就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児に大切な家族のコミュニケーション。体と言葉できちんと伝えよう

育児に大切な家族のコミュニケーション。体と言葉できちんと伝えよう

ママになったからといって、誰もが子どもと上手くコミュニケーションがとれるかというと、そうではありませんよね。「どのように子どもに愛情を注いだらよいのか」と悩みを抱えている方は意外と多いです。今回は、子どもだけではなく、パパとのコミュニケーションの大切さなどもご紹介します。

コミュニケーション不足で陥りがちなこと

子どもの表現に偏りができてしまう

人は3歳になるまでに、性格の基盤が作られているといわれています。大切な時期に、パパやママとコミュニケーションがあまりとれていない子どもは、表現に偏りができてしまうことがあります。

たとえば、ママの気を引きたいために、わがままばかりいうようになることもあります。「お腹が痛いから学校に行かない」とママを困らせることで、自分の存在を必死にアピールしているのです。

また、コミュニケーション不足の子どもは、絵にも不安が現れています。ほとんどの子どもは、様々な色を使った元気いっぱいの子どもらしい絵を描くことが多いですよね。しかし、コミュニケーション不足の子どもは、黒色を使った絵を描くことが多い傾向があります。これは、親からの愛情不足による不安の現れです。

すれ違い夫婦になってしまう

子どもだけでは無く、夫婦間でのコミュニケーションは大切なことです。特に、共働き夫婦の家庭や、パパが夜遅くまで仕事をしている家庭は、毎日の中で、コミュニケーションをとる時間がなかなか取れないことも多いですよね。

共働きだとお互い仕事が忙しく、家に帰ると育児や家事に追われてしまい、ゆっくり家族で話をする時間がとれないこともあります。また、お互い疲れていて子どものことを話す時間がまったく無い家庭もあるかもしれません。

しかし、「忙しいから」といって夫婦間でコミュニケーションがとれていないと、いつしか気持ちがすれ違ってしまうこともあります。1度気持ちがすれ違うと、修復するのは時間がかかりますよね。夫婦間のすれ違いは子どもにも伝わってしまいます。

すべてをママ1人で抱えてしまう

子育てをしていく中で、子どもと一番時間を長く共有しているのはママ、という家庭は多いです。家族の間でコミュニケーションがとれていないと、子育ての悩みや不安などのすべてを、ママが1人で抱えてしまうことがあります。

子どものしつけの仕方や、学校のこと、家庭でのことなど、子育てをしていると悩むことは多いです。悩んだときに、一番相談にのってほしいのは、やっぱりパパの存在です。しかし、相談しようとしてもパパが「疲れているから」と話を聞いてくれないと、ママは悩みを打ち明けられず、1人で解決しなければなりません。

そのような状態が続いてしまうと、ママのストレスや不安が溜まっていき、うつ状態になってしまう方もいます。育児にはパパの協力が必ず必要です。

家族とのコミュニケーションに必要なこと

子どもとのスキンシップは少し大げさに

パパやママが、子どもを愛しているのは当たり前なことなので、あえて子どもに「大好きだよ」と言葉で伝えたり、スキンシップしたりすることをしない家庭は意外と多いです。しかし、子どもは、常にパパやママは自分のことを好きなのか気にしているのです。

忙しい中でも、少しでも子どもとスキンシップする時間を作り、「少し大げさかな」と感じる位ギュッと抱きしめたり、「大好きだよ」と伝えることで、子どもはパパやママから愛されているんだなと、実感することができます。

子どもを抱っこしたり、抱きしめたりすることで、子どもの精神状態は安定します。子どもが抱っこなどで愛情を感じるのに、8秒程時間がかかるといわれているので、たくさんスキンシップをとりましょう。

子どもへかける言葉は短くわかりやすく

子どもを、褒めたり叱ったりするときにかける言葉は、できるだけ短い言葉で分かりやすく伝えるようにしましょう。まだ小さい子どもを叱るときに、長い言葉でだらだら説明しても理解することが難しいです。「これは熱いから、ダメだよ」「触ったら痛いよ」と短い言葉で叱ることで、子どもも「触ったらダメなんだ」と理解しやすいですよ。

また、叱るときは言葉以外に、怖い顔をするなどして、表情でも分かりやすく伝えましょう。声をいつもよりも低く叱るようにしてもよいでしょう。

褒めるときも同様で、「すごいね」「上手だね」と短い言葉をかけてあげると、子どもはママに褒められているんだと理解でき、嬉しい気持ちになります。是非たくさん褒めてあげましょう。

夫婦2人の時間を作って会話する

子育てをしていく中で、夫婦2人の時間を作ることも大切です。しかし、子育てや仕事の忙しさから、夫婦の時間を作れていない家庭は意外と多いです。

友人Aさんに聞いてみると、共働きで、毎日夫婦の時間を作るのは難しいそうです。ですから、毎週休日の前夜に、子どもを寝かしつけてから、リビングで会話する時間を作っているそうですよ。会話する時間を作るようにすると、「次はこれを話そう」「この話は相談したいな」と夫婦で会話したいことがたくさん出てきたそうです。

子どもの進学の話なども、夫婦2人で相談しながら決めることで、「勝手に決めた」とケンカになることも無くよい関係が築けていると話してくれました。子どもの成長に感動した話など、よい話もたくさんするそうですよ。



コミュニケーションを上手にするコツ

家事をしながらコミュニケーション

働いているママはお家にいるときも家事をこなすため、忙しく動いています。家事をしているときも、なるべく子どもとコミュニケーションをとりながらするようにしましょう。

たとえば、料理を作っているときも「今日は学校で何があった?」と聞いてみたり「今日の夜ご飯のメニューは○○だよ」と他愛のない話をしたりするだけでも大丈夫です。家事をしている間もたくさん会話をしてコミュニケーションをとることで、子どもが学校でどんな生活をしているのか、今何に興味があるのかなど、子どものことをたくさん知られるきっかけになります。

また、ご飯の配膳を一緒にしたり洗濯物を一緒に畳んだりするのもよいです。子どもだけではなくパパも一緒にすると、家族でコミュニケーションがとれますよ。

毎日お話する時間を作るようにする

子どもと上手くコミュニケーションをしていくためには、毎日の積み重ねが大切です。忙しい中でも、毎日子どもとお話をする時間を作ることで、子どもが抱えている悩みなどが分かることもありますよ。

友人Bさんの話では、子どもと毎日寝る前に、10分程度ベッドの中に一緒に入り、お話するそうです。ママとしっかり向き合ってお話することで、他愛もない話の方が多いですが、急に学校でのお友達との関係の悩みを打ち明けてくれる日もあると話してくれました。

普段家事をしながら話をするときは、楽しい話をすることが多いので、悩みを聞いてビックリするそうですが、子どもがママに悩みを相談できる関係が築けていることは、よい親子関係ですよね。

肌が触れ合う時間を大切にする

コミュニケーションをとる中で、肌と肌が触れ合うことは、信頼関係を築いていくのに大切なことです。ですから、ギュッと抱きしめたり、頬を優しく包んであげたりと、たくさんスキンシップをとると、子どもは愛情をいっぱい感じることができ、自分のことも愛せる子になります。

パパやママと一緒にお風呂に入るのも、最高のスキンシップですよね。お風呂の中でたくさん会話したり、一緒に遊んだりすることで、子どもは愛情を感じてすくすく育ってくれます。

ママだけではなく、パパとの触れ合いも育児の中では大切です。パパともたくさんスキンシップをとると、子どもはパパが大好きになり、ママにはいえない悩みをパパに相談できることもありますよ。

まとめ

育児をしていく中で、子どもやパパとコミュニケーションをたくさんとることは、一番大切なことだといってもよい位ですよね。日ごろから、スキンシップや会話がたくさんできていると、子どもは自分の存在に自身を持つことができます。

また、悩みや不安をパパやママに相談できる関係を築けていると、子どもの悩みを早く解決することもできるかもしれません。育児や仕事で忙しい中で、上手く時間を使って子どもやパパとコミュニケーションをとりましょう。



関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018