就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

バイリンガル教育は家庭でできる?英語教育には環境が大切

バイリンガル教育は家庭でできる?英語教育には環境が大切

将来のことを考えて、子どもをバイリンガルにしたいと考えているママはたくさんいることでしょう。小さい頃から英語ができれば、受験の時にも有利ですし、子どもの可能性も広がりますよね。そこで今回は、家庭で行うバイリンガル教育についてお話しします。是非参考にしてみてください。

英語教育はいつからはじめたらいいの?

英語教育を始める時期は諸説さまざま

英語教育はいつから始めたらよいの?と疑問に思っているママも多いことでしょう。始めてよい時期には様々な諸説があり、一概にどの時期が理想とは言い切れません。子どもによっても違うので、我が子の様子を見ながらタイミングを考えてみましょう。

「英語の発音をネイティブ並みにしたいのなら、できるだけ早い時期がよい」といった説や「日本語がまだしっかりと話せない時期から英語を始めても、日本語習得に悪影響を及ぼすだけ」など色々です。

とはいっても、実際に子どもの聞き取る力は小さいときのほうが育てやすく、幼少期から英語に耳を慣らしておくのは、決して不利にはなりません。母語である日本語習得の邪魔にならない程度に、早めから英語を聞かせてみるのがよいと思います。

英語は遊びながら楽しく学ぼう

英語の勉強と言っても、机に向かってテキストを広げるような勉強方法では子どもも嫌がりますし、まず小さい子ならじっと座らせることも難しいですよね。英語は遊びの中で楽しく学ばせるのが理想です。

英語のCDを家の中で流したり、アニメのDVDを英語で観たりもおすすめです。最近では無料動画でも幼児向けの英語の歌などあるので、TVで再生しながら子どもと一緒に歌ったり踊ったりしてもよいですね。

無理に英単語を覚えさせるのではなく、日常生活の中で自然と英語が耳に入ってくる環境を意識して整えてみるとよいでしょう。子どもが嫌がったら無理に英語で聞かせたり見せたりするのはやめましょう。まずは英語=楽しいと思ってくれることが大切です。

英語学習はコツコツするのが大事

「継続は力なり」というように、子どもをバイリンガルにするためには、毎日コツコツと英語学習を続けることが大切です。これまで子どもは毎日ママから日本語で話しかけられ、日本語を覚えてきました。

それと同じように、毎日聞かせることによって耳が英語に慣れて、そのうち単語が聞き取れるようになってきます。最初は1日30分ぐらいから始めるようにし、慣れてきたら少しづつ1日当たりの時間を延ばしてみましょう。日本語習得の邪魔にならない程度にするように気をつけることが大切です。

最初は歌から慣れさせるようにし、そのうち外国のアニメDVDを英語で観るなど少しずつステップアップをしながら毎日継続するようにしましょう。


子どもをバイリンガルにするには環境が大切

無理なく続けられるものを選ぼう

色々な幼児向けの英語教材も出ていますが、英語学習を続けるにあたり、子どもも親も無理なく継続できるものを選ぶことが大切です。

定期購読タイプの英語教材は、経済的にも長い期間、親の金銭的サポートが必要です。最初に金額などを調べ、長く続けられるかどうか、しっかりママとパパで検討するようにしましょう。

子どもが続けられるかどうか不安な場合は、最初はNHKの英語教育番組をみせたり、外国からきているアニメを英語副音声でみたりしてもよいでしょう。海外アニメのDVDを購入する場合は、地域コードが自宅のDVDプレイヤーで観られるかどうか確認してから購入することをおすすめします。

他にYouTubeなどでも英語の歌やアニメがあるので、そちらを利用してみてもよいですね。

英語のおもちゃや絵本を取り入れよう

最近は、英語と日本語を話す電子音声入りの人形や、子どもが遊びながら英語を学ぶことを目的としたおもちゃが色々と出ています。ボタンを押すと日本語と英語で発音したり、簡単な挨拶を学べたりなど、種類も豊富です。

子どもの年齢に合わせたおもちゃを選んで遊ばせてもよいですね。また、英語の絵本もおすすめです。

毎日15~20分ぐらい、英語の絵本を読み聞かせすれば、子どもも絵を眺めながら自然と英語に興味を持つことでしょう。仕掛けのある絵本だと、より一層子どもが楽しめると思います。

ママが英語の読み聞かせに自信がない場合は、ネイティブが読み聞かせるCD付きの絵本を購入してもよいでしょう。アマゾンなどで簡単に見つけることができます。

英語に触れる時間を多くしよう

毎日の英語学習の時間だけでなく、できるだけ英語に触れる時間を多くすることが大切です。ママやパパにネイティブの友人がいれば、家に食事に招待するなど、できるだけ子どもと触れ合ってもらう時間を増やすことができます。

ママやパパがある程度英語が話せるなら、家庭内での会話を一部英語にしてみるのも効果ありです。慣れないうちは気恥ずかしいかもしれませんが、慣れればママやパパの英語のブラッシュアップにもなり一石二鳥です。

英会話スクールに通わせる、もしくはプリスクールに通わせるというのも一案です。幼稚園代わりにプリスクールに通わせているママも多いようです。プリスクールに通わせる場合、日本人がどの程度いるのかも事前に調べておきましょう。

バイリンガル教育におすすめの教材

ディズニーの英語システム 0歳から

子どもの英語教育教材は様々な会社から出ていますが、子どもの好きなディズニーキャラクターの登場するディズニーの英語システムはママにも子どもにも大人気です。

対象年齢は0歳から4歳までとなっています。無料サンプルもあるので、まずはサンプルで子どもの様子を見てから決めることができます。

ディズニーの英語システムに入会すると、ワールドファミリークラブに入会することができます。ワールドファミリークラブでは、年に1,000回以上のイベントがあり、ネイティブの先生たちと実際に触れ合うことができます。

さらに週に1度、先生と電話で会話練習することも可能です。また、保証期間中なら教材の無料交換修理ができるなど、特典もいっぱいです。

七田式 バイリンガル英語脳プログラム

七田式バイリンガル英語脳プログラムは、幼児英才教育の第一人者である七田眞氏の作った「七田式メソッド」に基づいた英語教育プログラムです。

キャッチフレーズは「最短35日で子どもが英語を話すようになる」とのこと。対象年齢は0歳から12歳と幅広く、方法は教材のCDをひたすら聞き流すだけなので、簡単に英語学習をすることができます。教材の受講費も、ママとパパに優しい設定なのも利点の1つです。

「英語は学ぶものではなく、慣れるもの」という考えに基づいて作られているので、毎日子どもの耳に入るようCDを流しましょう。CDを聞き流しているうちに自然と単語が頭に入り、そのうち子どもが無意識に英語を口にするようになります。

ベネッセ こどもちゃれんじEnglish

ベネッセこどもちゃれんじEnglishは、子どもに大人気のキャラクターしまじろうと英語の学習ができる教材です。教材を通して子どもが触れる英語単語の数は、中学生の英語学習における語彙数を越していると言われています。

DVDで英語をインプットし、送られてくるおもちゃを使いアウトプットの練習をするシステムになっています。また教材を年齢別に申し込めるので、少しずつステップアップすることができ、子どもの年齢に合わせ、無理なく英語を学ぶことができます。

教材も毎月ではなく、2カ月に1度のペースなので、じっくりとひとつの教材をこなすことができ、ママも慌てずに済みますよ。受講費も明確で、ママやパパが無理なくサポートできる金額設定もありがたいです。

まとめ

今回は家庭でできる、子どものバイリンガル教育についての記事でしたがいかがでしたか?毎日、子どもが遊びながらでも英語を聞くことができるよう、ママは環境作りに気をつけたいですね。

「ローマは一日にして成らず」とも言うように、一般的にほんのわずかな学習だけで英語をしゃべれるようになるのは無理です。特に語学の学習に関しては、毎日の小さな積み重ねが大きな結果を生むと思って間違いありません。

子どもの将来のためにも、バイリンガルになるためのサポートをママとパパが根気良く続けていくことが大切です。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018