就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【子育て】習い事に体操を取り入れたい。体操教室の選び方やメリット

【子育て】習い事に体操を取り入れたい。体操教室の選び方やメリット

最終目標を決めておこう

どのような教室に通うか選ぶとき、最終的にどんな目標をもって習うのか、ある程度決めておいた方がよいでしょう。

体操を始めるきっかけは「体力をつけたい」「運動が苦手なところを克服したい」「お友達がやっているから」「将来プロスポーツ選手を目指したい」など、子どもによってさまざまだと思います。

運動神経のよい子どもがレクリエーション要素の強い教室に通うと、物足りなさを感じるかもしれません。逆に、運動の苦手意識を克服する目的で始めたのに、能力以上のことを求められて、ますます運動が嫌いになってしまうということも考えられます。目的や目標によって、教室で教わるレベルがかわるので、子どもとよく相談しながら決めるとよいでしょう。

教室の体験や見学は必ず行こう

ほとんどの体操教室では、入会前に「体験」や「見学」または「短期教室」などを行っています。事前に教室の雰囲気を体感しておくと、入会してから「合っていなかった」「思っていたのと違った」ということになりにくいので、必ず行っておきたいですね。

スポーツは指導者によって教え方も内容も大きな差があります。どんなことをするのかということ以外にも、先生やコーチとの相性もあるので、ママもよく見ておいた方がいいかもしれません。

体験や見学は無料でできるところも多いようです。いくつかの教室をまわってみるのもよいですね。ママ友の口コミだけでなく、実際に教室を体験してみてから、子どもの意見を取り入れて決めると失敗しにくいでしょう。

まとめ

最近では、少子化やネット環境の充実などから、外ではなく自宅で遊ぶ子どもが増えているといわれています。幼児期に身体を動かすことはとても大切です。ですから、体操教室に通わせることは基礎的な身体作りをするためにとてもおすすめです。

子どもが「楽しい」といって通えるような教室を見つけてあげるのがママの役目です。ここで紹介したようなポイントをチェックしながら、子どもに合った体操教室を探してみてくださいね。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版