就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

つわりで動けないときの仕事はどうする?働き方の工夫とポイント

つわりで動けないときの仕事はどうする?働き方の工夫とポイント

妊娠しているときのしんどいことにつわりがありますね。働いているママは、つわりが大変だと仕事になかなか集中できません。また、休みたくても休みにくかったり周りの人の目が気になったりと、辛いことがたくさんあります。辛さが少しでも楽になるように、つわりがひどいときの働き方の工夫とポイントをご紹介します。

つわりは病気じゃないなんて思わないで

自分で身体をコントロールできない辛さ

つわりは妊娠初期に現れる不快な症状です。人によって症状はさまざまで、その重さも人それぞれです。

つわりの原因は明らかにされておらず、妊娠による自律神経の乱れや、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンの急激な分泌によって脳の嘔吐中枢が刺激されることや、妊娠の初期では身体が赤ちゃんを異物とみなすためのアレルギー反応などが原因といわれています。

原因が明らかでなければ解決法もハッキリとはしていませんし、症状に合わせた対処法で対応するしかありません。妊娠は病気ではないし甘えているのだろう、我慢が足りないのではないかと周りに思われるのも辛いですね。

自分の身体でありながら、自分の身体をコントロールできない辛さがあるのです。

つわりの症状は人それぞれ違う

つわりとひとくくりにいっても、症状は人それぞれに違います。吐き気を感じる「吐きつわり」、お腹がすくと気持ち悪くなる「食べつわり」、ある特定のもののにおいに敏感になる「においつわり」、よだれが過剰に出る「よだれつわり」などがあります。また、胃痛や肌荒れや鼻炎など体の不調で現れることもあります。

つわりの症状は、同じママでも妊娠したときそれぞれに違うこともありますので、妊娠してみないとどのような症状が出るかはわかりません。一度目の妊娠ではつわりが軽くても、二度目の妊娠ではかなりつわりが重くて決まったものしか食べられないということがあるのです。

つわりの症状も、いつから始まりいつ終わるのかも、それぞれの妊娠によって違うのです。

妊娠悪阻になると入院するケースも

つわりがかなりひどくなり、ほとんど食べられなくなる、一日になんども嘔吐を繰り返す、体重が極端に減ってしまうなどがみられる場合があります。これは「妊娠悪阻」といって、入院する場合も出てきます。

水分さえも補給できなくなれば、点滴などで栄養補給しなくてはママと赤ちゃんの命にかかわってきますから大変です。妊娠悪阻は早産にもなりやすいといわれていますので、お腹の張りや不正出血にも注意をする必要があります。

妊娠悪阻は病気になりますから、医師に診断書を書いてもらえば仕事を休むこともできます。動くことさえ大変な状態になる場合もありますから、働くのは難しいですよね。我慢せずに仕事を休んで、まずは身体を大事にしましょう。

どうやって乗り切る?仕事中のつわり対策

食べつわりママの味方はこまめな食事

たとえ食べつわりのママであっても、仕事中に食事をするのは難しいですから、仕事に支障がないものを選んで口に入れて対応するとよいでしょう。職場の人に事前に自分の状況を伝えて、口の中に何かを入れていることを理解してもらっているとママも周りの目が気になりにくいですね。

ママが食べたいと思うものもいろいろだと思いますが、飴やガム、小さなおにぎり、飲むゼリー、ドライフルーツなどサッと口に入れて空腹をしのげるものがよいですね。何かが口に入っているだけで、つわりが落ち着くでしょうから、食べられるものを食べて対応しましょう。

ただし、食べつわりで急激に体重が増えては危険なこともありますから、欲するままに食べるのではなく調整しつつ食べたいですね。

身体への負担がかからないよう心がける

ママがどのような仕事をしているかで、妊娠中の身体にかかる負担が違ってきます。妊娠しているときに、立ちっぱなしやお腹に力を入れて重いものを持つなどすると、お腹にかなりの負担がかかってしまいます。

不安定な妊娠初期の時期にお腹に負担がかかると、赤ちゃんもママもしんどくなります。さらに、安定期になったとしても、お腹に負担をかけないように過ごすことには変わりありません。お腹に負担がかかって切迫流産や不正出血になっては大変です。

座ってする仕事なら安心ですが、立ち仕事や力仕事は職場に話をして、仕事内容を変えてもらうか、座ってする仕事にしてもらうかなどして、身体への負担がかからないように心がけましょう。ママの身体と赤ちゃんが第一優先ですね。

電車通勤は時間に余裕を持って行動を

電車通勤の場合、満員電車は避けたいところです。ただでさえ電車の振動は身体に負担をかけますし、においに敏感な時期だけに電車内のにおいなどで気持ちが悪くなってしまうかもしれません。満員電車であれば、身動きが取れずなおさら辛さが増すこともあるでしょう。

電車に乗ろうとして急ぐことも危ないですね。転んでお腹を打ってしまったら大変です。そうならないためにも、電車通勤をするときは時間に余裕を持って行動しましょう。

できるだけ空いている時間帯の電車にし、混んでいない車両に乗るとよいですね。マタニティマークをつけていても残念ながら席を譲ってもらえない場合もあるようですが、配慮してもらえることもありますから、つけておいた方がよいかもしれませんね。

働くママにこれだけは守ってほしい約束ごと

上司につわりが辛いと素直に伝える

働くママは仕事でできないことが多くなる分、職場の人に対して申し訳ない気持ちが強くなるかもしれません。その分、無理して我慢しすぎてしまうことや、かえって周りに気を遣わせてしまうことが増えることもあるでしょう。

周りの人に余計な気を遣わせないように、職場にはつわりの状態が辛いことを素直に伝えておくとよいですね。つわりがどのように辛いのかできるだけ具体的に話をして、どのようにしてほしいのかも伝えておくと、上司も対応しやすいでしょう。

ママが素直に現状を伝えたらその大変さが伝わるでしょうし、周りもどのように手助けをしてあげたらよいかがわかり気楽に行動できそうです。黙っているより声をあげた方が、周りの人にとっても助かるということですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事