就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

立会い出産のメリットデメリット。パパとママが後悔しない選択とは

立会い出産のメリットデメリット。パパとママが後悔しない選択とは

出産の日を心待ちにしているプレママやプレパパのみなさん、立会い出産についてはどう考えていますか?すでに立会い出産を希望しているプレママや、迷っているプレママ、そしてパパも、この記事で立会い出産のメリットやデメリット、立会い出産を経験した先輩ママやパパの声を参考に、立会い出産の心構えをしてみませんか。

立会い出産を望む夫婦が増えている現状

立会い出産の意味と方法を知ろう

立会い出産は、陣痛から出産の場面にかけてパパなどが分娩室に入り出産に立ち会うことを指します。立会い出産は、ママの不安を和らげ、パパに父性を実感してもらう意味があります。

そして立会い出産の方法も最近では複数の方法に分かれています。

病院で出産する場合、陣痛室からパパに付き添ってもらいそのまま分娩室へ移動する、出産の直前になってから分娩室に入ってもらうなど、パパが付き添うタイミングを希望によって決められることもあります。また自宅出産でパパに立ち会ってもらうというケースも増えているのです。

立ち会うタイミングを希望により決められるか、決められたタイミングでの立会いになるかは病院の方針によって違うことがあります。確認しておきましょう。

立会い出産する人はどれくらいいるの?

立会い出産はいまや珍しいことではなくなっています。

近年では、実に50~70%のご夫婦が立会い出産をしているそうです。そしてこの数は実際に立会い出産をしたご夫婦の数です。立会い出産を希望したけれど仕事などの理由で出産に間に合わずに実際には立ち会えなかったという方もいるので、それらも含めるとかなりの数になるのではないでしょうか。

実際に立会い出産を希望するパパは増加傾向だそうです。イクメン人気の近年だけに、昔ほど立会い出産に対する抵抗が無くなってきているのかも知れません。

これから紹介する立会い出産についての情報で、立会い出産の心構えやメリットとデメリット、先輩ご夫婦の声などをチェックしておきましょう。

立会い出産するのか事前に話し合っておこう

立会い出産を決めるには夫婦での話し合いが必要です。事前にじっくりと話し合いをして、立会い出産をするのか、しないのかを決めていきましょう。

ここで注意しておきたいポイントは、互いに無理強いはしないことです。

ママが立会い出産を希望していてもパパが消極的、反対にパパが立会い出産を希望しているけれど、出産をするママ自身が乗り気ではない場合も、互いに気になる事柄や心配な点などを出し合いどこまで合意できるかの確認が必要です。

出産は命がけですし、ママは周囲を気遣う余裕もありません。陣痛では、ママは本気で痛がり苦しみますし、出産では血液も目の当たりにします。これからご紹介するメリットとデメリットや先輩の声などを参考にしてみましょう。

立会い出産のメリットとデメリット

感動?立会い出産のメリット

立会い出産をする一番のメリットは、ママが安心できることです。長く感じる陣痛中は痛みを逃すためにパパに手を握ってもらったり、お尻を押してもらったりして、苦痛を和らげることもできます。陣痛の合間にたわいない話をするだけでも張りつめている気持ちが和らいだりもします。

もう一つのメリットは、パパの父性がより強く芽生えるという点です。2人で一緒に出産したという気持ちにもなれるし、赤ちゃんが生まれた瞬間を見ることで生涯忘れられない思い出になります。

そしてもう一つは、夫婦の絆が強くなりより結束力を増す点です。数時間の陣痛と出産に立ち会いママのサポートをすることで、お互いへの労いや感謝の気持ちがより強くなります。

後悔?立会い出産のデメリット

立会い出産はメリットがとても大きいものですが、やはりデメリットもあります。どんな点がデメリットになるのかチェックしていきましょう。

ママ側のデメリットは、苦しんだり叫んだりする姿を見られてしまうこと、パパのサポートを期待していたけれど実際にはパパも緊張してしまうので上手にサポートができないこともある、などがあげられます。

パパ側のデメリットは、今までに見たことのないママの壮絶な姿を見ることになる、血液や臭いが生々しく気分がわるくなる可能性、なにをしてよいのか分からず上手にサポートができない、などがあります。

立会い出産はこうしたデメリットも発生する可能性があるので、事前にしっかりと話し合い納得して実行に移しましょう。

実際どうだった?先輩ママとパパの声を紹介

実際に立会い出産を経験した先輩ママとパパの声も気になりますよね。ここでいくつかご紹介していきましょう。

ママ側の声で多いのが「安心してお産に挑めた」「出産の大変さを理解してもらえた」「パパが子育てに積極的になった」「かいがいしくサポートしてくれパパへの感謝が増した」という感想が特に多いです。反対に「便などが出るのを見られてしまい恥ずかしかった」「ソワソワしているパパを見て落ち着けなかった」などの声があります。

パパ側の声で多いのは「へその緒を切らせてもらえ貴重な経験ができた」「ママへの尊敬や感謝が増した」という声が多くあります。反対に「イメージと違い過ぎて引いてしまった」「ママの苦しむ姿を見たくなかった」という声もあります。

立会い出産を後悔しないようにするためには

ママが何を望んでいるのか確認しておこう

立会い出産を希望しているなら、ママが何を望んでいるのかをしっかりと確認しておきましょう。

陣痛から立会って欲しいのか、分娩室から立会って欲しいのか、出産時にできる限りのサポートをしてママの気持ちや痛みを和らげられるように、どんなことをして欲しいのかなども確認しておくとよいですね。

実際に陣痛が始まるとママは痛みやいきみを逃すのに精一杯になり、会話もままならなくなることもあります。事前に夫婦で話し合って、ママの希望や要望を最優先して聞き入れてあげるようにしましょう。

少しでもリラックスして不安なくお産に挑むことができるように対策を練ってみて下さい。

パパからの要望があれば、事前にママに伝えておきましょう。

パパが立会うときの心構えを知ろう

次に、パパも立会うときの心構えをしておきましょう。これまで紹介してきたようにお産は命がけです。男性はお産を美しく穏やかなものとイメージしていることも多いのですが、実際にはママが長時間これまでにない痛みと闘うシーンが多くなります。イメージが崩れる可能性も大いにあるので、その辺りも心構えが必要ですね。

いつもはパパを最優先にしてくれているママでも、陣痛がきてからは気持ちの余裕が無くなってきます。痛みのあまりパパへの態度がきつくなってしまったり、相手にできなかったりすることもあり、いつもとまったく違うママに驚くかもしれません。

出産時には血液を目の当たりにするし羊水の独特な臭いもします。生々しい光景が苦手なパパは心構えが必要です。

あると便利!立会い出産で準備しておくもの

立会い出産を決めたら、少しでもスムーズにリラックスして出産に挑めるように、あると便利なものをピックアップしておきましょう。

陣痛が始まってから、ママはベッドに横になっていることが多いので「横にしても飲めるペットボトル用のストロー」があると水分補給がしやすいです。陣痛の痛みがあってしっかりと食事を摂れなくなるので、陣痛の合間に「つまみやすい食べ物」があると助かります。痛みで発汗してもすぐに拭き取れるように「汗ふきタオル」や、汗が引いたあとに寒くなることもあるので「体温調節用のストール」があるととても便利です。

また、陣痛が長引くと泊まりになることもあります。パパとママの着替えも準備しておくとよいかもしれません。

まとめ

立会い出産は新しい家族を迎え入れる瞬間を夫婦そろって見守ることができる機会でもあり、出産をするママの不安や痛みを和らげてあげる目的もあります。もちろんパパの父性を引き出し今後の子育てに対する意識や意欲が高められるチャンスでもあります。

立会い出産をするにあたっては、まずは夫婦で話し合いをしてお互いの希望や要望をすり合わせておく、どんなサポートをしてあげたらよいのかも確認しておくとスムーズにサポートができます。

できる限り万全な体制でママのサポートをして可愛い赤ちゃんを迎え入れてあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018