就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てママ必見!教育格差の問題とそれを埋めるためにできること

子育てママ必見!教育格差の問題とそれを埋めるためにできること

子育て中のママであれば「教育格差」という言葉を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。教育格差とは何が原因で起こるのか、子どもの教育に必要な要素は何なのか、また教育格差を埋めるために家庭でできることについてご紹介していきたいと思います。

子どもの教育環境の格差が広がっている?

両親の収入による子どもの教育格差

子どもの教育環境の格差の広がりは近年社会問題として盛んに取り上げられていますが、要因の一つとして親の収入の格差が挙げられています。親の所得が高いと子どもの学力が高くなる、ということが様々な調査によって裏付けられているのです。

その背景には学校の教育体制の問題があります。ゆとり教育により教科の時間数や教科書が薄くなり、学校教育の質が落ち、学力が低下しました。学校教育の質を上げようにも、国が支出する教育費の額は世界各国と比較するととても少なく、教員を増やしたり少人数教育のために教室を増やしたりすることが難しいのです。

学校で教育が完結しないため、親に所得があり塾に行ける子とそうでない子の間には大きな学力差が生まれてしまうのです。

公立と私立による教育の格差

公立校か私立校か、その選択によっても教育環境は変わり、格差が広がっているといわれています。

一口に私立校といっても、カリキュラムや授業内容、学校の設備の充実度は学校ごとに違い、それぞれの私立校ごとにオリジナルな特色を出しています。

公立校に比べて学費が高い私立校ですが、有名大学への合格率が高い中高一貫の私立校は特に人気が高いです。授業の質や量が充実しているだけでなく、6年間の一貫教育の中で先取り学習や習熟度別授業などを取り入れている、高校受験に時間を取られず大学受験に備えて計画的に学力を高められる、周りに優秀な生徒が多く互いに切磋琢磨しながら勉学に励む環境がある、などのメリットが挙げられます。

地方と都会での子育て環境による格差

地方に生まれるのと都会に生まれるのでは、受験をするうえで格差が生まれてしまいます。

進学塾の数、受験のノウハウを知り尽くした指導力に優れた塾の先生の数、受験勉強で互いに切磋琢磨しあう友人の数、受験に対する情報量、などが都会に住んでいると地方に比べて圧倒的に多くなります。また、教育熱心な親も多く、子どもの教育費にかける費用も多いため、受験環境が恵まれたものになるのです。

地方に住んでいてもインターネット上で有名講師による授業を受け、「授業の質」の格差をなくすことは可能です。しかし、同じ学校を目指す友人が少なかったり、直接授業を受けて質問することができなかったりするので本人に相当な努力が必要となるため、住む場所による受験格差が広がってしまうのです。

子どもの教育に必要な要素とは?

主体的に考えて行動する力を育てる

子どもにとって恵まれた教育環境の中で勉学に励み、教育費をかけて進学、さらには就職できたとしても、そこから先は「主体性があること」が求められます。

「最近の若者は受け身な態度ばかりで、自分からアイデアを出して主体的に仕事をすることができない者ばかりだ」と嘆いている上司の話はよく聞きますよね。

日本の教育システムの中では「先生のいうことを聞く」ことが求められ「何がしたいのか」と主体的に考えて行動する機会が少ないのです。しかし社会人になると、与えられた仕事をただこなすのではなく、自分のスキルや経験、意思を活かしながら仕事を進めていける人材が求められてくるのです。

子どもの将来を考えたとき「主体的に生きる力」を引き出す工夫をしていくことが大切です。

常識にとらわれない柔軟な発想を認める

日本の学習では「3+5=8」と足した結果を答えるのに対し、欧米では「8=◯+◯」とどの数字を足せばその答えになるのかを考えるよう促します。やり方を教えて問題を解かせ、答えをだすようにする「記憶力重視」の日本の教育では、欧米のように創造力や思考力は育ちにくいのです。

「柔軟に発想すること」は今の社会を生きていくうえで欠かせません。ただ幅広い知識を身につけているだけでなく、その知識の中から「ほかにもっといい選択や考えはないか」とあらゆる可能性を導き出せる思考力や、その柔軟な思考力を使って、たとえ問題が起きても自分で解決策を見出して解決していける力をもっていることが大切なのです。

その土台となる「柔軟な発想を認めること」はとても重要ですね。

子どもの自信や自己肯定感を育てる

子どもの成長にとって「自分に自信が持てること」はとても大切なことです。ありのままの自分を認める気持ち、つまり「自己肯定感」があれば人は幸せを感じることができます。反対に自己肯定感が低いと、自分に自信がもてず、失敗が恐くてチャレンジしようとしない子どもになってしまうのです。

人の心を木に例えると、自己肯定感は根の部分にあたります。根がぐらぐらしていては、葉っぱや花を咲かせることはできませんし、根っこから折れてしまう可能性もあります。

自己肯定感という人生における根をしっかりとはり、その後の人生を実り豊かなものにするために、「子どものころに自己肯定感を高めること」に重きをおいて子どもと接していくことが大切ですね。

教育格差を埋めるために家庭できること

基本的な生活習慣をしっかり整える

塾にいったり家庭教師をつけたりと、恵まれた教育環境が揃っていたとしても、また、周りの大人が「生きる力」を育てようと促してみたとしても、子ども本人の基本的な生活習慣が整っていない場合には効果はあまり期待できません。

子どもの生活習慣の基盤が整っているかどうかは成績にそのまま反映されます。早寝、早起き、朝ごはんをとる、歯を磨く、宿題をする、学校にもっていくものを確認する、といった毎日のルーティンがスムーズにできていること、あいさつや読書、外遊びの習慣がついていること、などが大切な要素になります。

生活の基盤が整うと、毎日を健康に過ごせるようになり、遅刻や忘れ物をせず勉強に集中して取り組めるので、自然と成績が上がるのです。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版