就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

英才教育はいつから始める?英才教育のメリットと教育の考え方

英才教育はいつから始める?英才教育のメリットと教育の考え方

体で感じる体験を多く取り入れよう

子どもの知能や能力を伸ばすのに五感を使うことが有効なのは知っていますか?五感とは、触覚、聴覚、視覚、嗅覚、味覚のことをいいます。この五感をバランスよく鍛えることで、運動能力や思考力、創造性などが養われます。

例えば、家の中よりも外遊びの方が音、景色、足元の状態などいろいろな状況でたくさんの情報を得ることができます。四季によって草花の色、鳥や虫、川などの音、土や芝の匂いや感触、花の蜜やご当地の食べものなど自然の中でたくさんのことを体験し学ぶことができるでしょう。

外で活発に遊ぶことでおなかが空き、たくさん食べるようになり、体を動かして疲れることで早寝するようになり、また、夜の睡眠の質も上がり、子どもの成長によいことばかりです。

親も一緒に楽しんでやる

教える!勉強!と意気込むことで子どもも怖気づいてしまったり、勉強を嫌いになってしまったりする場合があります。難しいことを真剣に教えるのではなく、遊びの延長の感覚で根気よく楽しみながら教えてみましょう。

子どもは親をよく見ているものです。親が厳しい顔つきをしていては、子どもは親の顔色ばかり気にするようになります。怖いからやる。それは強制になり、やがて勉強が嫌いになってしまうかもしれません。

「こうやったら上手くできた」「こんなふうに伝えたらどうかな?」とママやパパも教えることを工夫してみましょう。新しい発見や驚きも生まれ、親子で勉強しながらも笑いが絶えないそんな雰囲気で勉強できると楽しく好循環が生まれると思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?子どもの将来を考えると不安と心配ばかりですよね。子どもと一緒にいろいろな体験をし、興味や好奇心、得意なこと、苦手なことを知ることが子どもの英才教育に役立つことがお分かりいただけましたか?

好きなこと、得意なことが分かったらその才能を英才教育によって伸ばしていってあげましょう。勉強なのかスポーツなのか、音楽なのかは経験しなければ分かりません。無理にやらせるよりも好きでやらせるのが上達や才能開花の早道です。

たくさん子どもとコミュニケーションをとって、毎日を楽しみましょう。
27 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版