸ばしてあげたい、と考えるママも多いと思います。脳の成長はおよそ9割が6歳までに完成するといわれています。早めに教育をはじめることでどんな効果があるのか、またどんな方法があるのかなどを紹介していきます。

0歳児の早期教育がカギって本当?

3歳までの脳が一番発達する

大切な赤ちゃんの将来を考えたときに、「頭のいい子に育ってほしいな」と願うママは多いですよね。

「スキャモンの発育・発達曲線」という、生まれてから成人までの成長具合を表したグラフを見たことがありますか?それによると、脳は生まれてから3歳までに1番発達するとされているのです。

脳にも右脳と左脳がありますよね。右脳は創造力や表現力、左脳は言語や計算能力を担っています。あまり言語能力が発達していない3歳までは、右脳が急速に発達するといわれています。

赤ちゃんのうちから脳を刺激して創造力や直感力が鍛えられることで、いろんなことに興味をもち、積極的に吸収する力をつけるようになるというのが早期教育の考えかたの一つです。

言語を定着させるには10カ月まで

赤ちゃんは、話せないからといって言葉を理解していないわけではありません。普段のママやパパの会話や話しかけをちゃんと聞いていて、少しずつ習得していくのです。

赤ちゃんは2カ月ごろから聞く力が高まってきて、少しずつ声を出すようになってきます。

4カ月ごろになると「あーあー」などのおしゃべりが増えてきて、5〜8カ月ごろには発音が上手になってきます。

9カ月ごろには動作と言葉が結びつくようになってきて、10カ月ごろには言葉の意味を理解し始めます。

少しずつ会話ができるようになってくるのが生後10カ月ごろ。それまでによく聞いた言葉が母国語になりやすい、といわれているので日本語以外の言葉も話せるようになってほしい!と思ったら早めに始めるのがいいですね。

早期教育のメリット・デメリット

早期教育にはメリットもありますが、デメリットもあることを知っておきましょう。

右脳教育に力を入れることで、IQが高い子に育つといわれています。また、早期教育はママやパパも一緒に取り組むことが大切なので、親子の絆が深まるともいわれています。子どもと向き合う時間をしっかり取ることで、好きなものや得意なものを見つけられることも大きなメリットになりますね。

反対に、早期教育が子どものストレスになってしまう場合もあります。内容や環境が合っていないと、無理にやらされていると感じてしまうこともあるでしょう。遊ぶ時間が減ってコミュニケーション能力が育ちにくくなってしまうことも。

ママも赤ちゃんも楽しんでできることを見つけるのが一番大事だといえますね。

0歳の英才教育におすすめの方法は?

英語など語学系は10カ月まで

早ければ早い方がいいといわれているのが、やっぱり語学。耳を鍛えることが重要になってきます。

実は日本語と英語は周波数がちがうというのは知っていますか?母音が中心の日本語の125〜1500Hzに対して、英語は2000〜12000Hz。この違いが、日本人にとって英語が聞き取りにくい原因ともいわれています。

「L」と「R」の発音の違いも、より小さいころから英語にふれていた子どものほうがしっかり聞き分けられます。耳を鍛えるというのは、この違いを聞き分ける力をつけることなのです。

言語は聞くだけではなかなか身につきません。コミュニケーションを取りながら口に出すことが一番大事。ママも一緒に楽しんで学べる教材や教室を選ぶといいですね。

運動系は体操教室、スイミングなど

運動神経は5歳ごろまでに80%が形成されます。早いうちから体を動かす習慣をつけることで、運動能力が育つといわれています。

赤ちゃんのうちからできる運動系の習いごとには、ベビーマッサージやベビーヨガがあります。小さいうちから手足をしっかり動かしてあげることで運動神経が刺激されます。赤ちゃんとスキンシップを取りながら体を動かすことで、ママの気分転換にもなりおすすめです。

体操教室やスイミングも早いうちから習える教室が多いです。特にスイミングは心肺機能を高める効果があるといわれているのでとても人気があります。

月齢によってレッスンが分かれている教室が多いので、同じくらいの赤ちゃんとふれあう機会ができるのもいいですね。

七田式、くもん、家庭保育園も人気

教育系では「七田式」や「くもん」、「家庭保育園」が人気です。一度は耳にしたことがあるママも多いと思います。

右脳と心の教育をキーワードにした「七田式」は、フラッシュカードが有名ですね。レッスンは月に3〜4回。ママも一緒に参加して成長していける教室です。

0歳から始められる「ベビーくもん」は毎月もらう教材を使ってママがお家で語りかけなどをします。教室に通うのは月に1度なので、忙しいママでも安心です。

「家庭保育園」は、7つに分かれた教材の中から必要なものだけを選んで購入することができるのが特徴です。テキストの効果的な使い方やカウンセリング、勉強会などアフターフォローが充実しているのが嬉しいポイントですね。

英才教育が合わないとき、どうすればいい?

楽しめる習いごとを見つけよう

いろいろなジャンルの習いごとがあり、その中でもたくさんの教室があります。どんな習いごとがいいのが迷ってしまうママも多いと思いますが、一番大切なのは楽しめるかどうか。

赤ちゃんによって興味のあるものや体力にも個人差がありますよね。まずは気になる習いごとの体験教室や見学に行ってみて、赤ちゃんの反応を見てみましょう。体を動かすと反応がよかったり、音に興味をもったり、今まで気がつかなかった一面を見つけることもできるかもしれませんね。

そしてママに合うか合わないかもとっても重要になってくると思います。特に赤ちゃんのうちはママが参加型の教室がほとんど。どんな力を伸ばしてほしいか、また一緒に楽しんで通えるかを考えながら選ぶといいのではないでしょうか。

家でも絵本やスキンシップで工夫できる

英才教育といっても、必ず教室に通わなければいけないというわけではありません。一番の先生は毎日一緒にいるママ。おもちゃでスキンシップをとったり、絵本の読み聞かせをしたり、一緒に体を動かしたり、できることはたくさんあります。

色彩豊かな絵本や、揺れるものなどたくさんのものを見せながらスキンシップを取ると刺激になります。たくさん話しかけたり、音の出るおもちゃや音楽をかけるのも効果的。どんな音が好きか、遊びながらいろいろ試してみましょう。

いろんな手触りのもので遊ぶことも脳にとっていい刺激になります。ベビージムは一人遊びもできておすすめです。

絵本の読み聞かせを通して愛情を育みながら、感性や言葉の発達を促すのもいいですね。

毎日の赤ちゃんとのふれあいを大切に

0歳から教育に取り組むのは、赤ちゃんが持って生まれた能力を伸ばしてあげるのに大切なことですよね。でもそれは「お金をかけていい教室に通う」ということではないのです。なによりも大切なのは、ママやパパとのふれあい。少しの工夫でさらに能力を伸ばしてあげることができるはずです。

言葉の意味がわからないころでも、絵本を読んであげると喜ぶ赤ちゃんは多いです。カラフルな絵や言葉のリズムはとても刺激になります。読みながらスキンシップも取るとより効果的ですね。

また、指先を動かすことは脳にとてもいい刺激を与えるといわれています。物をつかめるようになったら、積み木で遊んだり紙をちぎって遊ぶのもおすすめです。ぜひママも一緒に楽しんでしまいましょう!

まとめ

英才教育というと、興味はあってもどうしても敷居が高い気がしてしまいますよね。でも気軽に日常に取り入れられることもたくさんあるのです。

最近は赤ちゃんの習いごとの種類も多様化し、気軽に参加できる教室も増えています。書店でも0歳から使えるテキストが売られているので、試してみるのもおすすめです。

気分転換に教室に通ったり、お家で遊びながら取り入れたりと色々な教育があります。ぜひ赤ちゃんとママが一緒に楽しんでいける方法を見つけてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018