就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに正しいお箸の持ち方を!上手に教えるための練習方法やコツ

子どもに正しいお箸の持ち方を!上手に教えるための練習方法やコツ

子どもがお箸に興味を持ち始めたら、いつ頃からお箸を使わせればよいのか、気になりますよね。そしてできれば、小さいうちから正しい持ち方を教えてあげたいと思うパパやママは多いと思います。上手な教え方のコツを知り、子どもと一緒に楽しく練習してみましょう。

子どもにお箸の持ち方を教える時期は?

スプーンで鉛筆持ちができる

まず目安の一つとして、スプーンを鉛筆持ちできるようになったら、といわれています。小さいうちは、スプーンの柄を上からグーで握っていると思います。スプーンで食べることに慣れてきたら、スプーンの下からグーで持つことを教えてみましょう。

そして大体2〜3歳頃になると、指先が器用になりますので、スプーンの下から鉛筆持ちもできるようになってきます。スプーンで鉛筆持ちをして食べられるようになれば、お箸を持たせてみるのによいタイミングです。

最初は慣れなくてグーに持ち直したり、鉛筆持ちができてもスプーンをひっくり返して食べてしまったりということもあると思います。焦らずに、まずはスプーンで上手に食べられることを大切に、様子を見ましょう。

お箸に興味を持ち始めた

もう一つの目安は、子どもがお箸に興味を持ち始めることです。子ども自身が興味を持つことはなによりも大切なことなので、ベストタイミングといえるかもしれません。

パパやママがお箸を使っているのを毎日見ている子どもは、自然とお箸に興味を持ち、自分でも使ってみたがりますよね。まだ小さいから早いかな?と思っても、持たせてあげるとよいと思います。持ち方を見せてあげるだけでも新しい刺激となりますし、遊びの一環として持たせてあげるのもよいですね。その後の練習にもスムーズに進めるようになると思います。

しかし、興味を持ち始めた頃はまだまだお箸の正しい持ち方はできなくて当たり前。無理に矯正しようとせずに、楽しい食事を意識できるとよいですね。

指先に力が入り始め器用になった

お箸やスプーンをグーで握ることしかできなかった子どもも、2〜3歳頃になると指先が発達してきます。クレヨンを正しく持ってお絵描きをしたり、スプーンを鉛筆持ちで上手に食べられるようになったりしますね。

また、不器用に見える子どもでも、練習を繰り返すことでできるようになります。遊びの中でも、ひも通しや粘土、折り紙など、指先の力を器用に使えるようになるものがたくさんあります。意識して遊びに取り入れてみてはいかがでしょうか。

生活の中ではお箸の練習のほかにも、洋服の着脱やボタンかけなどの練習も、指先の力が必要です。一緒に練習すればさらに手先は器用になりますし、ボタンかけができるならお箸もそろそろ使えるかも、というサインにもなりますよ。

福井で雨に負けない屋内遊び!悪天候でも親子で楽しく遊ぼう

雨の日にも遊びに行きたがる子どもの気分を紛らわせるために、いつも苦労しているママは多いのではないでしょうか。家の中でずっと子どもの遊びにつき合うのも大変ですよね。ここでは、家の中でも身体を動かせる遊びのアイデアや一日中楽しめる福井の屋内施設をご紹介します。

意外に知らない?お箸の正しい持ち方

お箸の正しい持ち方を知る

さて、大人でもいざ正しいお箸の持ち方といわれると、自信のない方もいるのではないでしょうか。まずはお箸の正しい持ち方を確認してみましょう。

上のお箸は鉛筆持ちと同じです。親指、人指し指、中指で軽く持ちます。箸先から全体の2/3辺りを持つと、バランスがよくきれいに見えます。人指し指と中指ではさみ、親指はそえるだけです。次に、下のお箸を親指の付け根にはさむようにして、薬指で支えます。そして上のお箸と下のお箸の箸先を揃えましょう。

正しく持てたら、次は動かし方です。動かすのは上のお箸のみで、下のお箸は動かさないのがポイントです。上のお箸も親指は支えるだけで、動かすのは人指し指と中指だけです。二本の指で数字の「1」を書くように上下に動かします。

正しい持ち方や動かし方は、大人でもうまくできなかったり、持ち方を変えようと思うと大変ですよね。しかしポイントを押さえて正しく持つと、見た目も美しく、物をつかむにも動かしやすく、食べやすくなりますよ。子どもに正しいお箸の持ち方を教えるために、ぜひ今一度自分のお箸の持ち方を見直してみてくださいね。

間違った良くない持ち方

お箸を正しい持ち方で持っているから大丈夫という人の中にも、自覚していないだけという人もいると思います。よくないお箸の持ち方にも色々ありますので、確認してみましょう。

まずは、握り箸。お箸を持ち始めた子どもに多い持ち方ですが、大人でも直らない人もいます。お箸を握って持っていると、目立つので行儀が悪く見えてしまいますし、なにより食べ物をつかみにくいですね。次によくあるのが、クロス箸。交差箸や、バッテン箸ともいわれます。お箸がクロスしていると、これも悪目立ちしてしまいます。クロスしていると力が安定しにくいため、やはり食べ物をつかみにくくなります。

ペンを持つように二本のお箸を持っているペン箸は、薬指を使っていないのが原因です。箸先があまり開かないのでつかみにくいです。反対に、箸先が平行になり揃わない持ち方が平行箸です。こちらは中指が深く入りすぎているのが原因です。この辺りから、自分では自覚していない方もいるのではないでしょうか。ほかには、人指し指を使わない人指し箸なども、自覚していない人に多く見られるようです。

お箸を上手に使いこなす練習方法

輪ゴムを使った練習方法

身近にある輪ゴムを使って、お箸の持ち方を矯正する練習方法があります。

まず、親指と人差し指に、8の字にした輪ゴムをかけます。次に、上のお箸を鉛筆持ちで輪ゴムの上から持ちます。下のお箸は、親指と輪ゴムの間を通してください。お箸がしっかり固定されるように、少しきつめの輪ゴムがよいと思います。子どもには小さな手に合わせて小さめの輪ゴムを使ってくださいね。

また、お箸から離れてしまう指だけを輪ゴムで固定する方法もあります。人指し指が離れるなら人指し指と上のお箸を、薬指が離れるなら薬指と下のお箸を固定します。この固定の方法はよく見る矯正箸の輪っかと同じで、比較的子どもにも簡単にできると思いますので、試してみてはいかがでしょうか。

しつけ箸を使った教え方

しつけ箸は指を輪っかやフックにかけるだけで正しい位置で持てるので、比較的すぐに使えるようになります。年齢を目安にたくさんの種類がありますので、子どもの手の大きさに合ったものを選びましょう。

利き手も間違えないようにご注意くださいね。キャラクター物もたくさん発売されているので、好きなキャラクターを選んであげると子どもは喜ぶしやる気も出ると思います。

しかし、長い間しつけ箸を使っていると、普通のお箸への移行のタイミングを逃してしまったり、スムーズに移行できなかったりすることもあるかもしれません。しつけ箸の中でも、普通のお箸へのステップがある物もありますので、そういった機能のある物を活用してみるのもよいかもしれませんね。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事